現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2028年までにデビュー予定のBEV×50台を紹介 あのカルトモデルを含めて日本車も11台!

ここから本文です

2028年までにデビュー予定のBEV×50台を紹介 あのカルトモデルを含めて日本車も11台!

掲載 6
2028年までにデビュー予定のBEV×50台を紹介 あのカルトモデルを含めて日本車も11台!

新型電気自動車: 2028年までの新型電気自動車を価格と市場投入とともに紹介。BMW i5ツーリング、VW ID.7、スマート#3、他。今後数年間に市場に投入される電気自動車をメーカー名のアルファベット順に紹介する。

2028年までにデビュー予定の電気自動車一覧(アルファベット順)アルファロメオ シティSUV、市場投入:2024年、価格:約45,000ユーロ(約720万円)からアルファが新型小型SUVを計画中。オペル モッカと同じプラットフォームをベースにする可能性がある。Photo: Bernhard ReichelアルピーヌA290:市場投入:早ければ2024年ルノー5だけでなく、アルピーヌパワーバージョンも2024年にリニューアルされる。Photo: WerkアウディQ6 e-tron、市場投入:2024年、価格:約6万ユーロ(約960万円)からアウディはBEVのポートフォリオを拡大している。e-tron、Q4 e-tronに続き、インゴルシュタットのメーカーは3番目の電動SUVシリーズを投入する。Q6 e-tronによって、アウディはQ5とQ7のギャップを縮め、同時に新しいフォーマットを導入する。Photo: Bernhard ReichelアウディA6 e-tron、市場投入:2024年、価格:約61,000ユーロ(約980万円)からA6 e-tronコンセプトでは、2つの電動モーター(フロントアクスルとリアアクスルにそれぞれ1基)が350kW(476hp)と800Nmを発揮する。800ボルト技術のおかげで、アウディは特に急速充電が可能なはずだ。Photo: Audi AGアウディA4 e-tron、市場投入:2024年、価格:約55,000ユーロ(約880万円)から電気自動車A4のベースとなるのは、ポルシェとの協業によるPPEプラットフォームかもしれない。800ボルト技術は当然のことだろう!Photo: B. ReichelアウディR8後継車、市場投入:2025年アウディのV10スーパースポーツカーの後継車は、完全な電気自動車になる可能性が高い。Photo: B. ReichelアウディA8後継車、市場投入:2025年A8後継車の外観は予想とは異なり、シューティングブレークのスタイルになるだろう。このクルマは自律走行が可能で、アイトラッキングによって操作される。Photo: AUDI AGBMW i5ツーリング、市場投入:2024年、価格:約7万2500ユーロ(約1,160万円)からBMWはすでにサルーンを発売しており、電気自動車5シリーズも2024年にエステートとして発売される予定である。こうしてバイエルンは、高級車クラス初の完全電動エステートを世に送り出すことになる。 Photo: BMWBMW iX2、市場投入:2024年、価格: 約57,000ユーロ(約910万円)からBMWはX2によって、X1の「よりシックな」バージョンを市場に投入した。新世代のコンパクトSUVは、電気自動車バージョンiX2を含む新エディションのベースにもなるはずである。Photo: Bernhard ReichelBMWニュークラス(ノイエ クラッセ)、市場投入:2025年、価格:5万ユーロ(約800万円)からBMWが未来に適合するためには、ニュークラス(ノイエ クラッセ)という電動プラットフォームが必要である。消費電力は100キロメートルあたり15キロワット時以下で、航続距離は500kmが現実的であるべきだ。Photo: BMW Groupホンダ プロローグ エレクトリファイド、市場投入: 2024年、価格:約5万ユーロ(約800万円)からホンダはプロローグで、GMのウルティウムプラットフォームを採用し、独立した外観を持つCR-Vの上の新しい電動SUVを市場に投入する。全長は約4.90メートルで、CR-Vより30cm近く長い。Photo: Hondaマセラティ グラントゥーリズモ フォルゴーレ、市場導入:2024年、価格:約20万ユーロ(約3,200万円)からマセラティは最近、新型GTを発表した。3基の電動モーターを搭載し、オーバーブーストモードでは最大610kW(829PS)を発揮する。Photo: Maseratiメルセデス マイバッハEQS SUV、市場投入:2024年春、価格:約18万ユーロ(約2,880万円)からメルセデスの大型電気自動車SUVに、より豪華なマイバッハのバリエーションが登場する。これにより、EQS SUVはマイバッハの名を冠した初の電動モデルとなる。Photo: Daimler AGメルセデスEQG、市場投入:2024年、価格:約14万ユーロ(約2,240万円)からGクラスも電動化される!電動Gは今のところスタディに過ぎないが、全輪駆動やリダクション、ロックなどのオフロード技術もシリーズモデルに踏襲される。バッテリーはラダー型フレームに収納される。 Photo: Daimler AGメルセデス コンセプトCLAクラス、2024年発売800ボルト技術、750km以上の航続距離、わずか12kWhの目標消費電力:CLAは、新しいMMAプラットフォームに搭載されるメルセデス・ベンツの電気自動車の未来を象徴するモデルだ。Photo: Mercedes-Benz AGメルセデスEQC、市場投入:2025年メルセデスは、モデル3やBMW i4に対抗するミッドレンジの電気自動車の開発に取り組んでいる。EQCのバッテリー容量は100kWh程度が考えられる。Photo: Larsonメルセデスgクラス、市場投入:2026年「gクラス」はタイプミスかと思われた方:いいえ!これは意図的なもので、メルセデスが市場に投入しようとしているGクラスの小型版を暗示している。Baby-Gは純粋な電気自動車で、兄貴分よりもかなり安くなる可能性が高い。Photo: B.Reichelミニ クーパーE、市場投入:2024年、価格:32,900ユーロ(約526万円)から旧型のe-ミニがBMW i3のテクノロジーを採用しているのに対し、後継モデルは新技術を採用する。最大出力224ps、40kWhと54kWhのバッテリーを搭載し、最大130kWの充電で約400kmの航続が可能になる。 Photo: BMW Groupプジョーe-3008、市場投入:2024年初頭、価格:約49,000ユーロ(約785万円)からe-3008は、新型STLAプラットフォームを採用した最初のモデルで、バッテリーサイズにもよるが、航続距離は最大700km。Photo: Stellantisポルシェe-マカン、市場投入:2024年、価格:83,993ユーロ(約1,344万円)からマカンを完全に電気駆動に転換する。プレミアムプラットフォームエレクトリック(PPE)がベースとなる。航続距離は最大613km、最高出力は639馬力!Photo: Porsche AGポルシェ ボクスター エレクトリック、市場導入:2024年、価格:約75,000ユーロ(約1,200万円)から電動ボクスターの角ばったデザインは、おそらくミッションRのデザインを強く意識したものになるだろう。少なくとも400馬力、後輪駆動、800ボルトテクノロジー。Photo: Bernhard Reichelポルシェ ケイマン エレクトリック、市場投入:2024年、価格:約75,000ユーロ(約1,200万円)から新型電気自動車のデザインは、コンセプトカー「ミッションR」がベースとなる可能性が高い。後輪駆動、少なくとも400馬力、航続距離500kmが予定されている。Photo: B.Reichelルノー シーニックE-TECH、市場投入:2024年、価格:約45,000ユーロ(約720万円)からルノーは新型シーニックで電気自動車のポートフォリオを拡大しており、エスパスに次いでフランスの会社から新型SUVとして発売される2番目のおなじみの名前でもある。Photo: Renault Deutschland AGルノー5、市場導入:2024年、価格:約26,000ユーロ(約416万円)から新しいマスタープランの一環として、ルノーはクラシックなモデル名を電気自動車として復活させようとしている。おそらく新しいCMF-EV電気プラットフォームをベースとするR5がその第一弾となるだろう。Photo: Thomas StarckルノーR4、市場投入:2025年ルノーはR4を電気自動車として再出発させる。特許図面ではSUVになることが示唆されている。また、デリバリーバンのバリエーションについての憶測もある。Photo: B. Reichelロールス・ロイス スペクター、市場投入:2024年、価格:約38万ユーロ(約6千万円)からスペクターの総重量は3トン弱となった。これを相殺するのが585馬力と900Nmのトルクだ。航続距離は520km、最高速度は250km/hで、約3トンのロールスは4.5秒で100km/hに達する。Photo: Rolls-Royce Motor Carsスマート#3、市場投入:2024年、価格:38,490ユーロ(約615万円)から外観的にも技術的にもスマート#1に関連するこの電動SUVクーペは、435~455kmの航続距離と150kWの充電能力を備える。428馬力のブラバス仕様も50,990ユーロ(約820万円)から。Photo: smart Europe GmbHスズキ ジムニー エレクトロ、市場投入は早ければ2024年スズキは自社のポートフォリオを電動化したいと考えている。目玉は小型オフローダーのジムニーで、数年後には電気自動車バージョンも登場する予定だ。Photo: carscoops.comテスラ ロードスター、市場投入:2025年スタディモデルの数字は目を見張るものがある。3基のモーターが10,000Nmを発揮し、0-100km/hは2.1秒、最高速度は400km/hを超える。しかし、最大のセンセーションは航続距離で、テスラは1,000kmを約束している。ロードスターはすでに予約受付中だ。Photo: TeslaトヨタbZ3、市場投入:2024年、価格:約45,000ユーロ(約720万円)からトヨタの電気自動車bZファミリーにはサルーンも含まれる。スポーティでクラシックなデザインだ。比較的短いオーバーハングと格納式のドアハンドルが印象的だ。bZ3として2023年に発売される予定だが、当初は中国でのみ販売される。Photo: Car News ChineトヨタbZコンパクトSUV、市場投入:2024年、価格:約42,000ユーロ(約675万円)からこのスポーティなSUVは、C-HRの後継となるオールエレクトリックSUVとなり、bZ4Xの駆動システムを引き継ぐ可能性がある。この場合、航続距離は約450kmとなる。Photo: ToyotaトヨタbZ小型クロスオーバー、市場投入:2024年、価格:約25,000ユーロ(約400万円)トヨタの次の電気自動車は、アイゴXを彷彿とさせる外観の小型SUVとなる。100km走行あたり12.5kWhと、特に電力消費が少ないはずだ。Photo: Toyotaトヨタ コンパクト クルーザー、市場投入:早くて2024年コンパクト クルーザーという名前だけでなく、デザインもランドクルーザーを彷彿とさせる電動オフローダーで、FJをベースにしているようだ。Photo: ToyotaトヨタbZ SUV、市場投入: おそらく2025年これまでのところ、トヨタはスタディモデルの初期画像を提供しているだけで、それ以外の公式情報はない。しかし、電動ハイランダーとしての7人乗りは十分に想像できる。Photo: Toyotaトヨタ ハイラックスのEV、市場投入:2025年以降このスタディモデルは、予想よりも未来的ではなさそうだ。全輪駆動はもちろん必須で、トップモデルの出力は200馬力以上、最低でも500Nm以上となる可能性がある。Photo: ToyotaトヨタGR MR2 EV、市場投入:2026年以降トヨタのスポーツ部門GRのこの黄色い2シーターは、MR2のニューエディションを示唆するかもしれない。その場合は、おそらくもっとおとなしい外観になるだろう。スポーツカーには後輪駆動が必須だ。 Photo: Toyotaトヨタ ヤリス クロスEV、市場投入:2027年以降トヨタはこの研究を「SU EV」と呼んでおり、電気自動車のヤリスSUVに怪しく似ている。しかし、ギザギザのフロントは、量産前にいくらかトーンダウンされる可能性が高い。Photo: Toyotaトヨタ クロスオーバーEV、市場投入:2027年以降トヨタはこのショーカーをクロスオーバーと呼んでいるが、見た目はカローラサイズのセダンだ。細いLEDストリップだけで構成されたヘッドライトが量産されるかどうかは疑わしい。Photo: ToyotaボルボEX30、市場投入:2024年初頭、価格:36,590ユーロ(約585万円)からボルボがコンパクトクラスに帰ってくる - 電動SUV、EX30で。スカンジナビア風デザインに加え、EX30は何よりも価格がポイントだ。エントリーグレードはリアアクスルに電動モーターを搭載し、272馬力を発揮する。Photo: Volvo CarボルボEX90、市場投入:2024年、価格:83,700ユーロ(約1,340万円)からボルボはXC90ですでに大型SUVを持っているが、電気自動車のEX90はさらに上を行く。全長はなんと5.04メートルで、駆動面では480馬力と517馬力の2つのバリエーションが2.8トンの乾燥重量に対抗する。Photo: Volvo CarVW ID.3 GTX、市場投入:2024年、価格:39,995ユーロ(約640万円)から2019年、ID.3は新型MEBプラットフォームを採用した最初のモデルとなった。今回のフェイスリフトでは、スポーティなGTXバージョンも登場し、おそらく全輪駆動にもなるだろう。Photo: VolkswagenVW ID.7、市場投入:2023年、価格:56,995ユーロ(約912万円)からパサートのEVバージョンはVW ID.7と呼ばれる。最大91kWhのバッテリーを搭載し、航続距離は700km。よりパワーのあるスポーティなGTXバージョンに加え、VW ID.7ツアラーとしても発売される。そう、VWのエステートバージョンはこれまで一般的だったヴァリアントではなく、ツアラーと呼ばれるのだ。価格面では、おそらくサルーンより上の価格になるだろう。また、ツアラーにはGTXバージョンも用意される。Photo: VolkswagenVW ID.3 R、市場投入:2024年、価格:約6万ユーロ(約960万円)からID.3は電気自動車時代のゴルフとなる。スポーティな顧客には、伝統的に全輪駆動と大幅にパワーアップしたRバージョンが用意される可能性がある。Photo: B. ReichelVW ID.1、市場投入:2026年、価格:約2万ユーロ(約320万円)VWは、製品ポートフォリオを下方に拡大し、2万ユーロ(約320万円)以下の電気自動車を市場に投入したいと考えている。これはID.1として参戦し、生産中止となったe-Upに取って代わる可能性がある。Photo: B. ReichelVW ID.2 GTI、市場投入:2026年VWはID.2allで、25,000ユーロ(約400万円)以下で購入可能な小型電気自動車をすでに発表している。今回のID.GTIコンセプトでは、小型電気自動車のスポーティな派生モデルを垣間見ることができ、2026年からID.2 GTIとして量産される可能性がある。Photo: Volkswagen AGVW ID.4フェイスリフト、市場投入:2025年、価格:約43,000ユーロ(約688万円)から外観上のリフレッシュは、より控えめで、おそらく通常のものに限定される可能性が高い。つまり、幅の狭いヘッドライトのグラフィックが変更され、エプロンに若干の変更が加えられることが予想される。Photo: Bernhard ReichelVW ID.Buzzクルーキャブ、市場投入:2025年以降、価格:約6万ユーロ(約960万円)からクルーキャブと荷室を備えた車は、VWの長い伝統である。Photo: Volkswagen AGVW ID.2、市場投入:2025年末、価格:約25,000ユーロ(約400万円)からID.2は、VWの電気自動車シリーズのエントリーモデルとなる。航続距離は450kmで、MEB-VW初の前輪駆動モデルとなる。VWトリニティ、市場投入:2028年プレステージプロジェクト、トリニティが再び見直される。サルーンはゴミ箱行き。当初のテスラ モデル3の対抗馬は、どちらかといえばモデルXの対抗馬になる。トゥアレグ形式のラグジュアリークラス電動SUV。Photo: LarsonText: Christian Jeß, Peter R. Fischer, Sebastian Friemel and Kim-Sarah Biehl

こんな記事も読まれています

【欧州市場投入】「マツダCX-80」高性能と最大7人乗りのゆとりある室内空間を実現
【欧州市場投入】「マツダCX-80」高性能と最大7人乗りのゆとりある室内空間を実現
AutoBild Japan
角張ったルックスを備えた新型ハイブリッドクロスオーバー「ルノー シンビオズ」登場!
角張ったルックスを備えた新型ハイブリッドクロスオーバー「ルノー シンビオズ」登場!
AutoBild Japan
さよならV10&ハローV8ツインターボ!ランボルギーニ ウラカン後継車は高回転型800馬力V8ツインターボ搭載の野獣!
さよならV10&ハローV8ツインターボ!ランボルギーニ ウラカン後継車は高回転型800馬力V8ツインターボ搭載の野獣!
AutoBild Japan
AMG製高性能オープントップ 新型「メルセデスAMG CLE 53 カブリオ」今秋登場
AMG製高性能オープントップ 新型「メルセデスAMG CLE 53 カブリオ」今秋登場
AutoBild Japan
【新型ポルシェ911チェック】フェイスリフトされる911にはハイブリッドスポーツカーも用意される 未来予想図&最新情報をお届け!
【新型ポルシェ911チェック】フェイスリフトされる911にはハイブリッドスポーツカーも用意される 未来予想図&最新情報をお届け!
AutoBild Japan
【このスマート フォーツーなんぼ?】走行距離2,800kmのシティ電気自動車「スマート フォーツー クーペ EQ」
【このスマート フォーツーなんぼ?】走行距離2,800kmのシティ電気自動車「スマート フォーツー クーペ EQ」
AutoBild Japan
【スクープ】Q7より全長が15cm大きいアウディ史上最高級SUV、「Q9」の計画は進行していた!
【スクープ】Q7より全長が15cm大きいアウディ史上最高級SUV、「Q9」の計画は進行していた!
LE VOLANT CARSMEET WEB
第4世代はついにハイブリッドを採用!? ベントレー新型「コンチネンタルGT」まもなく世界初公開
第4世代はついにハイブリッドを採用!? ベントレー新型「コンチネンタルGT」まもなく世界初公開
VAGUE
セダン? SUV? シトロエンらしい個性派モデルが大規模改良へ フロントマスクに注目!
セダン? SUV? シトロエンらしい個性派モデルが大規模改良へ フロントマスクに注目!
レスポンス
メルセデスAMG「GT43クーペ」欧州で注文開始 後輪駆動の2ドアクーペは421馬力の2リッターエンジン搭載
メルセデスAMG「GT43クーペ」欧州で注文開始 後輪駆動の2ドアクーペは421馬力の2リッターエンジン搭載
VAGUE
アリデヴェルチ、V10!4台のランボルギーニ ウラカン(STO、ステラート、スパイダー、テクニカ)との最後の旅
アリデヴェルチ、V10!4台のランボルギーニ ウラカン(STO、ステラート、スパイダー、テクニカ)との最後の旅
AutoBild Japan
900馬力超! “斬新2速AT”搭載の新型「ハイパーSUV」価格発表! 「エレトレ」納車開始へ
900馬力超! “斬新2速AT”搭載の新型「ハイパーSUV」価格発表! 「エレトレ」納車開始へ
くるまのニュース
ジープ・アヴェンジャー 詳細データテスト 低重心ゆえの良好な操縦性 日常的な乗り心地には注文あり
ジープ・アヴェンジャー 詳細データテスト 低重心ゆえの良好な操縦性 日常的な乗り心地には注文あり
AUTOCAR JAPAN
ホンダ『S2000』後継モデルはEV? それともミッドシップのHVに!? 最新予想
ホンダ『S2000』後継モデルはEV? それともミッドシップのHVに!? 最新予想
レスポンス
まさかの「V16」搭載“セダン”あった!? 6速MT×400馬力超え「最高級モデル」がスゴい! ド迫力「エラ」装備の斬新セダンとは何者だったのか
まさかの「V16」搭載“セダン”あった!? 6速MT×400馬力超え「最高級モデル」がスゴい! ド迫力「エラ」装備の斬新セダンとは何者だったのか
くるまのニュース
フォード・マスタング 史上初「4ドア仕様」導入か 派生モデル展開を示唆、しかしEV化は否定
フォード・マスタング 史上初「4ドア仕様」導入か 派生モデル展開を示唆、しかしEV化は否定
AUTOCAR JAPAN
最強「V8エンジン」の爆音が轟く! 670馬力の新型「FRスポーツカー」実車公開に驚きの声! ツインターボ搭載の爆速「シックスパック」にも期待大!
最強「V8エンジン」の爆音が轟く! 670馬力の新型「FRスポーツカー」実車公開に驚きの声! ツインターボ搭載の爆速「シックスパック」にも期待大!
くるまのニュース
フェイスリフトされた新型「BMW 4シリーズ」クーペ、コンバーチブル、グランクーペのすべての情報!
フェイスリフトされた新型「BMW 4シリーズ」クーペ、コンバーチブル、グランクーペのすべての情報!
AutoBild Japan

みんなのコメント

6件
  • kus********
    読みにくいな。 これ全文読み切る人は尊敬します。
    で、マカンが欲しい。
  • fxnhe501
    あえて改行をしないという、大胆な省力化実験。でもやめた方がいいと思う。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村