現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 新型アウディRS3がニュルブルクリンクのクラス最速モデルに。7分40秒748をマーク

ここから本文です

新型アウディRS3がニュルブルクリンクのクラス最速モデルに。7分40秒748をマーク

掲載 更新 3
新型アウディRS3がニュルブルクリンクのクラス最速モデルに。7分40秒748をマーク

 8月3日、アウディは同ブランドの新型スポーツセダン『アウディRS3』がドイツ、ニュルブルクリンクの北コース“ノルドシュライフェ”において7分40秒748というタイムを記録し、コンパクトセグメントのラップレコードを更新したと発表した。

“グリーンヘル(緑の地獄)”とも称される有名なトラックの新たなレコードホルダーとなったRS3セダンは、アウディのコンパクトセダン『A3』の頂点に君臨する高性能モデル。その心臓部には最高出力294kW(約400PS)を発するアウディ伝統の5気筒エンジンが搭載されている。

400PSの直列5気筒ターボにRSトルクスプリッター搭載。TCRベース車『アウディRS3』が本国発表

 1-2-4-5-3という独自の点火順序が採用されている2.5リットル直噴ターボエンジンによって生み出されるモデル史上最高のパワーは、7速デュアルクラッチトランスミッションによって路面に伝達される。その動力性能は0-100km/h加速3.8秒、最高速度は290km/hに達する(RSダイナミックパッケージとセラミックブレーキ装着時)。

 また、新型RS3で俊敏性を最大限に高めるトルクスプリッターが装備されたことも特徴のひとつだ。これは左右のリヤホイール間で、駆動トルクを完全に可変配分することができる新しい技術で、スポーツ走行時にコーナー外側の後輪のトルクを増加させることで左右駆動輪に推進力の差を設け、コーナーリング中の挙動を安定させるとともにステアリング操舵角に対する追随性を高めるもの。

 アウディの量産モデルではRS3に初めて採用されたトルクスプリッターの特性は、アウディ・ドライブセレクト・ダイナミックハンドリングシステムを介して、用途や路面状況、ドライバーの好みに応じ、さまざまなモードに変更することが可能となっている。

 さらに、新開発されたRSパフォーマンス・ドライビングモードと組み合わせることで、アンダーステアおよびオーバーステアを最小限に抑え、ドライバーが狙った走行ラインに沿ったダイナミックでスポーティな走りを実現する。

 今回、アウディスポーツ・レーシングドライバー兼開発ドライバーのフランク・スティップラーによって実施されたタイムアタックにおいても、このトルクスプリッターは新記録樹立に大きく貢献。

 従来のラップタイムレコードを4秒64上回った新型RS3の開発チームがタイム計測前に行った作業は、ピレリのセミスリックタイヤ『P ZeroトロフェオR』の空気圧をサーキットコンディションに合わせて調整しただけだった。

■新記録を樹立できると「確信していた」

 そのなかで7分40秒748というレコードタイムをマークしたスティップラーは、「いつでもこのような記録を出せるチャンスがあるわけではない。だからこそ、走行前につねにファインチューニングを実施する必要があるんだ」とコメント。

 彼は「とくにタイヤ空気圧に関しては、トルクスプリッターの機能にも影響を及ぼす」と述べ、「僕たちのアプローチは成功した。この日はすべてがうまくいった」と続けている。

 アウディRS3テクニカルプロジェクトリーダーのマーヴィン・シュウェッターは、レコードタイムが掲示板に表示されたのち、次のように語った。

「チーム全員を大変誇りに思うよ! 誰もがこの日のために、懸命に作業を続けてきた」

「私たちが開発を始めたとき、このコンパクトスポーツカーがニュルブルクリンク北コースで実際にどの程度のタイムを出せるのか、まったく分からなかった」

「しかし、耐久テストの過程で私たちのクルマは素晴らしいタイムを出しており、新記録を樹立できると確信していた」

こんな記事も読まれています

ビニャーレスが完全勝利。ポール・トゥ・ウインでスプリントを制す/第3戦アメリカズGP
ビニャーレスが完全勝利。ポール・トゥ・ウインでスプリントを制す/第3戦アメリカズGP
AUTOSPORT web
スバル アウトバック 2025年型に日本にはない「ウィルダネス」設定
スバル アウトバック 2025年型に日本にはない「ウィルダネス」設定
レスポンス
【MotoGP】マルケス、アメリカズ決勝の転倒は「予想外のブレーキトラブル」が原因。競争力には自信あったと語る
【MotoGP】マルケス、アメリカズ決勝の転倒は「予想外のブレーキトラブル」が原因。競争力には自信あったと語る
motorsport.com 日本版
高速代が「安くなる」のに「ETC 2.0」なぜ普及しない? 「普通のETC」よりメリットあっても“恩恵”感じない人が多いワケ
高速代が「安くなる」のに「ETC 2.0」なぜ普及しない? 「普通のETC」よりメリットあっても“恩恵”感じない人が多いワケ
くるまのニュース
名前を知ってる? 教習所で使われる謎の人形
名前を知ってる? 教習所で使われる謎の人形
バイクのニュース
日産ローランド、最終周の電欠はラップカウンターの誤作動が原因?「僕は作戦通りに走っていた」|フォーミュラEミサノE-Prix
日産ローランド、最終周の電欠はラップカウンターの誤作動が原因?「僕は作戦通りに走っていた」|フォーミュラEミサノE-Prix
motorsport.com 日本版
機能的チューニングブランド「モデューロ」、30周年を迎えさらなる走りの高みへ
機能的チューニングブランド「モデューロ」、30周年を迎えさらなる走りの高みへ
レスポンス
【魅力あるクルマたち】世界のクルマ好きを魅了するマツダ・ロードスターの心踊るオープンフィール
【魅力あるクルマたち】世界のクルマ好きを魅了するマツダ・ロードスターの心踊るオープンフィール
カー・アンド・ドライバー
三菱「新型SUVミニバン」実車登場! ゴツ黒グリル&野生グリーンがカッコイイ! 最上級の「エクスパンダークロス」比で出現
三菱「新型SUVミニバン」実車登場! ゴツ黒グリル&野生グリーンがカッコイイ! 最上級の「エクスパンダークロス」比で出現
くるまのニュース
日本車王国タイのモーターショー会場は中国ブランドが台頭! それでも「日本メーカーの優位」が揺るがないワケ
日本車王国タイのモーターショー会場は中国ブランドが台頭! それでも「日本メーカーの優位」が揺るがないワケ
WEB CARTOP
環境省、2022年度の運輸部門CO2排出量は3.9%増 経済活動再開の影響で
環境省、2022年度の運輸部門CO2排出量は3.9%増 経済活動再開の影響で
日刊自動車新聞
メルセデス・ベンツ新型電動GクラスはEQGと呼ばれない・・・ 果たしてそのモデル名は?
メルセデス・ベンツ新型電動GクラスはEQGと呼ばれない・・・ 果たしてそのモデル名は?
AutoBild Japan
【MotoGP】偉業達成ビニャーレス「ここまで来るのは大変だった。言葉が出ないよ」と涙。3メーカー優勝に感無量|アメリカズGP決勝
【MotoGP】偉業達成ビニャーレス「ここまで来るのは大変だった。言葉が出ないよ」と涙。3メーカー優勝に感無量|アメリカズGP決勝
motorsport.com 日本版
アンダー300万円のトヨタ「小さな高級車」発売中! 280馬力&5速MTの「コンパクトFRセダン」 見た目以上に凄いヤツとは
アンダー300万円のトヨタ「小さな高級車」発売中! 280馬力&5速MTの「コンパクトFRセダン」 見た目以上に凄いヤツとは
くるまのニュース
自動車学校がバイク試乗会、6ブランドが集合 4月21日に佐賀県佐賀市で開催
自動車学校がバイク試乗会、6ブランドが集合 4月21日に佐賀県佐賀市で開催
レスポンス
「シフトレバーにレジ袋」“ゴミ箱代わり”に使うのNG! クルマの誤操作の原因に!? 一体何がダメなのか?
「シフトレバーにレジ袋」“ゴミ箱代わり”に使うのNG! クルマの誤操作の原因に!? 一体何がダメなのか?
くるまのニュース
スズキ「V-Strome250」 シリーズエントリーモデルの2024年型を発売
スズキ「V-Strome250」 シリーズエントリーモデルの2024年型を発売
バイクのニュース
メルセデス代表、フェルスタッペンに早くも白旗。しかしレッドブルのホーナー代表気にせず「彼の言うことを真に受けちゃいけないと知ってる」
メルセデス代表、フェルスタッペンに早くも白旗。しかしレッドブルのホーナー代表気にせず「彼の言うことを真に受けちゃいけないと知ってる」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

3件
  • コンパクトカークラスの規定範囲内で出したタイムだから凄いんじゃないの。
  • なんかFFじゃないからとかクラスが違うとか言って認めない奴いるけどただ単にアウディが気に入らないだけだろW
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

847.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

438.0966.0万円

中古車を検索
RS3(セダン)の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

847.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

438.0966.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村