現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「お前誰?」とか言わないで!!!! 忘れ去られそうなクルマたち 9選

ここから本文です

「お前誰?」とか言わないで!!!! 忘れ去られそうなクルマたち 9選

掲載 更新 108
「お前誰?」とか言わないで!!!! 忘れ去られそうなクルマたち 9選

 不意に声をかけられて振り向くと、懐かしいカオなんだけど名前が出てこない、思い出せない…そんなことありませんか。企画担当はあります。おもむろに携帯(当時)を取り出して名前を確認した末に間違ったこともあります。

 クルマ好きは、クルマに関してなんでも知っているのが当然。特に車名は基本中の基本! それを知らないとか、忘れるとかいったことは、ほとんど天変地異にも近い、異常事態と言っていい。

待ってました! アルファードの顔を日本未発売のレクサスLM顔にチェンジ!

 …はずなのだが、 記憶とは時に残酷なもの。どれほど愛していても、忘れるときは忘れるもの。本稿に登場した車名に強い愛着をお持ちの方も多いと思いますが、どうか笑って許していただきたく…。

※本稿は2021年3月のものです
文/清水草一 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年4月26日号

【画像ギャラリー】いくつ覚えてますか…記憶力を刺激する9台をギャラリーでチェック!

■こんなクルマあったっけ? トヨタ車編

 こちとらカーマニアだ。車名を忘れちゃったクルマなんかあるわけねえ! あるわけないけど、どんなだったかよく思い出せないクルマは、正直なところ、ある。

 まずサイノス。もちろん覚えているさ! 覚えてるけど、初代と2代目の違いが思い出せない……。

トヨタ サイノス(2代目・1995年)…ターセル/コルサをベースにしたコンパクトな2ドアクーペで、初代は1991年に登場。当時はまだクーペ需要が底堅く、1995年に2代目にバトンタッチ。デザインは完全なキープコンセプトで、ほとんど違いがわからない。すまぬ

こちらが2代目に設定されたコンバーチブル。「凄いカッコいい!」ということもない

 どっちもウルトラ地味なスポーツクーペだったとしか。えっ、コンバーチブルもあったの!? あった気もするけど、コンバーチブルですら地味すぎて印象がない! サイノス、スゲエ。

 カレン、覚えてるよ。セリカの兄弟車だろ。でも真っ先に浮かんだのは、村西とおる監督が「豊田セリカ」と「豊田カレン」っていうAV女優を売り出したことだ。

 あ、調べたら違う! AV女優はカロラとセリカとカリナで、カレンはいなかった! そうだよなぁ、いかに天下のトヨタ車でも、カレンは無名だもんなぁ。納得。

トヨタ カレン(1994年)…1994年に6代目セリカの兄弟車として登場。GT-FOURを持つセリカの軟派なデートカー的な存在で、一代限りで消滅した

 トヨタ車ではオーパも忘れられがちだ。俺はもちろん覚えてるけど。だってオーパだもん。開高健先生がアマゾンで怪魚を求めて釣りをする話だ。ポルトガル語で「うおお!」という意味なんだ。

 でもトヨタのオーパは……ちょっと変わったつまんないクルマだったぜ。うおお。

トヨタ オーパ(2000年)…その名のとおり、トヨタ車としてはビックリの個性的デザインで2000年に登場

 ブレビスも印象が薄い。確か何かの兄弟車なんだけど。プログレだっけ? プログレだよね。

 ブレビスはプログレよりちょっとハデでイケイケなイメージだった気がするが、古風で地味だったプログレのほうが全然強烈! 地味も極めればハデになる。ハデは中途半端だと忘れられがち。そういうことか。

トヨタ ブレビス(2001年)…2001年、プログレの兄弟車として登場。狙いはミニ・セルシオ。サイズもプログレよりやや大きかったが、やはり一代限りで消滅

 ブレイドも印象薄い。ブレイドって車名だっけグレード名だっけ? ってくらい薄い。いやブレイドは確かに車名だ。

 えーと、カローラハッチバックのおっさん系兄弟車だ! えっ違う? オーリスの兄弟車だっけ!? うひー、オーリスを忘れてたぁ! 灯台下暗しとは、このことか。

トヨタ ブレイド(2006年)…オーリスのゴージャス版兄弟車として2006年に登場。リアサスはダブルウィッシュボーン!

 レクサスHS250も影が薄い。覚えてはいるが、あまりにも存在感がない。現行モデルでこれほどまでに影が薄いクルマはない! えっ絶版したの!? いつ? 4年前!? まったく知らなかった。

 というかHS250のことを、ここ数年まったく考えたことがなかった……。

レクサス HS250h(2009年)…SAIをベースにしたレクサス版ハイブリッドセダンで、2009年に登場。2017年まで細々と存続

■こんなクルマあったっけ? トヨタ以外のメーカー編

 やっとトヨタが終わった。日産の一番手はリバティ! あの猛烈に地味だったプレーリーリバティのことだろ。なにぃ、後半はプレーリーが取れて「リバティ」になってたのかえ!? マジで!? マジで知らなかった。カーマニアとしてマジでショック。

日産 リバティ(2001年)…3代目プレーリーは末尾に「リバティ」を付けて1998年に登場したが、2001年にプレーリーが取れて「リバティ」に改名。まさに日産の迷走を象徴していた

 ルキノも記憶が曖昧だ。確かサニーの兄弟では。サニールキノって名前だったんじゃ。

 それがルキノに変わってた!? んでルキノクーペとルキノハッチになった!? 兄弟はサニーとパルサーセリエ!? ごめん、パルサーセリエもカタチが思い出せない。

 えっ、途中でルキノS-RVも加わって安室ちゃんがCMやってた!? 安室ちゃんは覚えてるがルキノS-RVは思い出せない。ショック。

日産 ルキノ(1994年)…1994年、サニー/パルサーの兄弟車で登場。写真はサニールキノから変更されたルキノクーペ

 最後はホンダのゼストで締めよう。これは覚えてるぜ! ホンダゼットじゃなくてゼストだ! 試乗もした! 試乗会は幕張だった!

 そんな余計なこと覚えてなくてよし。いや、悪くない軽自動車だったと思うよ、たぶん。

ホンダ ゼスト(2006年)…2006年、ザッツ(これも忘れそう)の後継として登場。ターボモデルはゼストスパーク!

【番外コラム】忘れそうな逆輸入車たち

 猛烈に影の薄い逆輸入車たちがいる。トヨタ・ヴォルツはアメリカ製で、極度の不振により2年弱で販売終了。同じくアメリカ製のホンダMDXも約3年。ブルーバードオーズィはオーストラリア製なれど、販売期間は1年弱。短い命は忘れやすい。土下座。

ブルーバードオーズィーは豪州産の5ドアハッチバック。現地名はピンターラ。この名なら忘れなかった?(1991年)

ホンダMDXは、北米では初代「アキュラMDX」。3年間でわずか1500台しか売れませんでした。涙(2003年)

トヨタ・ヴォルツは北米名マトリックス。GMではポンティアック・ヴァイブとして販売されていたが、2002年より日本でも販売開始、高価格とデザインが不評だった(2002年)

【画像ギャラリー】いくつ覚えてますか…記憶力を刺激する9台をギャラリーでチェック!

こんな記事も読まれています

アルファードより650万円高で何が違うの!? レクサスLM6人乗りの存在意義って!?!?
アルファードより650万円高で何が違うの!? レクサスLM6人乗りの存在意義って!?!?
ベストカーWeb
最終コーナーでクラッシュ続出。ドライバーたちの不満と“危機意識”「もうちょっと耳を傾けて欲しい」/SF第3戦SUGO
最終コーナーでクラッシュ続出。ドライバーたちの不満と“危機意識”「もうちょっと耳を傾けて欲しい」/SF第3戦SUGO
AUTOSPORT web
フェルスタッペンがノリスとの一騎打ちを制し今季7勝目飾る。角田裕毅は19位【決勝レポート/第10戦】
フェルスタッペンがノリスとの一騎打ちを制し今季7勝目飾る。角田裕毅は19位【決勝レポート/第10戦】
AUTOSPORT web
くるまりこちゃん OnLine 「大型連休」第102回
くるまりこちゃん OnLine 「大型連休」第102回
ベストカーWeb
市販車最速タイムはこうして生まれた!ダンロップがタイヤに注いだ“本気”とは【動画あり】
市販車最速タイムはこうして生まれた!ダンロップがタイヤに注いだ“本気”とは【動画あり】
グーネット
日本三霊山を巡る旅!石川・富山・静岡の高速道路が定額利用できるおトクなドライブプラン発売
日本三霊山を巡る旅!石川・富山・静岡の高速道路が定額利用できるおトクなドライブプラン発売
グーネット
オートバックス限定!オレンジカラーをステッチ調にあしらった軽自動車用アルミホイール発売
オートバックス限定!オレンジカラーをステッチ調にあしらった軽自動車用アルミホイール発売
グーネット
坪井翔「赤旗で終わるほど残念なことはない」 野尻智紀「この状況を避けることはできなかったか」【SF第3戦決勝会見】
坪井翔「赤旗で終わるほど残念なことはない」 野尻智紀「この状況を避けることはできなかったか」【SF第3戦決勝会見】
AUTOSPORT web
今中古車で大人気!! スムーズでトルクフルな走りがめちゃ楽しい! ボルボ V40T5 Rデザイン試乗プレイバック
今中古車で大人気!! スムーズでトルクフルな走りがめちゃ楽しい! ボルボ V40T5 Rデザイン試乗プレイバック
ベストカーWeb
ル・マン24時間で「ロッシ」に会えた! チョロQみたいな「ビートル」が走る「VWファンカップ」も注目です【みどり独乙通信】
ル・マン24時間で「ロッシ」に会えた! チョロQみたいな「ビートル」が走る「VWファンカップ」も注目です【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
BMWの車内エンタメをもっと充実!iDriveディスプレイ専用最新モデル APPCAST
BMWの車内エンタメをもっと充実!iDriveディスプレイ専用最新モデル APPCAST
グーネット
フェラーリ「e-ビルディング」オープン 持続可能性に配慮した新たな生産プラント
フェラーリ「e-ビルディング」オープン 持続可能性に配慮した新たな生産プラント
グーネット
ホンダ 新型「アコード」純正アクセサリー人気ランキング TOP3をロアースカートが独占!
ホンダ 新型「アコード」純正アクセサリー人気ランキング TOP3をロアースカートが独占!
グーネット
アルピーヌ「A290」日本導入を検討 ブランド初の電動スポーツモデル
アルピーヌ「A290」日本導入を検討 ブランド初の電動スポーツモデル
グーネット
フルEV化された[新型GT-R]は1300馬力超えで28年登場へ!! 同時期に[NSX]も誕生でスーパーカー対決か
フルEV化された[新型GT-R]は1300馬力超えで28年登場へ!! 同時期に[NSX]も誕生でスーパーカー対決か
ベストカーWeb
マツダ「RX-7」用ロータリーを「スーパーセブン」に搭載! 人生最後の1台になぜエンジンもボディも「セブン」を選んでRE雨宮に製作してもらった?
マツダ「RX-7」用ロータリーを「スーパーセブン」に搭載! 人生最後の1台になぜエンジンもボディも「セブン」を選んでRE雨宮に製作してもらった?
Auto Messe Web
ショウエイから加藤大治郎レプリカモデル「X-Fifteen DAIJIRO/ダイジロウ」が9月発売!
ショウエイから加藤大治郎レプリカモデル「X-Fifteen DAIJIRO/ダイジロウ」が9月発売!
バイクブロス
ショウエイのプレミアムツーリングフルフェイス「GT-Air 3 NILE/ナイル」が9月発売!
ショウエイのプレミアムツーリングフルフェイス「GT-Air 3 NILE/ナイル」が9月発売!
バイクブロス

みんなのコメント

108件
  • 今でも大事に乗ってる人に、失礼な記事ですね
  • 品のない不快感を覚える文章と感じました。
    クルマが好きな人が書いたとは思えない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

93.4145.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

41.949.9万円

中古車を検索
サイノスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

93.4145.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

41.949.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村