サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > まさに「走るラブホ」だった「S-MX」! メーカー自ら「恋愛仕様」と謳う「究極の車中泊カー」だった

ここから本文です
若者をターゲットに攻めた車中泊仕様として登場!

 ホンダ・オデッセイやステップワゴンといった名車を世に送り出した、「クリエイティブムーバー」シリーズの第4弾として1996年に登場したS-MX。 明らかに若者にターゲットを絞ったキャラクターや、完全フルフラットになる室内、そしてボックスティッシュがふたつ収納できる右リヤに備わるシステムトレイなども相まって、「走るラブホ」と揶揄されるまでになってしまった(とはいえ、当時のカタログには「恋愛仕様」というコピーもあるのだが)。どんなクルマだったのか振り返ってみよう。

おすすめのニュース

サイトトップへ