現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > “マッチ”こと近藤真彦氏がスーパー耐久参戦、レースの楽しみを改めて実感…モリゾウ選手の速さには「驚いた」

ここから本文です

“マッチ”こと近藤真彦氏がスーパー耐久参戦、レースの楽しみを改めて実感…モリゾウ選手の速さには「驚いた」

掲載 1
“マッチ”こと近藤真彦氏がスーパー耐久参戦、レースの楽しみを改めて実感…モリゾウ選手の速さには「驚いた」

「ENEOS スーパー耐久シリーズ 2024 Empowered by BRIDGESTONE 第2戦 NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース」(スーパー耐久)開催中の富士スピードウェイにて5月25日、KONDO Racingの監督で歌手の近藤真彦氏が会見を行った。

今回近藤氏は、モリゾウこと豊田章男氏が代表を務めるROOKIE Racing「GR Corolla H2 concept」(水素カローラ)のドライバーとして参戦。実に16年ぶりのレーシングドライバー復帰となる。

トヨタ、液体水素エンジンGRカローラでスーパー耐久富士24時間レースに参戦へ

決勝を前にした今の気持ちを問われると「もうワクワクしかないというか。いい歳してなんでまたレースやってるのかな、もうやめればいいじゃんとか思ったんですけど、やっぱり一番の醍醐味はヘルメットかぶってハンドルを持ってサーキットを走ることなんだって改めて感じました」と回答。2008年以来チーム監督としてSUPER GTやスーパーフォーミュラに参戦したり、オーガナイズする側に回ったりといった活動に専念してきたが、久々にマシンを駆る楽しみを味わったようだ。

モリゾウ氏とモータースポーツ全体のこれからについて話をしているうちに決まったという参戦の話。「『去年(トヨタの)中嶋一貴が日産の車に乗ったから、今年はマッチがうちのチームで乗ってもおかしくないんじゃないか』って話になりまして、日産の方にも相談したら、いいイベントなのでぜひ盛り上げてきてくださいという、ありがたいお言葉をいただきました」という。日産のレーシングスーツで出たいという話も「当たり前だよマッチなんだから、日産なんだから」と快諾され、「両メーカーのこのレースに対する盛り上げたい気持ちがすごく伝わってきて、本当日産さん、章男さんに感謝しております」とのことだ。

水素カローラについては、パワーや音に期待していなかった、車重が重いのでバランス面でも心配だったというが、実際に乗ってみると「言われなかったらわからないくらい、ガソリンエンジンに匹敵するくらいの完成度。バランスも素晴らしい。もう皆さん相当ご苦労なさってここまでたどり着いたのかなと。で、今回のこの24時間でまた新たなデータを取って来年再来年に向けては、もっと素晴らしい水素エンジンの車ができるんじゃないかと期待しております」とその印象を語った。

参戦するにあたって、モリゾウ氏が世間にアピールしているカーボンニュートラル、水素の取り組みを「僕が一緒にやることによって少しでも多くの人に宣伝できれば」というのが一番の目的だったそうだ。カーボンニュートラルについては「僕は色々な物もあっていいと思ってるんですね。ハイブリッドもあれば電気自動車もあればガソリン自動車も。ガソリン自動車は、僕は絶対なくなってほしくないと思っている方なんで。これが嫌でこれが良いっていうのはなくて、色んなものが出てくるだろうし、色々研究してるんじゃないかなと思っています。僕自身は今スーパーフォーミュラで燃料について色々やってますけども*、僕らが生きてる間にどうのこうのっていう結果は絶対出ないので、種を蒔いて次世代につなげるっていうところが一番大事じゃないかな」と、日本レースプロモーション(JRP)会長の立場も踏まえて話した。
*スーパーフォーミュラにおいてカーボンニュートラル燃料の導入が検討されている

予選の結果は、モリゾウ選手 2:01.401、佐々木雅弘選手 1:59.070、石浦宏明選手 1:59.587、小倉康宏選手 2:01.823、近藤雅彦選手 2:02.919、ヤリ=マティ・ラトバラ選手 2:01.080とハイレベルな闘い。「ST-Qクラスということで、ライバルは(クラス内に)実は誰もいないんですよね。いるのはチーム内で、いかに速く走るか、とモリゾウさんにみんな煽られてですね、俺より速く走れるかっていうことでみんなモリゾウさんのタイムを目指して頑張ってます。僕、このROOKIEのチームに参加したのは今年初めてで、さすがにトヨタの会長ですから素晴らしく速いっていうことをずっと言い続けてる周りの人がいて。何か忖度してるんだと思ってたんですけども、ぶっちゃけ本当速いんですよ! 本当に驚きました。乗ることにすごく興味があって、勉強熱心で。このレース中にあのタイムに追いつくかどうか、ちょっとわからない、コンマ何秒かまだ負けてますんで(笑)。まあ何とか追いつくようにしたいと思います」と意気込みを語った。

スーパー耐久富士24時間の決勝レースは26日15時にフィニッシュを迎える。

こんな記事も読まれています

北米初上陸、ゲスト多数の「クレイジーな週末」はビョーク先勝でリンク&コーが連勝/TCRワールドツアー第3戦
北米初上陸、ゲスト多数の「クレイジーな週末」はビョーク先勝でリンク&コーが連勝/TCRワールドツアー第3戦
AUTOSPORT web
マツダ新型「“FR”高級セダン」実車公開! “4連テール”が超カッコイイ「次期 MAZDA6」!? 美麗ボディ×豪華内装の新型「EZ-6」重慶に登場
マツダ新型「“FR”高級セダン」実車公開! “4連テール”が超カッコイイ「次期 MAZDA6」!? 美麗ボディ×豪華内装の新型「EZ-6」重慶に登場
くるまのニュース
2人仕様のパーフェクトなキャンピングカーはこれだ! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
2人仕様のパーフェクトなキャンピングカーはこれだ! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
モーターの動力性能に余裕アリ!! [アクア]は滑らかで乗り心地もいい!乗ってわかる意外な欠点とは?
モーターの動力性能に余裕アリ!! [アクア]は滑らかで乗り心地もいい!乗ってわかる意外な欠点とは?
ベストカーWeb
【MUTT】が「DRK-01」を新規導入!「買いたい!買える!60万円台から!」ビンテージカスタムの最新型だ!  
【MUTT】が「DRK-01」を新規導入!「買いたい!買える!60万円台から!」ビンテージカスタムの最新型だ!  
モーサイ
DSオートモビルの特別仕様車シリーズ第三弾!「DS9エスプリ・ド・ボヤージュ イーテンス」発売!
DSオートモビルの特別仕様車シリーズ第三弾!「DS9エスプリ・ド・ボヤージュ イーテンス」発売!
LE VOLANT CARSMEET WEB
【MotoGP】エスパルガロ、マルティンはアプリリアでチャンピオンになれると確信「全財産を賭けたって良い」
【MotoGP】エスパルガロ、マルティンはアプリリアでチャンピオンになれると確信「全財産を賭けたって良い」
motorsport.com 日本版
2030年に保有全車のZEV化を目指すMKタクシーに新車種追加! 9車種目のZEVはコレだ!
2030年に保有全車のZEV化を目指すMKタクシーに新車種追加! 9車種目のZEVはコレだ!
THE EV TIMES
高さわずか150cm!? 港区の再開発で消滅寸前「天井低すぎトンネル」最後の姿とは 首曲げないと歩けない!?「タクシー殺しのガード」は今どうなっているのか
高さわずか150cm!? 港区の再開発で消滅寸前「天井低すぎトンネル」最後の姿とは 首曲げないと歩けない!?「タクシー殺しのガード」は今どうなっているのか
くるまのニュース
「秋名山」対決を制したのはトヨタかジーリーか? 豆腐の崩れ方に疑義アリ!
「秋名山」対決を制したのはトヨタかジーリーか? 豆腐の崩れ方に疑義アリ!
AUTOCAR JAPAN
ヤマハ発動機とJAF、電動小型低速モビリティ認知拡大へ「スマートシティ推進EXPO」共同出展 
ヤマハ発動機とJAF、電動小型低速モビリティ認知拡大へ「スマートシティ推進EXPO」共同出展 
レスポンス
【ホンダ N-VAN e:】日本統括部長「我々のプレゼンスを一気に高めていきたい」
【ホンダ N-VAN e:】日本統括部長「我々のプレゼンスを一気に高めていきたい」
レスポンス
惜しまれつつもアリヴェデルチ!アバルト「F595」「695」生産終了につき、特別キャンページを実施!
惜しまれつつもアリヴェデルチ!アバルト「F595」「695」生産終了につき、特別キャンページを実施!
LE VOLANT CARSMEET WEB
ついに出る!ホンダ「N-VAN」のEV 個人ニーズめちゃ意識!? 大胆ツートンも “日本向けEV戦略”ここから始まる!
ついに出る!ホンダ「N-VAN」のEV 個人ニーズめちゃ意識!? 大胆ツートンも “日本向けEV戦略”ここから始まる!
乗りものニュース
ダイハツの「4人乗り“軽トラ”SUV」実車公開! オシャベージュボディ×黒顔が超カッコイイ! 車高もアゲな「アトレーデッキバン」登場
ダイハツの「4人乗り“軽トラ”SUV」実車公開! オシャベージュボディ×黒顔が超カッコイイ! 車高もアゲな「アトレーデッキバン」登場
くるまのニュース
2億5500万円は極めて順当。メルセデス・ベンツ「300SL」はどうしてガルウイングにせざるを得なかったのでしょうか
2億5500万円は極めて順当。メルセデス・ベンツ「300SL」はどうしてガルウイングにせざるを得なかったのでしょうか
Auto Messe Web
GB350用のクラシカルなシート「SLENDER for GB350」が GOODSEAT から7月発売!
GB350用のクラシカルなシート「SLENDER for GB350」が GOODSEAT から7月発売!
バイクブロス
【ニューモデル情報】ミュンヘン製コンパクトモデル 新型BMW 1シリーズが次のラウンドへ
【ニューモデル情報】ミュンヘン製コンパクトモデル 新型BMW 1シリーズが次のラウンドへ
AutoBild Japan

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

202.9251.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

35.0500.0万円

中古車を検索
カローラの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

202.9251.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

35.0500.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村