現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 実用性も備わる凛々しいボディ ヴォグゾール・アストラ・スポーツツアラーへ試乗 ストレスフリーのPHEV

ここから本文です

実用性も備わる凛々しいボディ ヴォグゾール・アストラ・スポーツツアラーへ試乗 ストレスフリーのPHEV

掲載 2
実用性も備わる凛々しいボディ ヴォグゾール・アストラ・スポーツツアラーへ試乗 ストレスフリーのPHEV

1.6L 4気筒+駆動用モーターで180psと36.5kg-m

ステランティス・グループ傘下になり、新世代へ生まれ変わったヴォグゾール(オペル)・アストラ。そのステーションワゴン版、スポーツツアラーの英国での販売がスタートする。

【画像】実用性も備わる凛々しいボディ ヴォグゾール・アストラ・スポーツツアラー 同クラスの競合と比較 全117枚

今回試乗したのは、GSグレード。1.6L 4気筒ガソリン・ターボエンジンに駆動用モーターが組み合わされたプラグイン・ハイブリッドで、前者の150psと25.3kg-mに後者の110psと32.5kg-mが組み合わされ、システム総合で180psと36.5kg-mを発揮する。

ちなみに、従来的な1.2L 3気筒ガソリン・ターボエンジンもラインナップされる。

駆動用バッテリーの容量は、12.4kWh。充電能力は最大3.7kWがうたわれるが、500ポンド(約9万円)の追加費用で、7.0kWまでアップグレードも可能。電気の力だけで走れる距離は、67kmから72kmになるという。

ちなみに、同等のシステムを搭載するハッチバックのアストラを例に挙げると、現実的な環境では最長48km走れるようだ。温かい天気の日で。スポーツツアラーが、それを超えることはないだろう。

平均的な通勤距離のドライバーなら、1度の充電で自宅から会社までの往復をまかなえるかもしれない。だが、プラグイン・ハイブリッドが自身のライフスタイルへ最適なパワートレインか、改めて確認する価値はある。

実用性もしっかり備わるハンサムボディ

駆動用バッテリーを日常的に充電することが難しかったり、長距離を頻繁に走るドライバーなら、1.2Lエンジン版も悪くない。車重は約340kgも軽く、燃費は良好で、車両価格もずっとお手頃になる。

英国では一般的な会社からの貸与車両として乗る場合、プラグイン・ハイブリッドは現物給付税で有利になる。カタログ値の燃費が90.6km/L、CO2の排出量が23-24g/kmと優秀だからだ。

新世代へ一新したアストラはスタイリングが凛々しく、英国編集部での評価は高い。最近のオペルのデザインスタイルは、シャープで勢いがあると思う。それは、このスポーツツアラーにも通じる。

ステーションワゴンが集めていた支持は、SUVやクロスオーバーへ取って代わられた。それでも、スポーツツアラーの見た目は均整が取れハンサムだし、実用性もしっかり備わっている。

荷室の容量は、1.2Lエンジン版で597Lもあり、家庭用の洗濯機を倒して載せられるほど。開口部の位置はSUVより低く、重たい荷物も積みやすい。荷室の床面は分割して利用でき、テールゲートは電動で開閉する。

スポーツツアラーの全長は、ハッチバックのアストラから268mm伸ばされ、荷室容量へ貢献している。ホイールベースは57mm伸ばされ、リアシート側の空間にゆとりが生まれている。

リアシートの背もたれは40:20:40へ分割して折り畳め、荷室容量は最大1634Lまで拡大可能。外したトノカバーを仕舞える場所まで用意されている。

ゆとりある車内空間 モニターへ車載機能が集約

試乗したプラグイン・ハイブリッドの場合、荷室容量は516Lへ小さくなるものの、充電ケーブルを収納する場所がしっかり設けられている。リアシートを倒した容量は、1553Lとなる。

フロントシート側は広々としていて、居心地がいい。シートは大柄で、フラットな造形ながら人間工学的な不満はないだろう。

ダッシュボード上には、メーター用モニターと一体になったタッチモニターが据えられ、車載機能の多くが集約されている。従来的な、実際に押せるハードボタンで操作した方が、簡便なことは間違いない。エアコンの温度調整は、ボタンで行えるけれど。

センターコンソール上はスッキリしており、大きな小物入れが用意されている。その隙間に、ステランティス・グループの他ブランドでも見られるボタンが配される。

自然で扱いやすいハイブリッド・システム

実際に走らせた印象は、スタイリングほど記憶に残るものではないものの、至って滑らか。ストレスなく運転できる。

1.2Lターボエンジンを積むハッチバックのアストラは、かなり機敏ですばしっこい印象だが、重く長いプラグイン・ハイブリッドのスポーツツアラーには当てはまらない。車重が1717kgあり、約450kgも重いためだ。

ステアリングの反応はスムーズ。ハイブリッド・システムの反応は自然で扱いやすい。ただし、ブレーキペダルの反応には少し癖がある。狙い通りの減速感が得にくいように感じられた。

0-100km/h加速は7.7秒と鋭いが、静止状態からフルスロットルを与えると、フロントタイヤが耐えきれなくなる。また、現実的な環境では、数字ほどの鋭さを実感しにくいようでもあった。

乗り心地は全般的に良好。軽くない車重でも、路面の凹凸をしなやかにいなしていた。

プラグイン・ハイブリッドのアストラ・スポーツツアラーは、通常の1.2Lエンジン版より英国価格が8000ポンド(149万円)高い。現物給付税や充電環境を踏まえて、どちらがご自身の最適解か、ご検討された方が良いだろう。

純粋な走りの楽しさで選ぶなら、英国編集部は軽量な方をオススメしたい。

ヴォグゾール・アストラ 1.6プラグイン・ハイブリッド GSライン・スポーツツアラー(英国仕様)のスペック

英国価格:3万9315ポンド(約711万円)
全長:4642mm
全幅:1860mm
全高:1480mm
最高速度:225km/h
0-100km/h加速:7.7秒
燃費:90.6km/L
CO2排出量:23-24g/km
車両重量:1717kg
パワートレイン:直列4気筒1598ccターボチャージャー+電気モーター
使用燃料:ガソリン
駆動用バッテリー:12.4kWh
最高出力:180ps(システム総合)
最大トルク:36.5kg-m(システム総合)
ギアボックス:8速オートマティック

こんな記事も読まれています

F1エミリア・ロマーニャ決勝速報|フェルスタッペンが逃げ切り優勝! ノリス惜しくも届かず。角田裕毅は10位入賞
F1エミリア・ロマーニャ決勝速報|フェルスタッペンが逃げ切り優勝! ノリス惜しくも届かず。角田裕毅は10位入賞
motorsport.com 日本版
悪路のスーパーヒーロー ジープ・ラングラーへ試乗 ロックレールで側面衝突に対応 12.3型モニター獲得
悪路のスーパーヒーロー ジープ・ラングラーへ試乗 ロックレールで側面衝突に対応 12.3型モニター獲得
AUTOCAR JAPAN
なんちゃってセレブがアストンマーティン新型「ヴァンテージ」を砂ぼこり上げながらスペインで激走!?「打てば響くようなレスポンスだったわ~」
なんちゃってセレブがアストンマーティン新型「ヴァンテージ」を砂ぼこり上げながらスペインで激走!?「打てば響くようなレスポンスだったわ~」
Auto Messe Web
Juju、初サーキットでのトラブルで走行時間削られるも悲観せず「レース後半はチャンスがあるのかな」/SF第2戦
Juju、初サーキットでのトラブルで走行時間削られるも悲観せず「レース後半はチャンスがあるのかな」/SF第2戦
AUTOSPORT web
米ジャンクヤードで見つけた「廃車」 40選 後編 朽ちた名車の味わい
米ジャンクヤードで見つけた「廃車」 40選 後編 朽ちた名車の味わい
AUTOCAR JAPAN
ライバルに先を越され続けた5年間。スーパーフォーミュラ初優勝の牧野任祐が明かす苦悩「言い訳できない環境で勝てず、もどかしかった」
ライバルに先を越され続けた5年間。スーパーフォーミュラ初優勝の牧野任祐が明かす苦悩「言い訳できない環境で勝てず、もどかしかった」
motorsport.com 日本版
ランドローバー・ディスカバリーの2025年モデルの日本における予約受注がスタート
ランドローバー・ディスカバリーの2025年モデルの日本における予約受注がスタート
カー・アンド・ドライバー
米ジャンクヤードで見つけた「廃車」 40選 前編 朽ちた名車の味わい
米ジャンクヤードで見つけた「廃車」 40選 前編 朽ちた名車の味わい
AUTOCAR JAPAN
ベントレーの「V8」がハイブリッドで新設計! W12を上回る750馬力以上の「ウルトラ パフォーマンス ハイブリッド」に期待大
ベントレーの「V8」がハイブリッドで新設計! W12を上回る750馬力以上の「ウルトラ パフォーマンス ハイブリッド」に期待大
Auto Messe Web
リカルド、RB母国戦での予選Q3ダブル進出を喜ぶ「ユウキに比べて苦戦していたけど、僕も少し前進できた」
リカルド、RB母国戦での予選Q3ダブル進出を喜ぶ「ユウキに比べて苦戦していたけど、僕も少し前進できた」
motorsport.com 日本版
「主人公」のような高揚感 フォード・マスタング 289  中毒性あるV8の加速! 誕生60年をルート66で祝福(1)
「主人公」のような高揚感 フォード・マスタング 289  中毒性あるV8の加速! 誕生60年をルート66で祝福(1)
AUTOCAR JAPAN
「ポニーカー」では表現不足 フォード・マスタング 289  誕生60年をルート66で祝福(2) 夢のロードトリップ
「ポニーカー」では表現不足 フォード・マスタング 289  誕生60年をルート66で祝福(2) 夢のロードトリップ
AUTOCAR JAPAN
涙があふれ続けた……牧野任祐、SF初優勝でチェッカー直後から半周ずっと大号泣「多分、俺意外と泣くタイプの人間です(笑)」
涙があふれ続けた……牧野任祐、SF初優勝でチェッカー直後から半周ずっと大号泣「多分、俺意外と泣くタイプの人間です(笑)」
motorsport.com 日本版
それは超小型“軽トラ”? スズキの「新モビリティ」はめっちゃ仕事向け! トラックショーでアピール
それは超小型“軽トラ”? スズキの「新モビリティ」はめっちゃ仕事向け! トラックショーでアピール
乗りものニュース
日産が低CO2アルミニウム製部品の採用を開始! 2030年までにすべてを置き換え!? CO2排出量の大幅削減を目指す
日産が低CO2アルミニウム製部品の採用を開始! 2030年までにすべてを置き換え!? CO2排出量の大幅削減を目指す
くるまのニュース
岩佐歩夢「鈴鹿と違って朝からいい感触」。牧野と山本は「徐々に調子を上げられた」【SF第2戦予選会見】
岩佐歩夢「鈴鹿と違って朝からいい感触」。牧野と山本は「徐々に調子を上げられた」【SF第2戦予選会見】
AUTOSPORT web
角田「タイムを出すときはほぼ全コーナーでいい動きだった」マシンには一貫性があり、コースとの相性も問題なし/F1第7戦
角田「タイムを出すときはほぼ全コーナーでいい動きだった」マシンには一貫性があり、コースとの相性も問題なし/F1第7戦
AUTOSPORT web
アストンマーティン、F1エミリア・ロマーニャGPで大型アップデート投入もライバル追従には「不十分」とストロール語る
アストンマーティン、F1エミリア・ロマーニャGPで大型アップデート投入もライバル追従には「不十分」とストロール語る
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

2件
  • 今やオペル(ヴォグゾール)の親方となった
    ステランティスのご意向で、結局日本での展開が
    凍結されてしまいました。
    某隣国のBEVと比べたら、断然こっち選ぶんですがね…
    名門だけに残念です…
  • いいですね。欲しいよーって、日本で売ってんの?
    東邦さん、いすゞもヤナセも見切りつけたんじゃたない
    一時、キムタク主演のビューティフルライフでオペルビータがスマッシュヒットしたけど、今じゃジャニーズイメージもあって日本で販売するか心配。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

235.0320.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

44.044.0万円

中古車を検索
アストラの車買取相場を調べる

オペル アストラの中古車

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

235.0320.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

44.044.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村