現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 50代でリターン「アルトワークス」した理由とは? 当時の雰囲気を再現しながらワンオフで楽しむカスタム術

ここから本文です

50代でリターン「アルトワークス」した理由とは? 当時の雰囲気を再現しながらワンオフで楽しむカスタム術

掲載 82
50代でリターン「アルトワークス」した理由とは? 当時の雰囲気を再現しながらワンオフで楽しむカスタム術

チューニングブームが起こった1990年代

 軽自動車のエンジン排気量が、1976年に定められた550ccから1990年に660ccへと変わった頃、安くて、速くて、楽しいクルマとして登場したのが3代目スズキ「アルトワークス」だ。時代はちょうどチューニングブーム真っ只中で、軽自動車に鋭い瞬発力を与えるべくターボ搭載車が続々登場した。どっちが速い、どっちが凄いと、その最速・最強の座を争いアルトワークス、「セルボ」、「ミラターボ」の三つ巴の戦いが繰り広げられたのである。

5年かけて働くクルマのスズキ「エブリイ」がアゲスタイルに進化! なぜ毎日の通勤で使うのにリフトアップしたのか?

若い頃を懐かしんでチューニング

 これから紹介するアルトワークスのオーナーである山本信好さんも、その時代を経験し「チューニングにどはまり」して走りを楽しんでいた人物。当時が懐かしくなり、50歳を過ぎて再び3代目HA21S型アルトワークスを購入したと話す。

 昔からメカいじりが大好きで、現在は製造機械業を職業にする山本信好さん。見るからにノーマルとは違う姿を作り出すために、持ち前の器用さを活かしてオリジナルパーツをワンオフで製作。自分が思い描く理想のアルトワークスを目指した。

「大幅な変更を加えることは正直言ってそんなに難しくないんです。だけど、自分はアルトワークスが大好きなので、ベースモデルの形を崩すようなカスタムは施したくなかったんです」

 そう語る山本さんは、アルトワークスらしさを残しながらも、どことなく当時のヤンチャなボーイズレーサー感を醸し出せるパーツを組み込んだ。

 スポーティなルックスを作る上で欠かせないのがフェンダーだ。さすがにアルトワークス専用のフェンダーは当時も含めリリースされていないので、前後オーバーフェンダーは純正アーチに合わせてワンオフ製作。それだけでは寂しかったので、悪ノリで汎用リアウイングを逆付けにしてリップスポイラーとして仮組み。すると思ったより良い感じだったので、純正バンパーにガッチリ固定できるようにピロボール採用の専用アームを作ってマウントさせた。

貴重なパーツを惜しみなく装着

 ボンネットはカーボン製でメーカーは不明。当時も流行っていたが、取り付けヒンジにワッシャーを入れて少しだけケツを浮かせて熱気を抜くビンボーチューンも採用。その一方で、ボンネットの固定方法は普通のボンネットピンではなく、高価なエアロキャッチボンネットピンを使っている。理由は簡単、こっちの方がレーシーに見えるからだ。

 山本信好さんは旧車好きでもある。だからこそ、フェンダーも昔ながらのオーバーフェンダーだが、旧車感という意味では丸目ヘッドライトをオニ目にしている点も見逃せない。ここにはマーシャルのライトジャケットを取り付けているのが懐かしいポイントだ。

 また、当時の流行といえばmikihouseのビッグロゴが入った赤いトレーナーだろう。当時は若者御用達のテッパンウェアとして定着していた。さすがに山本さんはその服は着ていなかったが、愛車にはそんな懐かしい時代を思い出させるmikihouseロゴのハチマキも入れてある。

 当時物といえばマフラーのテール部にも注目。これはハコスカやケンメリの改造車乗りが当時よく付けていたイノウエデュアルテールをセット。入手困難な貴重なパーツなのだが、「パーツは飾るよりも使うタイプ、もったいないという気持ちもありましたが、使わなければ意味の無い物なので取り付けてしまいました」と話す。当時をよく知る人からするとこのマフラーも懐かしいパーツになる。

 ほかにはゴールドディスクBBS-RSも時代を感じさせるホイールだ。そして、インテリアのレカロSRのシート、モモのステアリングも当時の走り屋がこぞって取り付けた人気パーツだ。もちろん、装着しているパーツの中には現代風なリメイクも入っている。すべてを当時物にするだけでは面白くない。そこはオーナーの好みで、新旧を織り交ぜながら改造を楽しむ。それが山本信好さんの流儀というわけだ。

こんな記事も読まれています

車中泊に使える!? 丸目ライト&黒グリルのスズキ「軽バン」に熱視線! カッコ良すぎる「レトロスタイル」への反響は?
車中泊に使える!? 丸目ライト&黒グリルのスズキ「軽バン」に熱視線! カッコ良すぎる「レトロスタイル」への反響は?
くるまのニュース
バブル時代に生まれた「SZ」が1120万円で落札!「怪物」と呼ばれたアルファ ロメオは、いま手に入れておきたい1台です
バブル時代に生まれた「SZ」が1120万円で落札!「怪物」と呼ばれたアルファ ロメオは、いま手に入れておきたい1台です
Auto Messe Web
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その3
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その3
グーネット
注目は三菱副社長に日産常務が就任、そのほかZFの新型8速ATなども…有料会員記事ランキング
注目は三菱副社長に日産常務が就任、そのほかZFの新型8速ATなども…有料会員記事ランキング
レスポンス
RBのリカルドと角田が新代表メキースを称賛。前任者トストと似た部分もありつつ新鮮な視点をもたらす
RBのリカルドと角田が新代表メキースを称賛。前任者トストと似た部分もありつつ新鮮な視点をもたらす
AUTOSPORT web
【このロールスなんぼ?】真のラグジュアリーサルーン 一度は所有してみたいロールス・ロイス 1979年製シルバーシャドウ販売中!
【このロールスなんぼ?】真のラグジュアリーサルーン 一度は所有してみたいロールス・ロイス 1979年製シルバーシャドウ販売中!
AutoBild Japan
21インチホイールも抜かりなくブラック ボルボXC60最高峰モデルにブラックエディション登場
21インチホイールも抜かりなくブラック ボルボXC60最高峰モデルにブラックエディション登場
AUTOCAR JAPAN
市販化するの!? 丸目4灯の70's風「新型レトロスポーツカー」熱望の声に応える! 光岡
市販化するの!? 丸目4灯の70's風「新型レトロスポーツカー」熱望の声に応える! 光岡
乗りものニュース
日産、商用バンの「AD」に踏み間違い衝突防止アシストを全車標準装備とする仕様変更を実施
日産、商用バンの「AD」に踏み間違い衝突防止アシストを全車標準装備とする仕様変更を実施
月刊自家用車WEB
レクサスが高級SUV「新型NX」を初公開! ド迫力の爆ゴツ「アウトドア仕様」も発表! “超タフ”でカッコいい新仕様「オーバートレイル」とは
レクサスが高級SUV「新型NX」を初公開! ド迫力の爆ゴツ「アウトドア仕様」も発表! “超タフ”でカッコいい新仕様「オーバートレイル」とは
くるまのニュース
2024年スーパーフォーミュラ放送体制が発表。ABEMAで『サーキットで会いましょうシーズン2』開始、レース中継テーマソングにはMAN WITH A MISSION!
2024年スーパーフォーミュラ放送体制が発表。ABEMAで『サーキットで会いましょうシーズン2』開始、レース中継テーマソングにはMAN WITH A MISSION!
motorsport.com 日本版
フォーミュラE東京大会のチケット追加販売が決定。3月1日18時より3券種を先着順で販売
フォーミュラE東京大会のチケット追加販売が決定。3月1日18時より3券種を先着順で販売
AUTOSPORT web
「バス通るの…?」日本最長と「秘境酷道」の路線を乗り継ぎ! 撮影会付きストイックバスツアー開催
「バス通るの…?」日本最長と「秘境酷道」の路線を乗り継ぎ! 撮影会付きストイックバスツアー開催
乗りものニュース
とにかくカッコいい! トヨタ「ワイルドSUV」が一躍人気車に! 一度は姿を消した「RAV4」が再注目されるワケ
とにかくカッコいい! トヨタ「ワイルドSUV」が一躍人気車に! 一度は姿を消した「RAV4」が再注目されるワケ
くるまのニュース
スマホ連携・ドラレコ・タイヤ空気圧監視などマルチな機能が1つになった「バイク専用マルチスマートモニター」がクラファンに登場!
スマホ連携・ドラレコ・タイヤ空気圧監視などマルチな機能が1つになった「バイク専用マルチスマートモニター」がクラファンに登場!
バイクブロス
バイク王が「新生活応援キャンペーン」をスタート!
バイク王が「新生活応援キャンペーン」をスタート!
バイクブロス
まさに枠にハマるな!? ホンダのポエムが具現化した尖りすぎたエコカー!! 初代インサイトを解説
まさに枠にハマるな!? ホンダのポエムが具現化した尖りすぎたエコカー!! 初代インサイトを解説
ベストカーWeb
日産「レパード F31」後期型を乗り続ける! 『あぶない刑事』や『ナイトライダー』の劇中車をオマージュした内容とは
日産「レパード F31」後期型を乗り続ける! 『あぶない刑事』や『ナイトライダー』の劇中車をオマージュした内容とは
Auto Messe Web

みんなのコメント

82件
  • ナンバー傾けるのとアイライン(もどき含む)で
    人として差別してしまう自分がいます。
    チョイスの仕方でその人の程度がわかってしまう。
  • お約束の車検大丈夫ですか?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

153.8168.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0251.0万円

中古車を検索
アルトワークスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

153.8168.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0251.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村