サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンキで売る気あったのか? 名車で迷車な「衝撃コンセプト」の国産車5台

ここから本文です

ホンキで売る気あったのか? 名車で迷車な「衝撃コンセプト」の国産車5台

 コンセプトカーをそのまま市販化したようなモデルも存在!

 自動車というのは大量生産、大量消費を前提とした製品だけに、広くユーザーに受け入れられるものでないと成り立たないと言える。スーパーカーが、目玉が飛び出るほど高いのは少量生産が理由のひとつだったりする。それだけに、たくさん売れるか売れないかというリスクはつねにつきまとうのだが、ときにそれを無視したかのような、超個性的なクルマが登場することがある。今回は日本車編として、超個性派グルマたちを振り返ってみた。

前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

 1)いすゞビークロス

 奇才、サイモン・コックスがデザインしたモーターショーのコンセプトカーをそのまま市販化したようなクルマだけに、文句なしに超個性的だ。ただし、コンセプトカーが登場したのは1993年で、このときのベースはジェミニベースだった。それが市販化となったのは1997年と、けっこうな開きがあった。

 それも関係してか、ベースはビッグホーンに変更され、よく見るとコンセプトカーと市販モデルではけっこうデザインが異なるというのが実際だ。当時の関係者によると、急ごしらえな部分もあったり、規制に合わせるために、最初から作り直した感じだったという。

 2)トヨタiQ

 個性派といえば外せないのがこちら。登場した2008年当時、Aセグメントに注目が集まっていたこともあって、大いに話題になった。デザインを欧州のスタジオが手掛けたというのも、個性派となった理由のひとつだ。

 販売的にはあまり振るわず、失敗作という人もいるが、ステアリングの構造などで技術的なトライも多くされていて、その後のトヨタのクルマづくりに大きな影響を与えたのは事実だ。GRモデルがあるのも注目である。

 3)スズキ・ツイン

 コンセプトはトヨタのiQと似ているのかもしれないが、いずれにしても究極のシティコミューターとして2003年に登場した。デザインは可愛いものの、車内は必要にして最小限で、もちろんふたり乗り。ラゲッジも極狭だった。

 ただ、ほかの軽に先駆けて、ハイブリッドを設定していたのは注目だ。ちなみに2年ぐらいしか販売されず、約1万台が売れたのみ、ハイブリッドはたったの300台とされている。

 海外から見ても驚きのユニークな超個性派モデルも!

 4)ホンダ・バモスホンダ

 ホンダはユニークなクルマがたくさんあるので、いちいち紹介する余裕はないが、その筆頭格であり、今後、法規的にも絶対登場しないのがこちらだ。

 1970年にTN360、つまり軽トラをベースに登場した今でいうレジャービークルで、サイドもリヤもパネルなしのむき出しで、幌を立てると雨風がしのげたし、ドアはただのバー、つまり棒だった。

 5)いすゞフローリアン

 1967年に登場して、1983年まで作られていたのがいすゞのフローリアンだ。ベースは117クーペで、実用的なミドルセダンという位置づけだった。ちなみにモーターショーでは117サルーンとして登場している。ライバルはコロナやブルーバードだったが、ユニークというか超個性的なデザインゆえ、不振だったのは事実。

 ただし、デザインはカロッツェリア・ギアという意欲作で、今見るとけっこうかっこいい感じではある。ちなみに後継車は、これまた個性的なアスカとなる。

 番外 日産キューブ

 今はなくなってしまった、日産のコンパクトカー、キューブは外国から見ると超個性的とよく言われる。2代目と3代目は似たようなデザインだが、このリヤまわりのデザインは非対称となっている。

 これは自動車のデザイン文法からすると異例なことで、海外では衝撃的ですらあったらしい。ちなみに向かって左側にガラスが回り込んでいるが、左ハンドルの海外仕様は逆になっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します