サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「最新の制御システムを導入した快速スタリオン2600GSR-VR!」心臓部はGT2835タービンで350馬力を発生!

ここから本文です

低中速トルク型の特性をタービン交換で改善!

燃料/点火/制御系も一新! 常に安定した性能を引き出す

「最新の制御システムを導入した快速スタリオン2600GSR-VR!」心臓部はGT2835タービンで350馬力を発生!

2.0L直4SOHCのG63B型エンジンを搭載してNAとターボの2本立てで82年に発売されたスタリオン。88年のマイナーチェンジでブリスターフェンダー採用によるワイドボディ化が図られ、エンジンも2.6L直4SOHCターボのG54B型を搭載した2600GSR-VR、A187Aが登場した。グループAにも参戦し、GT-Rと同じクラスで戦ったことを記憶してる人も多いはずだ。

グローバルが手がけたのは、その2600GSR-VRがベース。

おすすめのニュース

サイトトップへ