現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 黒がテーマのオデッセイ純正アクセサリー! 上品なのに迫力マシマシの姿に買ったら付けたい欲が止まらん!!

ここから本文です

黒がテーマのオデッセイ純正アクセサリー! 上品なのに迫力マシマシの姿に買ったら付けたい欲が止まらん!!

掲載 1
黒がテーマのオデッセイ純正アクセサリー! 上品なのに迫力マシマシの姿に買ったら付けたい欲が止まらん!!

 この記事をまとめると

■ホンダ・オデッセイの復活に伴い、純正アクセサリーも発売を開始した

中国製とか色メガネで見てると損するぞ! 復活したホンダ・オデッセイは2列目席と装備の進化がスゴイ

■ホンダアクセスの純正アクセサリーは「黒」を意識したラインアップとなる

■M-TECの無限/MUGENパーツも発売、レース屋らしくオデッセイをスポーティに演出

 ホンダアクセスの純正アクセサリーも一部改良販売

 5代目の一部改良モデルとなるホンダ・オデッセイが、ついに2023年12月7日に発表、12月8日に再発売されることになった。同時に、ホンダの純正アクセサリーを企画、開発、販売しているホンダアクセスが車両と同時開発した純正アクセサリーも発売開始。

 実際に車両にフィッテイングされたアイテムに触れる機会があったのだが、一部改良型のオデッセイのカッコよさ、使い勝手、商品力を一段と高めていることを確認できた。

 最大の特徴は、ブラッククロームメッキのフロントグリル、ブラックスモークレンズのリヤコンビランプ、マットベルリナブラック仕上げのアルミホイール、ブラックのルーフ/ピラーライニングなど。内外装の随所にブラック加飾を施した、新設定となる一段と精悍なe:HEV ABSOLUTE EX BLACK EDITIONがそうであるように、主に「黒」を意識したラインアップ展開であることだ。

 まずはエクステリアアイテム。純正アクセサリーのフロントグリルは上部にブラッククロームメッキ、下部の開口部はベルリナブラックで仕上げられ、顔の印象、迫力の決め手になりえる開口部は大きめのハニカムメッシュデザインとしている。標準車は横バータイプのグリルになるのだが、こちらは2段構えとなり、押し出し感がより強調された印象となる。

 同時に装着されていたのがブラックエンブレムだ。標準車のフロントエンブレムはホンダ車として一般的なシルバークローム色となるのだが、こちらは精悍なブラッククローム仕上げで、前後Hマーク2個、リヤの車名エンブレムとABSOLUTEロゴの4点セットとなる(※e:HEV ABSOLUTE EX BLACK EDITIONに標準装備されるブラックエディションのエンブレムは黒×白)。BLACK EDITIONに乗るなら、必須のアイテムと言っていい。

 それ以上にホンダアクセスの細部へのこだわり部分と言えるのが、アルミホイールセンターキャップ(ブラックHマーク)だ。ブラッククローム仕上げでベース部はベルリナブラック。e:HEV ABSOLUTE EX BLACK EDITIONの場合、18インチホイールは文句なしにカッコいいマットベルリナブラック塗装が施されているのだが、標準ではそこにシルバーのセンターキャップが付く。比べてみると一目瞭然で、せっかくのマットベルリナブラックのホイールの精悍さをより引き立てるには、ブラックのHマークの装着が必須、と勝手に思ったりする。

 筆者がe:HEV ABSOLUTE EX BLACK EDITIONを手に入れたとしたら、即注文。絶対に外せないと考える。本当に、足もとの見た目、表情、精悍さが一変するのである。

 早い充電とデカい画面で家族も喜ぶ

 純正アクセサリーのインテリア用アイテムは、フットライト、インナードアハンドル&ドアポケットイルミネーション(ホワイト&ブルーLEDの2色あり)、サイドステップガーニッシュ(ホワイトLED、ドア開閉&ルームランプ連動、ODYSSEYロゴ入り)などのほか、一部改良型オデッセイの豪華でゆったり寛げる2列目キャプテンシートの進化に相応しい、車内でノートPCの充電もできるセンターコンソールボックス後部に設置する最大45WのUSB PDチャージャーに注目だ。

 PD充電対応のノートPCの充電はもちろんのこと、スマートフォンの充電も急速で行うことができる、もっとも高速の充電システムなのである。

 一部改良型のオデッセイは、これまでと違い、いわゆる工場オプションのナビゲーションは設定されていない。その代わりに、定評あるホンダ純正アクセサリーのナビゲーション、ホンダ最新のコネクテッド技術、Honda CONNECT対応のギャザズシリーズを用意。しかも、これまで最大10インチだったところ、9インチ、11.4インチ画面を揃え、コネクテッドサービスのHonda Total Careプレミアムの加入も可能となっている。

 前席用のディスプレイ、ナビゲーションが大きくなったのに合わせ、リヤ席用のモニターも大型化。フルHD液晶の15.6インチというサイズで、オデッセイの特等席となる後席の上質な乗車体験をサポートしてくれるというわけだ。

 そこではナビで受信したTV映像、ナビで再生したSDカード、USBメモリーデバイスの映像、DVD映像、ナビに入力したHDMI機器の映像の表示が可能。後席からでもリモコンによって画質調整、オーディオソース切り替え、音量調節、TV/DVD操作が行えるようになっている。

 一方、一部改良型のオデッセイにも、ホンダ車のアフターパーツやレース用エンジンの開発製造を行っているM-TECの無限/MUGENパーツが用意されている。

 レーシングマシンに採用されるドライカーボン製のカーボンフロントロアスポイラー、カーボンフロントグリルガーニッシュはレース屋でもある無限ならではのアイテムだ。

 さらに、操縦性にかかわる19インチアルミホイールMDAのほか、ブラック&シルバーのスポーツマット、ベンチレーテッドドアバイザーなども揃っている。

こんな記事も読まれています

【MotoGP】プラマック、2024年はMotoGPマシンカラーリングを大きく変更! マルティン今年はタイトル獲得なるか?
【MotoGP】プラマック、2024年はMotoGPマシンカラーリングを大きく変更! マルティン今年はタイトル獲得なるか?
motorsport.com 日本版
【カワサキ】「カワサキ プラザ東京足立」がリニューアルオープン!
【カワサキ】「カワサキ プラザ東京足立」がリニューアルオープン!
バイクブロス
「第51回東京モーターサイクルショー」の会期中イベントが発表!
「第51回東京モーターサイクルショー」の会期中イベントが発表!
バイクブロス
【ブレイズ】最大11万円OFF!EV3輪バイク&EVミニカー春割キャンペーンを3/1より開催
【ブレイズ】最大11万円OFF!EV3輪バイク&EVミニカー春割キャンペーンを3/1より開催
バイクブロス
ホンダが新型「スタイリッシュSUV」世界初公開! 今夏発売の「CR-V e:FCEV」は何が良い? “いいとこ取り技術”の特徴とは
ホンダが新型「スタイリッシュSUV」世界初公開! 今夏発売の「CR-V e:FCEV」は何が良い? “いいとこ取り技術”の特徴とは
くるまのニュース
「BEVよりも選ばれる存在に」ホンダが新型燃料電池車『CR-V e:FCEV』世界初公開、今夏リース販売へ
「BEVよりも選ばれる存在に」ホンダが新型燃料電池車『CR-V e:FCEV』世界初公開、今夏リース販売へ
レスポンス
テスラ「モデル3」の真ライバル登場? 中国から半固体電池搭載の新型EVセダン、欧州導入
テスラ「モデル3」の真ライバル登場? 中国から半固体電池搭載の新型EVセダン、欧州導入
AUTOCAR JAPAN
「APMネコバス」がジブリパークでいよいよ運行をスタート!
「APMネコバス」がジブリパークでいよいよ運行をスタート!
カー・アンド・ドライバー
世界最大EVメーカーの進撃が止まらない! BYD 新型SUV「シールU」発表、PHEVモデルも
世界最大EVメーカーの進撃が止まらない! BYD 新型SUV「シールU」発表、PHEVモデルも
AUTOCAR JAPAN
日産「NV200バネット」がアメリカンなファミリーバンに変身! アルパインスタイルが提案する「Sonova」の装備を解説します
日産「NV200バネット」がアメリカンなファミリーバンに変身! アルパインスタイルが提案する「Sonova」の装備を解説します
Auto Messe Web
ホンダ新型「CR-V」世界初公開! 1年半ぶりに日本で復活! 初の充電可能なFCEVとして24年夏に発売
ホンダ新型「CR-V」世界初公開! 1年半ぶりに日本で復活! 初の充電可能なFCEVとして24年夏に発売
くるまのニュース
エネオスHD、持株会社体制を解消 グループCxO配置
エネオスHD、持株会社体制を解消 グループCxO配置
日刊自動車新聞
【ブレイズ】電動バイク&キックボードを対象とした新生活応援キャンペーンを3/1より開催!
【ブレイズ】電動バイク&キックボードを対象とした新生活応援キャンペーンを3/1より開催!
バイクブロス
北海道札幌市に日本最北のBYDディーラーがオープン、Wallbox社のEV充電器も初導入
北海道札幌市に日本最北のBYDディーラーがオープン、Wallbox社のEV充電器も初導入
レスポンス
高速道路でのトラックの最高速度、4月から90km/hに引き上げ---人手不足で緩和[新聞ウォッチ]
高速道路でのトラックの最高速度、4月から90km/hに引き上げ---人手不足で緩和[新聞ウォッチ]
レスポンス
エッ前科!交通違反でも前科がついちゃうって本当?
エッ前科!交通違反でも前科がついちゃうって本当?
バイクのニュース
急増する「変な形のウィンカー」なぜOK? 形状や光り方は法律でどう決まっているのか 「細長い」「点滅じゃなく流れるタイプ」も許されるワケ
急増する「変な形のウィンカー」なぜOK? 形状や光り方は法律でどう決まっているのか 「細長い」「点滅じゃなく流れるタイプ」も許されるワケ
くるまのニュース
ホンダ 外部充電ができる水素燃料電池車「CR-V e:FCEV」」を発表し、2024年後半に北米・カリフォルニアでリース開始
ホンダ 外部充電ができる水素燃料電池車「CR-V e:FCEV」」を発表し、2024年後半に北米・カリフォルニアでリース開始
Auto Prove

みんなのコメント

1件
  • ザ・ファイナル・タカヒロ
    完全にマークXジオのパクリ、、、
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.2565.0万円

中古車を検索
オデッセイの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.2565.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村