現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ダットサントラックでここまでやるか!?」トラックマニアが作り上げた究極ドリフト仕様!

ここから本文です

「ダットサントラックでここまでやるか!?」トラックマニアが作り上げた究極ドリフト仕様!

掲載 更新 15
「ダットサントラックでここまでやるか!?」トラックマニアが作り上げた究極ドリフト仕様!

SR20DET載せ換え&ドリ足製作でもはや動きは全くの別物

昭和設計の仕事グルマをドリ車に変貌させる各部のメイキングに注目

「RE雨宮とクロムハーツの電撃コラボで誕生した奇跡のFD3S」シフトノブだけで30万円以上!?【OPTION back number】

10台以上のダットラを乗り継いできたというガレージミニッツの作田代表。ハイラックスのオフロードカスタムなどで知られるショップだが、「トラックもドリフトも大好きだから!」という理由でこれまでRB26搭載&パイプフレームの白い720やSR搭載の赤いD21など、トラックをベースとしたドリフト仕様を手掛けてきた。

そして今回紹介するのは、このガンメタのD21。製作のポイントは「これまでの仕様よりも現実的!?でユーザーも頑張ればマネできる範囲」とのこと。

トラックゆえに「トーションバーとリーフスプリングのトラックの足のままではドリフトは絶対無理!」ということで、まずは足回りのフルリメイクを敢行。

ダットラのフロントサスはトーションバー式だが、ノーマルショックとアッパーアームを活かしてバネを取り付け、トーションバー自体はほとんど機能していない状態になっている。ナックルはショート加工で切れ角をアップ、それに合わせてタイヤハウスのカットやテンションロッドの逃げ加工も施されている。


リヤは本来なら板バネとホーシングだけの構成だが、鉄板でブラケットを製作してラテラルロッドとアッパーリンクを装着し、リーフ式をマルチ化しているのが最大のポイント。以前のクルマは板バネを外して4リンク化していたそうだが、公認車検を取ることも想定し、今回はあえてリーフ式に拘っているのだ。



車高を下げてリヤのホーシングが上になった分だけ、荷台をカットしてストローク量を確保。さらに、車高調を取り付けるストラットタワーをパイプフレームで製作した。リヤ車高調はあくまで車高調整用で、バネレート的にはあまり実用性はないとか。荷台はすでに燃料タンクとサスペンションで半分が使われているので、トラックだけど意外とタイヤが積みにくい。ちなみにホーシングは兄弟車であるテラノのもの。デフがダットラのものよりも大きく、耐久性に優れるのだそう。



足回りのメイキングは非常に凝ったものだが、それだけでドリフトが可能になるほど甘くはない。ノーマルエンジンでは話にならないので載せ換えは必須だという。そこでT78タービン仕様で約700psを発揮する2.2LのSRエンジンをスワップ。マウントはRBエンジン用をベースにワンオフ製作している。インナーフェンダーがないので、タービンのすぐ下にアッパーアームとストラットが見える。



エンジンルームは横のスペースは余裕があるが、縦方向はややキツめでコアサポートをカットしてラジエターと電動ファンを取り付け。大容量サージタンクと100Φビッグスロットルは海外製品とのこと。



ミッションは強度アップのためにZ33純正6速を加工流用。SRエンジン用のベルに取り付けられるように、Z33のケースを加工してボルト用のカラーを溶接。プロペラシャフトはZ33の受け軸を使いつつ、軸が太い他車種用を切り詰めて使用している。



ドリフトに重要なサイドブレーキは油圧タイプを追加。取り付け位置がかなり低くなるため、ロングレバー加工されている。ダッシュ上のパワトラは、エンジンルームの熱害から逃がすために車内に装着した。助手席のシルバーの箱は点火系パーツのスプリットファイア・Dスパークマックス。


ホイールはSSRのプロフェッサーMS1(F10.5J+20 R12J+20)でタイヤはケンダKR20A(F245/35-18 R265/35-18)をセット。外装は鉄板溶接フェンダーなど加工されており、非常に自然なワイドボディに仕上がっている。


平成9年式ではあるが基本設計は昭和のトラック、ドリフトしている際のサーキットでの注目度は半端ではない。なお、完全にこの仕様にしようとするとかなりの金額がかかるそうだが、そんな趣味性の高さもドリ車トラックのインパクトに繋がっていると言える。


●取材協力:ガレージミニッツ 北海道北見市西三輪7丁目706-2 TEL:0157-36-4753

こんな記事も読まれています

免許の「更新講習」がオンライン化! 「ゴールド免許」以外でも対象、エリアは? 反響は? 24年末にエリア拡大へ
免許の「更新講習」がオンライン化! 「ゴールド免許」以外でも対象、エリアは? 反響は? 24年末にエリア拡大へ
くるまのニュース
お尻が痛い!バイクのシートを交換する方法とは
お尻が痛い!バイクのシートを交換する方法とは
バイクのニュース
アメリカで拡大目指すMotoGP、NASCARとの協力で『Win-Win』間違いない? トラックハウスの現役ドライバー期待
アメリカで拡大目指すMotoGP、NASCARとの協力で『Win-Win』間違いない? トラックハウスの現役ドライバー期待
motorsport.com 日本版
三菱ふそうが苦肉の策、工場の従業員を“出稼ぎ”でバスの運転手に[新聞ウォッチ]
三菱ふそうが苦肉の策、工場の従業員を“出稼ぎ”でバスの運転手に[新聞ウォッチ]
レスポンス
「美ら海水族館」直結のバイパス道路が実現へ!? 名護東道路「本部延伸」いよいよ概略ルート決定へ 那覇から”信号ゼロ”アクセス図る
「美ら海水族館」直結のバイパス道路が実現へ!? 名護東道路「本部延伸」いよいよ概略ルート決定へ 那覇から”信号ゼロ”アクセス図る
くるまのニュース
アプリリア「RSV4 Factory/トゥオーノV4 Factory」特別仕様車「SE-09 SBK」発表
アプリリア「RSV4 Factory/トゥオーノV4 Factory」特別仕様車「SE-09 SBK」発表
バイクのニュース
マツダの新型セダン、ティザー…間もなく中国で実車発表へ
マツダの新型セダン、ティザー…間もなく中国で実車発表へ
レスポンス
あっと驚く5000万円車もあった! かと思えば200万円台が最高のメーカーも! 日本車の各ブランド「最高額車」を調べてみた
あっと驚く5000万円車もあった! かと思えば200万円台が最高のメーカーも! 日本車の各ブランド「最高額車」を調べてみた
WEB CARTOP
アルファロメオが新型コンパクトクロスオーバーSUVを初公開。車名は「ミラノ」を予定していたが……
アルファロメオが新型コンパクトクロスオーバーSUVを初公開。車名は「ミラノ」を予定していたが……
カー・アンド・ドライバー
【スタッフ通信】シボレーカマロ ファイナルエディションに乗ったゾっと
【スタッフ通信】シボレーカマロ ファイナルエディションに乗ったゾっと
Auto Prove
ゴルフ、50歳の誕生日おめでとう!8世代にわたるVWゴルフの高みと低み、そして新型VWゴルフ8 GTEへの展望
ゴルフ、50歳の誕生日おめでとう!8世代にわたるVWゴルフの高みと低み、そして新型VWゴルフ8 GTEへの展望
AutoBild Japan
5年ぶり開催中国……いきなりスプリント形式は「賢明なことだね!」フェルスタッペン思わず皮肉
5年ぶり開催中国……いきなりスプリント形式は「賢明なことだね!」フェルスタッペン思わず皮肉
motorsport.com 日本版
なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
レスポンス
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
WEB CARTOP
東京・北区のコミュニティーバスに乗って、B級グルメ「区役所カレー」を食べに行ったら絶品だった件
東京・北区のコミュニティーバスに乗って、B級グルメ「区役所カレー」を食べに行ったら絶品だった件
Merkmal
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
WEBヤングマシン
スズキ新型「ジムニー」発売!何が変わった? 約2年ぶり刷新のカクカクSUV… 165万円から、反響は?
スズキ新型「ジムニー」発売!何が変わった? 約2年ぶり刷新のカクカクSUV… 165万円から、反響は?
くるまのニュース
ホンダ「レブル250」をアドベンチャーに! コンプリート車両「VESGRIDE-hygge」登場
ホンダ「レブル250」をアドベンチャーに! コンプリート車両「VESGRIDE-hygge」登場
バイクのニュース

みんなのコメント

15件
  • ガレージMINIZの作るミニトラックはかっこいいね。RB26積んだ720は今どうしてるんだろう?SR20積んだ21は三重で走ってるのみたことある。北海道、特に北見地区は綺麗なミニトラック多いよね。ショップもひしめきあってるし。
  • 操舵はボール、ナットか、、、、 ラックアンドピニオンがいいな。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

174.7274.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

68.9880.0万円

中古車を検索
ダットサンピックアップの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

174.7274.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

68.9880.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村