現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アルファード並みの迫力顔! ホンダ「エリシオン」が全長5m級にイメチェン! 超豪華な中身とは

ここから本文です

アルファード並みの迫力顔! ホンダ「エリシオン」が全長5m級にイメチェン! 超豪華な中身とは

掲載 更新 45
アルファード並みの迫力顔! ホンダ「エリシオン」が全長5m級にイメチェン! 超豪華な中身とは

■2013年に日本から姿を消した「エリシオン」。 実は中国で生き延びていた!

 2020年現在、ホンダが日本市場で販売するフラッグシップミニバンとして「オデッセイ」がラインナップされていますが、2013年までは「エリシオン」がその座に君臨していました。
 
 現在、日本では販売されていないエリシオンですが、中国市場では現在もラインナップされ、かつ日本のモデルよりも豪華になっているといいます。

アルファードを超える? トヨタが新型高級ミニバン「マジェスティ」発表!

 日本市場において、エリシオンはかつてホンダから販売されていた「ラグレイト」の後継車として、2004年から2013年まで販売されていました。

 エリシオンは、当時の先進技術を余すところなく注ぎ込み、「新世代プレミアム8シーター」をコンセプトとして開発。

 3列シートすべてに上質を追求、低くフラットな床などの独自のプラットフォーム技術により、ゆとりのある室内空間と、低重心化による安心感のある上質な走りや乗り心地を実現していました。

 大開口の両側パワースライドドアは、2列目・3列目への乗降を容易とし、さらに、簡単操作のチップアップ&スライド機構の採用で3列目へワンステップでの乗車を可能としています。

 また後2列のシートアレンジにより大容量のラゲッジスペースも獲得。さらに操作レバーを引くだけで3列目シートとの対座が可能な2列目シート回転機構も装備。

 パワートレインは、走行状況に応じて6気筒燃焼と3気筒燃焼を切り替える画期的な可変シリンダーシステムを採用した3リッターV形6気筒i-VTECエンジンと、常用域で力強いトルクを発揮する2.4リッター4気筒i-VTECエンジンの2種類を設定していました。

 2013年にはの生産終了に伴い、オデッセイと統合させる形で、フラッグシップミニバンの座を5代目現行オデッセイに譲りました。

 その後も中国市場では、日本と同じエリシオンが2015年まで販売されており、中国版エリシオンとして登場したのは、2015年11月に開催された広州国際モーターショーです。

 この際に、2代目エリシオンかつ中国専用車として展開することになり、2016年から販売されました。しかし、初代エリシオンとは異なり、日本版オデッセイ(5代目)との兄弟車にあたります。

 パワートレインは、2.4リッターエンジンを搭載するガソリン車と、、2019年のモデルチェンジでは2リッターガソリンエンジン+2モーターハイブリッドを組み合わせたハイブリッド車が加わっています。

 中国専用となったエリシオンの外観デザインは、4つのクリスタルダイヤモンドLEDと組み合わせた4つの水平バナーデザインのフロントエアインテークグリルデザインを採用しているほか、メッキパーツも多用することで、中国の富裕層が好む豪華な仕様となっています。

 内装は一見シンプルなデザインなものの、センターコンソール全体が手触りの良い革で包まれており、高級感が向上。

 ベースとなる日本版オデッセイとボディサイズを比べると、全長4940mm(+110mm)×全幅1845mm(+45mm)×全高1710mm(+35mm)となり、前述の日本版オデッセイより大型化されています。

 ボディサイズが大型化されたことで、2列目シートを前後740mmに超ロングスライドする機構を採用。これは室内空間でとくに後席の広さを重視する中国ユーザーのニーズに応えている部分だといえます。

 また、機能面では、前述の2020年秋にマイナーチェンジする日本版オデッセイに採用されるパワースライドドアにあるセンサーが光っているときにジェスチャー操作をおこなうと、車両に触れずにドアの開閉が可能な「ジェスチャーコントロール・パワースライドドア」を採用。

 日本では姿を消したエリシオンですが、現行オデッセイをベースとすることで質感や機能面など、中国ユーザーのニーズに沿ったまさに中国専用の高級ミニバンとして生き残っているのです。

こんな記事も読まれています

イノベーションの袋小路【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
イノベーションの袋小路【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
グーネット
タイカヤバ KYB「アジャスタブル リアサスペンション」に PCX/AEROX155用が登場!
タイカヤバ KYB「アジャスタブル リアサスペンション」に PCX/AEROX155用が登場!
バイクブロス
アクティブのパフォーマンスダンパーに「CT125ハンターカブ」「X500/X350」用が登場!
アクティブのパフォーマンスダンパーに「CT125ハンターカブ」「X500/X350」用が登場!
バイクブロス
780万円超え!? 日産が新型「小さな高級車」発表! 全長4.4m級ボディに「上質内装」&斬新「甲冑グリル」採用! 新型SUV「キャシュカイ」欧州で登場
780万円超え!? 日産が新型「小さな高級車」発表! 全長4.4m級ボディに「上質内装」&斬新「甲冑グリル」採用! 新型SUV「キャシュカイ」欧州で登場
くるまのニュース
[低予算サウンドアップ術]「スピーカーケーブル」を換えても音が激変!?
[低予算サウンドアップ術]「スピーカーケーブル」を換えても音が激変!?
レスポンス
約345万円! 日産「新型コンパクト“セダン”」実車公開! 全長4.5m以下ボディ&迫力顔が“超スポーティ”な「SR」伯に登場
約345万円! 日産「新型コンパクト“セダン”」実車公開! 全長4.5m以下ボディ&迫力顔が“超スポーティ”な「SR」伯に登場
くるまのニュース
ケータハム 新型「スーパーセブン600」にクラシック感満載の日本限定モデルが登場
ケータハム 新型「スーパーセブン600」にクラシック感満載の日本限定モデルが登場
グーネット
ケータハム「スーパーセブン600/2000」発売 70~80年代の人気車を現代風にアレンジ
ケータハム「スーパーセブン600/2000」発売 70~80年代の人気車を現代風にアレンジ
グーネット
シエンタ、スイフト用を販売開始、ブリッツの車高調キット「DAMPER ZZ-R」シリーズ
シエンタ、スイフト用を販売開始、ブリッツの車高調キット「DAMPER ZZ-R」シリーズ
レスポンス
102回目の「パイクスピーク」にヒョンデが大挙襲来! 「アイオニック5N」のパフォーマンスはいかに?
102回目の「パイクスピーク」にヒョンデが大挙襲来! 「アイオニック5N」のパフォーマンスはいかに?
Auto Messe Web
マセラティ MC20のスペシャルシリーズ「イコナ」と「レジェンダ」を限定販売
マセラティ MC20のスペシャルシリーズ「イコナ」と「レジェンダ」を限定販売
Webモーターマガジン
S30型ダットサン240Zをオマージュした日産Zの特別仕様車「Zヘリテージエディション」が米国でデビュー
S30型ダットサン240Zをオマージュした日産Zの特別仕様車「Zヘリテージエディション」が米国でデビュー
カー・アンド・ドライバー
ホンダ「新型ヴェゼル」登場! “3年ぶり刷新”でどんな人が買ってる!? イチバン人気は「最上級仕様」! 購入ユーザーの特徴は
ホンダ「新型ヴェゼル」登場! “3年ぶり刷新”でどんな人が買ってる!? イチバン人気は「最上級仕様」! 購入ユーザーの特徴は
くるまのニュース
写真から車種や価格わかる…Yahoo!ブラウザーで「クルマ検索」の提供開始
写真から車種や価格わかる…Yahoo!ブラウザーで「クルマ検索」の提供開始
レスポンス
55年に渡るGT-Rの歴史にある「空白の16年」! スポーツグレードは存在したのに日産がGT-Rを「名乗らせなかった」理由とは
55年に渡るGT-Rの歴史にある「空白の16年」! スポーツグレードは存在したのに日産がGT-Rを「名乗らせなかった」理由とは
WEB CARTOP
サインツJr.の移籍先、決断はもうすぐ「決める時期は来ている」ザウバー/アウディとウイリアムズどちら?
サインツJr.の移籍先、決断はもうすぐ「決める時期は来ている」ザウバー/アウディとウイリアムズどちら?
motorsport.com 日本版
単に「ヤナセで買いました」の誇示じゃない! 黄色に青文字の「YANASEステッカー」がもつ重要な意味とは
単に「ヤナセで買いました」の誇示じゃない! 黄色に青文字の「YANASEステッカー」がもつ重要な意味とは
WEB CARTOP
ホンダのATVで最大排気量、675cc単気筒エンジン搭載の『ルビコン4X4オートマチック』
ホンダのATVで最大排気量、675cc単気筒エンジン搭載の『ルビコン4X4オートマチック』
レスポンス

みんなのコメント

45件
  • 迫力顔 と書くのはよいですが、
    アルファードを引き合いに出さないで下さい。
    全然違いますから。
  • 日本の家屋は本当に狭くて窮屈だが、かといって豪邸には住めないし好きな車を複数台所有できる人も少ないので、庶民にはなんとかローンで買えるファミリーカーくらいは広くて豪華な方がいいとアルファードに人気が集まっている。

    この中国版エリシオンは日本で販売すればある程度は売れるかもしれないが、高さがないのでアルファード程には人気は出ないだろう。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

297.0361.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.2157.8万円

中古車を検索
エリシオンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

297.0361.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.2157.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村