現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アイオニック5にカップカー登場 Nフェスティバルを前に披露 「アイオニック5N eN1カップカー」

ここから本文です

アイオニック5にカップカー登場 Nフェスティバルを前に披露 「アイオニック5N eN1カップカー」

掲載 1
アイオニック5にカップカー登場 Nフェスティバルを前に披露 「アイオニック5N eN1カップカー」

アイオニック5N eN1カップカー

ヒョンデは、まもなく開催されるモータースポーツイベント「ヒョンデNフェスティバル」の参加チーム公式練習ラウンドにおいて「アイオニック5N eN1カップカー」を発表した。

【画像】ヒョンデ・アイオニック5N eN1カップカーの写真とアイオニック5の画像をみる 全64枚

この電動レーシングカーは数々の賞に輝いたEVであるアイオニック5Nをベースにしており、持続可能なレースにおける新時代の幕開けを告げるものになっていると同社は語る。

ヒョンデ・モーターカンパニーのNブランド・モータースポーツ事業部責任者 常務ティル・ヴァーテンベルグ

「持続可能なレースへの当社のコミットメントの証であるアイオニック5N eN1カップカーを発表できたことをとても誇りに思います。この独自の電動レーシングカーは、レーストラックにおけるEVの限界を押し広げることに当社が熱心に取り組み、最先端技術の開発を行っていることの表れです」と述べた。

アイオニック5N eN1カップカーのパワーエレクトロニクス(PE)システムは量産型のアイオニック5Nと同じだが、このシステムにはアイオニック5よりも強力なパワートレインと大容量のバッテリーが搭載されている。

アイオニック5Nは、Nブランド初の高性能EVで、力強い加速と最高出力650psの高出力、そしてサーキットでの激しい走行に耐えうる高い耐久性を兼ね備え、ヒョンデ・モーターのE-GMP(エレクトリック・グローバル・モジュラー・プラットホーム)や堅牢なバッテリー熱管理システム、強力な回生ブレーキシステムといった最先端技術を採用していると付け加える。

すでにN1クラスで使用されている「エラントラ」(韓国での名称は「アバンテ」)と同様に、アイオニック5N eN1カップカーは、N1クラスに参戦するプロドライバー向けのトップクラスレーシングカーで、スリックタイヤを採用することでサーキット性能を向上している。

今年から新たに導入されるeN1クラスは「オープンレギュレーション」のもとで運営されるため、1社だけでなくさまざまなメーカーのタイヤで競い合うことが可能となった。

アイオニック5N eN1カップカーの詳細は?

アイオニック5N eN1カップカーは、ボディキットもリデザインされている。オーバーフェンダーを低くワイドにし、ハンドリング改善のためにホイールの軌道を広くし、フロントリップとリアウィングからのダウンフォースを増やし、さらに空力性能を向上したという。

また、不要な部品を外して基本重量を減らし、鍛造ホイールやFRPボンネット、ポリカーボネートウィンドウを採用することで、軽量化を実現。

観客は、NGBオーバーブースト、バーチャルシフト(Ne-シフト)、差別化・増幅された NAS+(Nアクティブサウンド)によるエキサイティングなサウンドを楽しむことができ、各レースチームは独自のサウンドを生み出すことが可能だという。

安全対策強化のため、ロールケージ/レーシングバケットシート/シートベルトといった安全な走行に欠かせないパーツが装備されており、また電気火災専用の消火器/窒息消火設備の設置/充電ポート位置の変更などさらなる安全対策により、EVレースにおいて最高レベルの安全性を保証すると強調している。

アイオニック5N eN1カップカーの詳細

PEシステムアイオニック5N製品仕様のPEシステムに含まれているもの
-モーター:フロント226PS/リア383ps(合計:650ps)
-バッテリー:84.0kWh
-インバーター:2レベルSiCインバーター

充電システムアイオニック5N製品仕様のPEシステムに含まれているもの
-800V/400Vのマルチ充電システム
-最高充電速度:350kW
-充電時間:10~80% 18分(最適な条件下)

サスペンション調整可能な2レベルダンパー車高とキャンバーは調整可能

ブレーキ鍛造キャリパー(フロント6POT/リア4POT)

タイヤとホイール18インチ・モータースポーツスリックタイヤ/18インチ11J鍛造ホイール

エクステリア高いダウンフォースを生じさせるモータースポーツ・エアロキットとワイドフェンダー

安全性FIA規則標準の多点溶接ロールケージ/バケットシート/6P安全ベルト/高圧遮断装置/高圧警告インジケーター/窒息消火設備/位置が変更された充電ポート

総重量およそ1970Kg

アイオニック5NテクノロジーNe-シフト/Nアクティブサウンド+(強化)/Nグリン・ブースト/Nバッテリープレコンディショニング

こんな記事も読まれています

“ランエボ”がお手本!? “不評の電気自動車”がついに「エンジン車顔負けの走り」を実現! ヒョンデの高性能BEV「アイオニック5 N」驚きの実力とは
“ランエボ”がお手本!? “不評の電気自動車”がついに「エンジン車顔負けの走り」を実現! ヒョンデの高性能BEV「アイオニック5 N」驚きの実力とは
VAGUE
「ゲレンデ」にも電気の時代が来た! メルセデス・ベンツGクラス G 580へ試乗 破壊的に速い4モーター
「ゲレンデ」にも電気の時代が来た! メルセデス・ベンツGクラス G 580へ試乗 破壊的に速い4モーター
AUTOCAR JAPAN
【5月28日を待たれよ】 ハイブリッドドライブ搭載ポルシェ911 いよいよワールドプレミアへ
【5月28日を待たれよ】 ハイブリッドドライブ搭載ポルシェ911 いよいよワールドプレミアへ
AUTOCAR JAPAN
スポーティな新クロスオーバー登場 キア「EV6」航続距離延長 改良実施
スポーティな新クロスオーバー登場 キア「EV6」航続距離延長 改良実施
AUTOCAR JAPAN
ツインターボ+電動スーチャー+ISG! メルセデスAMG CLE 53 クーペへ試乗 速度重視から快適重視まで
ツインターボ+電動スーチャー+ISG! メルセデスAMG CLE 53 クーペへ試乗 速度重視から快適重視まで
AUTOCAR JAPAN
最高峰の「エンターテイナー」 アストン マーティン・ヴァンテージへ試乗 大アップデートで665psへ
最高峰の「エンターテイナー」 アストン マーティン・ヴァンテージへ試乗 大アップデートで665psへ
AUTOCAR JAPAN
ジャガーFペイス MY25モデルと「90thアニバーサリー・エディション」追加 ディーゼルとガソリン
ジャガーFペイス MY25モデルと「90thアニバーサリー・エディション」追加 ディーゼルとガソリン
AUTOCAR JAPAN
BMW新型「M4 CS」欧州登場 M4の高性能バージョンは20馬力アップの550馬力で最高時速302km!
BMW新型「M4 CS」欧州登場 M4の高性能バージョンは20馬力アップの550馬力で最高時速302km!
VAGUE
ジープ・アヴェンジャー 詳細データテスト 低重心ゆえの良好な操縦性 日常的な乗り心地には注文あり
ジープ・アヴェンジャー 詳細データテスト 低重心ゆえの良好な操縦性 日常的な乗り心地には注文あり
AUTOCAR JAPAN
”熟成のW12か、最新V8ハイブリッドか” ベントレー次期主力エンジン発表 新車W12も残りわずか
”熟成のW12か、最新V8ハイブリッドか” ベントレー次期主力エンジン発表 新車W12も残りわずか
AUTOCAR JAPAN
インディカーの新型パワーユニット導入は7月。第9戦ミド・オハイオからハイブリッド時代へ
インディカーの新型パワーユニット導入は7月。第9戦ミド・オハイオからハイブリッド時代へ
AUTOSPORT web
悪路のスーパーヒーロー ジープ・ラングラーへ試乗 ロックレールで側面衝突に対応 12.3型モニター獲得
悪路のスーパーヒーロー ジープ・ラングラーへ試乗 ロックレールで側面衝突に対応 12.3型モニター獲得
AUTOCAR JAPAN
2500勝した伝説のマシン誕生から100周年! 創始者エットーレがブガッティ「タイプ35」にかけた情熱は現代のアトリエに受け継がれていました
2500勝した伝説のマシン誕生から100周年! 創始者エットーレがブガッティ「タイプ35」にかけた情熱は現代のアトリエに受け継がれていました
Auto Messe Web
ランボルギーニ「ウラカン」が登場から10年! V10自然吸気エンジンにこだわって進化した歴代モデルを8台を紹介します
ランボルギーニ「ウラカン」が登場から10年! V10自然吸気エンジンにこだわって進化した歴代モデルを8台を紹介します
Auto Messe Web
ロータス EVのスーパーSUV「ELETRE」(エレトレ)最新スペックと価格を発表
ロータス EVのスーパーSUV「ELETRE」(エレトレ)最新スペックと価格を発表
Auto Prove
ついにアメリカオープンホイールの新時代に! インディカー、7月のミッドオハイオ戦でハイブリッドシステムを正式導入
ついにアメリカオープンホイールの新時代に! インディカー、7月のミッドオハイオ戦でハイブリッドシステムを正式導入
motorsport.com 日本版
もっと燃費が良ければ理想的! マツダMX-30 R-EV 長期テスト(2) パワージェネレーターが故障
もっと燃費が良ければ理想的! マツダMX-30 R-EV 長期テスト(2) パワージェネレーターが故障
AUTOCAR JAPAN
最強「V8エンジン」の爆音が轟く! 670馬力の新型「FRスポーツカー」実車公開に驚きの声! ツインターボ搭載の爆速「シックスパック」にも期待大!
最強「V8エンジン」の爆音が轟く! 670馬力の新型「FRスポーツカー」実車公開に驚きの声! ツインターボ搭載の爆速「シックスパック」にも期待大!
くるまのニュース

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

479.0619.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

328.0445.0万円

中古車を検索
アイオニック5の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

479.0619.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

328.0445.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村