サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本の道は変わらないのにカローラもシビックもどんどん肥大! とめどないボディの大型化はナゼ起こる?

ここから本文です

 この記事をまとめると

■新車市場ではボディサイズの大型化が進んでいる

いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

■海外での販売を視野に入れている結果がボディサイズの大型化だ

■市場規模が海外の方が大きいので、どうしても偏ってしまうとも言える

 日本市場より海外市場を重視している影響が大きい

 最近の日本車は、SUVブームということもあり、かなりサイズが大きなモデルが増えた印象がある。たとえば、2022年秋に日本仕様が発売予定のマツダ「CX-60」のボディ寸法は、全長4740mm×全幅1890mm×全高1685mm、ホイールベースが2870mmだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ