現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデス・ベンツCクラス vs BMW 3シリーズ vs ジャガーXF 上級サルーン乗り比べ 後編

ここから本文です

メルセデス・ベンツCクラス vs BMW 3シリーズ vs ジャガーXF 上級サルーン乗り比べ 後編

掲載 更新 5
メルセデス・ベンツCクラス vs BMW 3シリーズ vs ジャガーXF 上級サルーン乗り比べ 後編

最も軽量という強みを持つ3シリーズ

3台ともに4気筒ディーゼルターボ・エンジンを搭載するが、トルク感では、最新のメルセデス・ベンツC 220dが最も豊か。低回転域から力強くボディを引っ張る。バランスの良さでは、BMW 320dが一枚ウワテ。車内で聞こえるノイズも小さい。

【画像】Dセグの新型メルセデス・ベンツCクラス BMW 3シリーズとEセグのジャガーXF 全69枚

最高出力は190psと、BMWが3台では一番低い。しかし車重は1540kgと最も軽く、回転域を問わず安定したトルク感がある。4000rpmを超えても、ジャガーXF D200やC 220dより積極的に回転しようとする。やはりエンジンの会社だと思わせる。

この軽さは、3シリーズの明確なストロングポイント。試乗車はオプションのランフラット・タイヤを履いており、路面の凹凸やうねりを越えると硬めの乗り心地を隠さない。だがグリップ力や姿勢制御、操縦性の精度では、最もバランスに長けている。

コーナリングは、常にフラットで落ち着いている。アダプティブダンパーをコンフォート・モードにしていても、張りとしなやかさを兼ね備えた特別な質感を味わえる。

他方、C 220dの着座位置は320dより高い。それも相まって、コーナーへ侵入していくと早めの段階でボディロールが発生するように感じる。

サスペンションは、BMWより路面の不整を巧みに吸収し均してくれる。だが、高速域での鋭い入力にはさほど強くないようだ。

ツギハギの多い市街地の路面でも、Cクラスの落ち着きは乏しい。それでいて操縦性のシャープさやバランスは、3シリーズには及ばない。

一般道への親和性で勝るXF

ジャガーXF D200のシャシーは、英国郊外の一般道への親和性で勝る。BMW 3シリーズ以上に。適正なクルージングスピードなら、まるで路面から浮かんでいるように滑らかに走る。加えて、出色のハンドリングがドライバーを飽きさせない。

ステアリングホイールの重み付けは素晴らしく、情報量も豊か。アダプティブダンパーを搭載せずとも、コミュニケーション力は秀逸。オプションの19インチホイールを履いていても、その印象は変わらないようだ。

エグゼクティブ・サルーンに相応しいと感じさせる、優れた乗り心地と操縦性をジャガーXFは両立させている。ここまで研ぎ澄まされた例は、極めて珍しいといえる。

その反面、操縦性のバランスや、姿勢制御や動的能力という面では、320dの水準には届いていない。ハンドリング・サルーンとして、EセグメントのジャガーがDセグメントのBMWを打ち負かすのではないかと期待していたが、難しいようだ。

最終的に、ジャガーFXのボディは大きく重すぎる。2015年というX260型の登場年の古さも、隠せないのだろう。

W206型のCクラスは、フレッシュさを感じる走りながら、ドライバーへの訴求力で3シリーズやXFを凌駕することはなかった。恐らくディーゼルの220dは、メルセデス・ベンツが長年培ってきた5代目Cクラスのすべてを、完璧には表現できていないのだろう。

高い期待値に届いていないCクラス

最新のC 220dは、出色の品質と運転のしやすさを備えたDセグメント・サルーンという、メルセデス・ベンツCクラスへの高い期待値には届いていない。より静かで実用的で、滑らかで、安楽に運転できるべきだと思う。

恐らく220d以外なら、今回の3台比較でもっと高い評価を得ることもできただろう。しかし別グレードであっても、BMW 320d Mスポーツを超えるベストの結果は狙いにくいと感じたことも確かだ。

高機能なLEDヘッドライトにオンライン・ストリーミング・サービス、無線のソフトウエア・アップデートなどが、我々がエグゼクティブ・サルーンに求めるすべてではない。シュツットガルトの技術者も、それは理解しているはず。

戦車のように強固で、独自のオーラと上質さや快適性を備えた、かつての姿こそ今の時代に求めるメルセデス・ベンツCクラスだと筆者は思う。不確実性が高いという時代性にも、遥かに適しているはずだ。

メルセデス・ベンツ、ジャガー、BMW 3台のスペック

BMW 320d Mスポーツ・プロパッケージ(英国仕様)のスペック

英国価格:4万505ポンド(約615万円)
全長:4709mm
全幅:1827mm
全高:1435mm
最高速度:239km/h
0-100km/h加速:6.8秒
燃費:20.4km/L
CO2排出量:128g/km
乾燥重量:1540kg
パワートレイン:直列4気筒1995ccツイン・ターボチャージャー+ISG
使用燃料:軽油
最高出力:190ps/4000rpm
最大トルク:40.7kg-m/1750-2500rpm
ギアボックス:8速オートマティック

ジャガーXF D200 AWD Rダイナミク S(英国仕様)のスペック

英国価格:3万5620ポンド(約541万円)
全長:4962mm
全幅:1890mm
全高:1456mm
最高速度:230km/h
0-100km/h加速:7.8秒
燃費:16.7-18.3km/L
CO2排出量:143-157g/km
乾燥重量:1794kg
パワートレイン:直列4気筒1997ccツイン・ターボチャージャー+ISG
使用燃料:軽油
最高出力:203ps/4250rpm
最大トルク:43.7kg-m/1750-2500rpm
ギアボックス:8速オートマティック

メルセデス・ベンツC 220d AMGライン・プレミアム(英国仕様)のスペック

英国価格:4万4915ポンド(約682万円)
全長:4751mm
全幅:1820mm
全高:1438mm
最高速度:244km/h
0-100km/h加速:7.3秒
燃費:20.9km/L
CO2排出量:121g/km
乾燥重量:1680kg
パワートレイン:直列4気筒1993ccツイン・ターボチャージャー+ISG
使用燃料:軽油
最高出力:199ps/4200rpm
最大トルク:44.8kg-m/1800-2800rpm
ギアボックス:9速オートマティック

こんな記事も読まれています

ノリスが劇的展開でスプリント予選トップに。FIA、最速タイムを抹消も、後に復活させる/F1中国GP
ノリスが劇的展開でスプリント予選トップに。FIA、最速タイムを抹消も、後に復活させる/F1中国GP
AUTOSPORT web
いつ届くかはわからない……[リコール]は他人事じゃない 自分の愛車が対象になったら
いつ届くかはわからない……[リコール]は他人事じゃない 自分の愛車が対象になったら
ベストカーWeb
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】電動メタルルーフを国産車で初めて採用したシルビアヴァリエッタ!!
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】電動メタルルーフを国産車で初めて採用したシルビアヴァリエッタ!!
ベストカーWeb
無数の十字架が「ルート66」唯一のワインディングに…険しくも不思議と落ち着くオススメの場所です【ルート66旅_48】
無数の十字架が「ルート66」唯一のワインディングに…険しくも不思議と落ち着くオススメの場所です【ルート66旅_48】
Auto Messe Web
角田裕毅、スプリント予選19番手「今までこれほど苦労したことはない。土曜予選までに突破口を見出したい」/F1中国GP
角田裕毅、スプリント予選19番手「今までこれほど苦労したことはない。土曜予選までに突破口を見出したい」/F1中国GP
AUTOSPORT web
アストンマーティンF1の抗議棄却。サインツJr.の予選”復活”は慣例では認められると判断
アストンマーティンF1の抗議棄却。サインツJr.の予選”復活”は慣例では認められると判断
motorsport.com 日本版
嘘のように速いホットハッチ:MG 4 EV Xパワー 「まさにコレ!」な正当性:クプラ・ボーン お手頃EV 12台比較(6)
嘘のように速いホットハッチ:MG 4 EV Xパワー 「まさにコレ!」な正当性:クプラ・ボーン お手頃EV 12台比較(6)
AUTOCAR JAPAN
ポルシェ新型「パナメーラ」に試乗! 常に水平を保つ未体験の走りに驚愕…PHEVは1669万円から
ポルシェ新型「パナメーラ」に試乗! 常に水平を保つ未体験の走りに驚愕…PHEVは1669万円から
Auto Messe Web
ダニロ・ペトルッチ、トレーニング中に負傷で第3戦オランダを欠場。ニコラス・スピネッリが代役でSBKデビューへ
ダニロ・ペトルッチ、トレーニング中に負傷で第3戦オランダを欠場。ニコラス・スピネッリが代役でSBKデビューへ
AUTOSPORT web
【F1第5戦中国GP週末の要点】雨を味方につけたキック・ザウバー、2台揃ってスプリント予選SQ3進出
【F1第5戦中国GP週末の要点】雨を味方につけたキック・ザウバー、2台揃ってスプリント予選SQ3進出
AUTOSPORT web
「圏央道4車線化」鉄道またぐ橋、一夜で架設! 開通はいつ? スマートICもできる!?
「圏央道4車線化」鉄道またぐ橋、一夜で架設! 開通はいつ? スマートICもできる!?
乗りものニュース
シモーネ・テンペスティーニが初優勝。マックス・マクレーもJr.部門を制覇/ERC開幕戦
シモーネ・テンペスティーニが初優勝。マックス・マクレーもJr.部門を制覇/ERC開幕戦
AUTOSPORT web
40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
レスポンス
小沢仁志さんの愛車はV8の「“アウトロー”スポーツカー」!? 鮮烈オレンジ光るド派手な「マスタング」 公開に「めっちゃ目立ちますね」「兄貴の愛車かっこよすぎます」の声
小沢仁志さんの愛車はV8の「“アウトロー”スポーツカー」!? 鮮烈オレンジ光るド派手な「マスタング」 公開に「めっちゃ目立ちますね」「兄貴の愛車かっこよすぎます」の声
くるまのニュース
シリンダー内の「旋回流」が鍵? アンモニアは化石燃料の代わりになるか 上智大学の研究チームが発表
シリンダー内の「旋回流」が鍵? アンモニアは化石燃料の代わりになるか 上智大学の研究チームが発表
AUTOCAR JAPAN
2024年もマツダはカーボンニュートラルでモータースポーツ! 「ENEOSスーパー耐久シリーズ2024年」にマツダ3と2台のロードスターで挑戦
2024年もマツダはカーボンニュートラルでモータースポーツ! 「ENEOSスーパー耐久シリーズ2024年」にマツダ3と2台のロードスターで挑戦
WEB CARTOP
恒例のBTCC公式シーズンラウンチ開催。最後のドニントン・テストは王者サットンが最速
恒例のBTCC公式シーズンラウンチ開催。最後のドニントン・テストは王者サットンが最速
AUTOSPORT web
無限、ホンダ・シビック・タイプR専用パーツ『グループA』を発表。新開発エアロで空力性能が大幅向上
無限、ホンダ・シビック・タイプR専用パーツ『グループA』を発表。新開発エアロで空力性能が大幅向上
AUTOSPORT web

みんなのコメント

5件
  • ゴルフとアウディはいい加減DSGをやめてATに変えるべきだ。
    DSGな限りもう2度とゴルフとアウディに乗ることはない。
  • アウディA4はダメでしょー。評論家に酷評されてんじゃん。ベースがワーゲンだから無理なんだよ。
    金の無駄使いだから一度買ってみ?笑
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

468.0729.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.02590.0万円

中古車を検索
3シリーズ クーペの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

468.0729.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.02590.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村