現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > V8の6.2Lは「キャデラック」歴代最強の668ps&最高速322km/h! 史上最強のキャデラックセダン「CT5-Vブラックウイング」改良モデルが激アツ!!

ここから本文です

V8の6.2Lは「キャデラック」歴代最強の668ps&最高速322km/h! 史上最強のキャデラックセダン「CT5-Vブラックウイング」改良モデルが激アツ!!

掲載 3
V8の6.2Lは「キャデラック」歴代最強の668ps&最高速322km/h! 史上最強のキャデラックセダン「CT5-Vブラックウイング」改良モデルが激アツ!!

 GMはこのほど、キャデラックブランドのアッパーミドルセダン「CT5-V」の高性能仕様「ブラックウイング」2025年改良モデルを米国内で発表した。その詳細について紹介しよう。

文/ベストカーWeb編集部、写真/GM

V8の6.2Lは「キャデラック」歴代最強の668ps&最高速322km/h! 史上最強のキャデラックセダン「CT5-Vブラックウイング」改良モデルが激アツ!!

■Vシリーズ生誕20周年記念の改良モデル登場

2025年モデルのキャデラックCT5-Vブラックウイングは精悍そのもののスタイリング。通常のCT5-Vよりもバンパー開口部が大きい

 CT5はそれまで3代続いたキャデラックのアッパーミドルサルーン、CTSの後継モデルとして2019年に登場。日本市場には2021年1月から導入されている。米国では同年2月からその高性能バージョンであるCT5-Vブラックウイングが登場した。

 そのボディサイズは全長4925×全幅1895×全高1445mm、ホイールベース2935mmとライバルとなるのはメルセデスベンツEクラスやBMW5シリーズ、アウディA6などのEセグモデルたちだ。

最高出力360ps、最大トルク55.9kgmを発揮する3Lツインターボを搭載するノーマル仕様のCT5-V。こちらも充分にスポーティだが……

 前身となるキャデラックCTS-Vが誕生してから20周年を迎え、今回登場したCT5-Vブラックウイングについて同社グローバル担当バイスプレジデントのジョン・ロス氏は次のように語っている。

「キャデラックのセダンは、前年比でブランドの勢いを増し続けています。2023年、当社のセダンは2018年以来最高の販売台数を記録しました。CT5はキャデラックでは世界で最も売れているクルマです。Vシリーズが記録的な年を迎えるなか、性能とパワーを重視するお客様にとって、このオプションの重要性はいくら強調してもし過ぎることはありません」

[articlelink]

■通常のCT5-Vとは差別化されたエクステリア!

通常のCT5-V (左)と高性能仕様、 CT5-Vブラックウイング(右)

 CT5-Vブラックウイングは通常のCT5-Vとの差別化にこだわっている。よりワイドで低い外観の新しいフロントエンドが特徴で、ファストバックスタイルを強調。グリルとフロントフェイシアを再設計し、ブラックモールディング、ロッカーエクステンション、スポイラーを採用。

 また、キャデラックのシグネチャーバーチカルライトとモンドリアンパターンエッチングのLEDヘッドランプが印象的だ。そのほか、エアログラウンドエフェクトとフロントフェンダーを採用し、より大胆に仕上げられている。

CT5-Vブラックウイングのインテリア。33インチのLEDカラータッチスクリーンディスプレイが特徴的だ

 インテリアでは、33インチのLEDカラータッチスクリーンディスプレイを採用。GMのエンジニアやデザイナーの意見を取り入れて作成された、強化された車載パフォーマンスデータレコーダーが利用可能だ。

 ユーザーインターフェースとグラフィックを刷新し、ドライバーがコース上でのパフォーマンスを最大限に引き出すための新しいパフォーマンス分析機能が採用されているという。

■パワートレーンには668psのV8、6.2Lスーパーチャージャー搭載!

CT5-Vブラックウイングが搭載するV8、 6.2Lスーパーチャージャーエンジン

 V8、6.2L スーパーチャージャーエンジンは最高出力 668ps、最大トルク91.1kgmを発揮する。組み合わされるトランスミッションには6速MTと10速ATを選ぶことができる。

  その最高速度は322km/hに達し、0-96km/h加速が3.7秒という数値を誇る。通常のCT5-Vが最高出力360ps&最大トルク55.9kgmの3Lツインターボを搭載し、10速ATのみなので、ブラックウイングのハイパフォーマンスぶりが際立っているのがよくわかる。

CT5-Vブラックウイングのセーフティカー。なかなかカッコいい!

 また、ストッピングパワーも強力で、ブラックウイングにはブレンボ製フロント&リアブレーキ(Vシリーズグラフィック付き)を標準装備するほか、ラインロック付きカスタムローンチコントロールを採用している。

 CT5-VとCT5-Vブラックウイング2025年モデルは2024年夏に生産を開始し、詳細や価格については今後発表予定だというが、今の時代にまったく似つかわしくない「古きよきアメ車」を彷彿とさせるCT5-Vブラックウイングの日本導入を待ちたい!

こんな記事も読まれています

SFドライバーのテオ・プルシェールがインディカー参戦決定。第2戦ロングビーチでマクラーレンから代役出走へ
SFドライバーのテオ・プルシェールがインディカー参戦決定。第2戦ロングビーチでマクラーレンから代役出走へ
AUTOSPORT web
未来のWRC戦士は誰だ? 若武者激突! モリゾウチャレンジカップ第2戦レポート
未来のWRC戦士は誰だ? 若武者激突! モリゾウチャレンジカップ第2戦レポート
ベストカーWeb
プリウスもない! クラウンセダンにもない! 最近フォグランプのあるクルマ減ってない?
プリウスもない! クラウンセダンにもない! 最近フォグランプのあるクルマ減ってない?
ベストカーWeb
宮田莉朋が2度目のWEC出走へ。第3戦スパでレクサスRC F GT3を代役ドライブ
宮田莉朋が2度目のWEC出走へ。第3戦スパでレクサスRC F GT3を代役ドライブ
AUTOSPORT web
中央道の渋滞対策2ストライク、三振間近! なぜ愚策が繰り返されるのか?[清水草一の道路ニュース]
中央道の渋滞対策2ストライク、三振間近! なぜ愚策が繰り返されるのか?[清水草一の道路ニュース]
ベストカーWeb
大型連休でも大活躍! 6名以上乗れる手頃な価格の中古車4選
大型連休でも大活躍! 6名以上乗れる手頃な価格の中古車4選
グーネット
ハイブリッドなのにスポーツカー⁉️ C 63 Sに新世代のAMGを見た
ハイブリッドなのにスポーツカー⁉️ C 63 Sに新世代のAMGを見た
グーネット
レクサス 新型「GX550オーバートレイル+」抽選販売スタート!通常販売は2024年秋開始
レクサス 新型「GX550オーバートレイル+」抽選販売スタート!通常販売は2024年秋開始
グーネット
マツダ 新型3列シートSUV「CX-80」初公開 2024年秋に欧州で発売
マツダ 新型3列シートSUV「CX-80」初公開 2024年秋に欧州で発売
グーネット
プリウス後席ドアに13万台のリコール! 暫定的に手動開閉に! ところでプリウス後席ドアって手動でどう開けるの?
プリウス後席ドアに13万台のリコール! 暫定的に手動開閉に! ところでプリウス後席ドアって手動でどう開けるの?
ベストカーWeb
クルマの窓から愛犬が顔出してる! 可愛いんだけどこれって違反にならないの?
クルマの窓から愛犬が顔出してる! 可愛いんだけどこれって違反にならないの?
ベストカーWeb
ボルドールの経験でEWCの切符を掴んだ綿貫舞空。ル・マンで昨年2位の3ART加入に「できれば優勝をしたい」と意気込み
ボルドールの経験でEWCの切符を掴んだ綿貫舞空。ル・マンで昨年2位の3ART加入に「できれば優勝をしたい」と意気込み
AUTOSPORT web
BYDが都内屈指の自動車ディーラー激戦区に「BYD AUTO 目黒」を開店
BYDが都内屈指の自動車ディーラー激戦区に「BYD AUTO 目黒」を開店
グーネット
今やブーム真っ只中なのに……期待が大きすぎた  悲しい運命をたどった[SUV]4選
今やブーム真っ只中なのに……期待が大きすぎた  悲しい運命をたどった[SUV]4選
ベストカーWeb
マツダの新型「3列SUV」でた! ついに5m級 驚異的パワー!? 「CX-80」欧州で世界初公開 これ日本に来るのか!?
マツダの新型「3列SUV」でた! ついに5m級 驚異的パワー!? 「CX-80」欧州で世界初公開 これ日本に来るのか!?
乗りものニュース
GTワールドチャレンジ・アジアがJ SPORTSで全戦放送。ジャパンカップはほとんどを生中継へ
GTワールドチャレンジ・アジアがJ SPORTSで全戦放送。ジャパンカップはほとんどを生中継へ
AUTOSPORT web
安かろう悪かろうなクルマをつかまされないために知っておくべき……[修復歴]と[事故歴]の違いとは  どうやって見分けりゃいいの
安かろう悪かろうなクルマをつかまされないために知っておくべき……[修復歴]と[事故歴]の違いとは  どうやって見分けりゃいいの
ベストカーWeb
もっと「アバルト595」で運転を楽しもう! 車高調からペダルの「ポッティングデカール」にドラシューまで、厳選アイテムを紹介
もっと「アバルト595」で運転を楽しもう! 車高調からペダルの「ポッティングデカール」にドラシューまで、厳選アイテムを紹介
Auto Messe Web

みんなのコメント

3件
  • oza********
    これぞアメリカンパワー
    直線ならフェラーリやランボルギーニもちぎれそう。
  • dai********
    ドッカンパワーは良いとして、それに見合うシャーシやボディ剛性、足回りになってるの?
    コーナー曲がるだけで腰砕けになったりしない?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

690.0770.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

358.0672.0万円

中古車を検索
CT5の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

690.0770.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

358.0672.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村