現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 日産『セレナ オーテック』特別仕様、マルチベッドシステムで機能性と快適性を両立…東京オートサロン2024

ここから本文です

日産『セレナ オーテック』特別仕様、マルチベッドシステムで機能性と快適性を両立…東京オートサロン2024

掲載 2
日産『セレナ オーテック』特別仕様、マルチベッドシステムで機能性と快適性を両立…東京オートサロン2024

日産自動車と、日産モータースポーツ&カスタマイズは、1月14日まで開催された「東京オートサロン2024」に出展。

『AUTECH』ブランドから「セレナ」をベースにした『SERENA AUTECH SPORTS SPEC CONCEPT』を展示。このコンセプトモデルは、街乗りからロングドライブまで、シーンに応じたリニアで楽しいスポーティさと、余裕や安定感のある走りを実現することを目指した。さらにマルチベッドシステムが搭載し、機能性と快適性を兼ね備える。

BMW初のEVワゴン『i5ツーリング』、最強「M60」は601馬力ツインモーター搭載

「SERENA AUTECH SPORTS SPEC CONCEPT」は、マルチベッドシステムにより、セカンドシートを寝かし、ベッドマットを展開することで、大人2名がゆったり横になれるスペースを確保。ベッドマットはシート同様に防水性に優れ、水や汚れも拭き取りやすい生地を採用。ベッド下のフロアはタフな硬質塩ビマット張りで、水濡れや泥汚れなどの掃除も容易だ。またベッドを取り外せば、大きなラゲッジルームにキャンプ道具などを搭載可能。ベッドの収納はセカンドシート後ろのベッドマットに前側の2枚を重ねベルトで固定する。

関連タグ

こんな記事も読まれています

中国重視:VWがコンセプトカーを4月24日に発表
中国重視:VWがコンセプトカーを4月24日に発表
レスポンス
大迫力の新デザイン採用! 高級感&スポーティ性アップ、アウディ改良新型「A3」 約585万円から欧州発売
大迫力の新デザイン採用! 高級感&スポーティ性アップ、アウディ改良新型「A3」 約585万円から欧州発売
AUTOCAR JAPAN
レトロだけど今っぽい!? スズキ「エブリイ」に天然木材をふんだんに使ったオシャレ軽バン「FAFエブラー」とは
レトロだけど今っぽい!? スズキ「エブリイ」に天然木材をふんだんに使ったオシャレ軽バン「FAFエブラー」とは
Auto Messe Web
豊田合成、深紫外線LEDモジュールで200mW級の光出力を実現
豊田合成、深紫外線LEDモジュールで200mW級の光出力を実現
日刊自動車新聞
高齢ドライバーと「危険運転」同一視は差別的で誤り、日本老年学会が提言[新聞ウォッチ]
高齢ドライバーと「危険運転」同一視は差別的で誤り、日本老年学会が提言[新聞ウォッチ]
レスポンス
「車検通ってるのに…」 でも「整備不良」になることも? SNSで話題の改造トラブル、なぜ? NGとなる理由とは
「車検通ってるのに…」 でも「整備不良」になることも? SNSで話題の改造トラブル、なぜ? NGとなる理由とは
くるまのニュース
2ストロークエンジン車は、なぜあまり見かけなくなったのか?
2ストロークエンジン車は、なぜあまり見かけなくなったのか?
バイクのニュース
高速道路SA・PAでEV充電器大幅増設、2025年度末には充電口数1100へ
高速道路SA・PAでEV充電器大幅増設、2025年度末には充電口数1100へ
レスポンス
今がメルセデスの限界なのか? ラッセル「基本に立ち返って、マシン開発とダウンフォース増加に注力すべき」
今がメルセデスの限界なのか? ラッセル「基本に立ち返って、マシン開発とダウンフォース増加に注力すべき」
motorsport.com 日本版
日産 家庭内の家電でクルマの移動情報や状態を音声で通知する新サービスを開始
日産 家庭内の家電でクルマの移動情報や状態を音声で通知する新サービスを開始
Auto Prove
アストンマーティン「アロンソの現役続行に確信はなかった」年24戦の高負荷から引退の可能性もあった?
アストンマーティン「アロンソの現役続行に確信はなかった」年24戦の高負荷から引退の可能性もあった?
motorsport.com 日本版
トーヨータイヤ「OPEN COUNTRY」シリーズがサイズラインナップを拡充! 新型「ランドクルーザー250」モデリスタにも純正装着
トーヨータイヤ「OPEN COUNTRY」シリーズがサイズラインナップを拡充! 新型「ランドクルーザー250」モデリスタにも純正装着
くるまのニュース
アンダー200万円! ホンダが“新”「軽商用バン」発表! 黒すぎ顔×「上質内装」採用! 新たな「STYLE+ NATURE」 どんな特徴がある?
アンダー200万円! ホンダが“新”「軽商用バン」発表! 黒すぎ顔×「上質内装」採用! 新たな「STYLE+ NATURE」 どんな特徴がある?
くるまのニュース
自転車感覚で気軽に乗れる電動原付スクーター「MK114」発売
自転車感覚で気軽に乗れる電動原付スクーター「MK114」発売
バイクのニュース
新生スマート第3のモデルを示唆:コンセプトカーを4月25日に発表
新生スマート第3のモデルを示唆:コンセプトカーを4月25日に発表
レスポンス
ホンダが新型軽商用EV「N-VAN e:」の発売を2024年秋に延期
ホンダが新型軽商用EV「N-VAN e:」の発売を2024年秋に延期
カー・アンド・ドライバー
GW渋滞、中央道のピークはいつ・どこ? 最大45kmの大渋滞が発生!【ゴールデンウィーク渋滞予測2024】
GW渋滞、中央道のピークはいつ・どこ? 最大45kmの大渋滞が発生!【ゴールデンウィーク渋滞予測2024】
くるくら
ホンダ、WR-Vの累計受注が1万3000台 発売から1カ月で月販計画の4倍
ホンダ、WR-Vの累計受注が1万3000台 発売から1カ月で月販計画の4倍
日刊自動車新聞

みんなのコメント

2件
  • ********
    王者アルファードになりたくて仕方がないって感じの顔だけど、セレナで高級路線に走ると
    エクストレイルみたいに失敗するよ

    ちゃんとエルグランド出さないと

  • ivq********
    epowers煽って来るし
    HVも煽って来る
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

276.9479.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.8499.9万円

中古車を検索
セレナの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

276.9479.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.8499.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村