現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【スクープ】V12がなくても800ps!メルセデスAMGの電動スーパーセダン、「S63e/S73e」最新プロトタイプをキャッチ!

ここから本文です
【スクープ】V12がなくても800ps!メルセデスAMGの電動スーパーセダン、「S63e/S73e」最新プロトタイプをキャッチ!
写真を全て見る(18枚)

2021年末に向けて発表される予定か?

メルセデスベンツは昨年、フラッグセダン『Sクラス』新型を発表したが、その頂点に君臨するハードコア、AMG『S63e』市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

【スクープ】ホンダ シビック新型、ハイパフォーマンスバージョンの「Si」はセダンにのみ設定か!?

同ブランドでは、新しい「S63e」、及び「S73e」というプラグインハイブリッドにより、Sクラスに2つのAMGバリアントを導入することを計画している。どちらも4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載、S63eでは最高出力700ps、S73eでは最高出力800psを超えるより強力な電気モーターが積まれる。

記事全文を読む

関連タグ

こんな記事も読まれています

埼玉南部の東西軸「完全4車線化」もうすぐ!? 「草加三郷線」拡幅工事の現状は ブツ切れ区間も解消!「足立区直結」の野望も!?
埼玉南部の東西軸「完全4車線化」もうすぐ!? 「草加三郷線」拡幅工事の現状は ブツ切れ区間も解消!「足立区直結」の野望も!?
くるまのニュース
5/25開催の「愛知カブミーティング」にスーパーカブグッズの CAMSHOP.JP が出展!
5/25開催の「愛知カブミーティング」にスーパーカブグッズの CAMSHOP.JP が出展!
バイクブロス
【MotoGP】ヤマハがカタルニアGPで新エアロパッケージを投入。苦戦仲間ホンダとのアプローチの違いが浮き彫り
【MotoGP】ヤマハがカタルニアGPで新エアロパッケージを投入。苦戦仲間ホンダとのアプローチの違いが浮き彫り
motorsport.com 日本版
「2年間の車線規制を解除します」 阪神高速「阿波座」前倒しの前倒しで実現!?  渋滞のガンついに除去
「2年間の車線規制を解除します」 阪神高速「阿波座」前倒しの前倒しで実現!? 渋滞のガンついに除去
乗りものニュース
打倒「新型フリード」!? トヨタが“新”「シエンタ」発表! 新カラー追加 & 装備充実化し発売! 反響の声は?
打倒「新型フリード」!? トヨタが“新”「シエンタ」発表! 新カラー追加 & 装備充実化し発売! 反響の声は?
くるまのニュース
ウイリアムズF1、モナコ用スペシャルカラーのFW46を発表。スポンサーのキャラクター、デュラセル・バニーをフィーチャー
ウイリアムズF1、モナコ用スペシャルカラーのFW46を発表。スポンサーのキャラクター、デュラセル・バニーをフィーチャー
AUTOSPORT web
「ランボルギーニBMW」といわれた「M1」がたったの5750万円!? 安い理由はグレーな来歴のせいでした
「ランボルギーニBMW」といわれた「M1」がたったの5750万円!? 安い理由はグレーな来歴のせいでした
Auto Messe Web
電動バイク/電動アシスト自転車をスマートに切り替える「ENNE F750」のナンバープレート回転システムを公開
電動バイク/電動アシスト自転車をスマートに切り替える「ENNE F750」のナンバープレート回転システムを公開
バイクブロス
レッドブル、モナコにハイダウンフォース仕様のリヤウイングを投入。迫るライバルとの戦いに万全を期す
レッドブル、モナコにハイダウンフォース仕様のリヤウイングを投入。迫るライバルとの戦いに万全を期す
motorsport.com 日本版
運転が好きになる小型車「スズキ スイフト」
運転が好きになる小型車「スズキ スイフト」
AutoBild Japan
トヨタ・シエンタを一部改良 外装色追加と人気オプションをグレード毎に標準装備へ
トヨタ・シエンタを一部改良 外装色追加と人気オプションをグレード毎に標準装備へ
AUTOCAR JAPAN
耐久性と航続距離を向上させた「液体水素GRカローラ」がS耐富士24時間レースに挑戦!
耐久性と航続距離を向上させた「液体水素GRカローラ」がS耐富士24時間レースに挑戦!
月刊自家用車WEB
マツダが“新”「軽トラック」発売! 5速MT+“LSD付き”4WDも設定! めちゃ機能向上した「新スクラムトラック」 約106万円から
マツダが“新”「軽トラック」発売! 5速MT+“LSD付き”4WDも設定! めちゃ機能向上した「新スクラムトラック」 約106万円から
くるまのニュース
トヨタとポルシェだけじゃない。前年覇者フェラーリ、2024年のル・マンは三つ巴以上の争いになると予想
トヨタとポルシェだけじゃない。前年覇者フェラーリ、2024年のル・マンは三つ巴以上の争いになると予想
AUTOSPORT web
バイク処分の困りごと第一位は「どの業者に回収してもらえばいいのか分からない」株式会社 NEXER がアンケート結果を公開
バイク処分の困りごと第一位は「どの業者に回収してもらえばいいのか分からない」株式会社 NEXER がアンケート結果を公開
バイクブロス
〈人テク展2024横浜〉廃棄ココナッツ殻を自動車の内装品に ミドリオートレザーの「コイアーレ」
〈人テク展2024横浜〉廃棄ココナッツ殻を自動車の内装品に ミドリオートレザーの「コイアーレ」
日刊自動車新聞
チームメイトとして君が必要だ! フェルスタッペンが角田裕毅をル・マンに熱烈お誘い「体重が軽い方が有利だからね!」
チームメイトとして君が必要だ! フェルスタッペンが角田裕毅をル・マンに熱烈お誘い「体重が軽い方が有利だからね!」
motorsport.com 日本版
歴代モデル最強! “超豪華2ドアクーペ”が新「V8ハイブリッド」搭載で進化! 新型「コンチネンタルGT」2024年6月発表へ
歴代モデル最強! “超豪華2ドアクーペ”が新「V8ハイブリッド」搭載で進化! 新型「コンチネンタルGT」2024年6月発表へ
くるまのニュース

みんなのコメント

5件
  • 時代の流れとは言え、多気筒エンジンが亡くなっていくのは寂しいなあ。
  • そうかぁ!
    メルセデスもV12を棄てるのかぁ。
    じゃあ、高級車路線から撤退して低価格な車作りのメーカーに変わる!って言う意味に採れる訳で、日本のメルセデスフリークの皆さんは、それでもヤナセに慣らされてるから、同意するしか無いんだろうなぁ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1518.02233.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

48.01930.0万円

中古車を検索
Sクラスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1518.02233.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

48.01930.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村