サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ホンダCR-Zは過給機チューンで覚醒する」速さと扱いやすさを兼ね備えたスーパーチャージド180馬力仕様!

ここから本文です

「ホンダCR-Zは過給機チューンで覚醒する」速さと扱いやすさを兼ね備えたスーパーチャージド180馬力仕様!

ハイブリッドスポーツをGTスーパーチャージャーでドーピング!

市販キットに独自のノウハウとエッセンスを加えて安定感を高める老舗の技

「ホンダCR-Zは過給機チューンで覚醒する」速さと扱いやすさを兼ね備えたスーパーチャージド180馬力仕様!

ホンダ車チューンのオーソリティとしても名を轟かす老舗“トップフューエル”。シビックやS2000、そしてフィットなど車種問わずの過給機チューンを提案している同社だが、最高出力だけでなく扱いやすさにも徹底的に拘ったセッティング能力の高さは業界内でも有名だ。今回紹介するCR-Zも例外ではない。

ミニサーキットを中心に、スポーツ走行を楽しむユーザーからのリクエストを受けて、遠心式のGTS4015HPを軸にしたHKS製キットでスーパーチャージャー化。リストリクター径やプーリー比を変更すれば、0.8~1.0キロまでブースト圧を引き上げることも可能だが、エンジン本体へのダメージを懸念して標準の0.4キロに抑えている。最高出力は180psだ。

ちなみに、このCR-Zに組み込んだGTS4015HPで構成されるHKSのプロキットは、ワンサイズ大きいGTS7040を採用するセットアップキットに対して限界出力はやや低めの設定となる。しかし、エンジン本体に一切手を入れない完全ボルトオンであれば、扱いやすさという面まで含めてGTS4015HPが圧倒的に有利というのがトップフューエルの見解だ。

パイピングはワンオフで製作し、過給機とスロットルの間にエアフロを設置する押し込み式レイアウトを構築。こうすることで流入空気の乱れによる計測のバラツキが減り、レスポンスアップに繋がるのだ。

インテークシステムは、同社のZERO-1000パワーチャンバーをベースにオリジナルを開発。GTスーパーチャージャー搭載のCR-Zをターゲットにしたコアアイテムで、スーパーチャージャーのステーを利用して取り付けられるように設計している。

インジェクターはターボ仕様に比べると余裕はあるが、インジェクター容量が到達馬力に影響すると考え、HKSがフューエルアップグレードキット用に設定している大容量インジェクターを導入する。


ブローオフバルブはキットの標準品からトラスト製へと変更。さらに、搭載位置もエアフロの手前に変更して積極的に大気開放を行い、過給機らしさをアピールしている。



重要な制御にはF-CON iSで進める選択肢もあるが、セッティングにかかるトータルコストを抑える意味もあってフラッシュエディターを採用している。


キットをポン付けするのではなく、より扱いやすさと安定感を求めて改良した盤石のCR-Zスーパーチャージ仕様。こうした拘りこそが、トップフューエルの老舗たる所以なのだろう。


●取材協力:トップフューエル 三重県松阪市中道町500-1 TEL:0598-56-5880

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します