サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「最新モデル試乗」渋滞の首都高で試す! 世界初レベル3自動運転車、ホンダ・レジェンドはどこが優れているか!?

ここから本文です

大渋滞の首都高速で「レベル3自動運転」の完成度をチェック

 昨今、世界の自動車メーカーが精力的に開発を進めているのがADAS(先進安全運転システム)。これまでのシステムは分類上「運転支援」だった。レジェンドが採用したホンダセンシング・エリートは、世界で初めて、高速道路渋滞時など特定の走行条件ながら「自動運転」を実現させた点がニュースである。

ホンダが上海モーターショー2021で電気自動車のプロトタイプモデル「SUV e:prototype」を初披露

 リアルワールドで試乗を行ったので報告しよう。今回はホンダセンシング・エリートの機能のひとつトラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能)を中心に体感。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン