現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 『トヨタ・プリウス』が日本カー・オブ・ザ・イヤー2023-2024を受賞

ここから本文です

『トヨタ・プリウス』が日本カー・オブ・ザ・イヤー2023-2024を受賞

掲載 9
『トヨタ・プリウス』が日本カー・オブ・ザ・イヤー2023-2024を受賞

 2023年12月7日、『第44回202-2024日本カー・オブ・ザ・イヤー』の最終選考会が開催され、トヨタが発売するハイブリッドカーの『プリウス』が日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。

 そのほか、インポート・カー・オブ・ザ・イヤーは『BMW X1』、デザイン・カー・オブ・ザ・イヤーは『ミツビシ・デリカミニ』、テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤーは『ニッサン・セレナ』が選出された。
 
 トヨタ・プリウスは1997年に世界初の量産型ハイブリッドカーとして誕生。時代を捉えて、進化を続け、五世代目となる現行型は2022年11月に世界初公開され、日本では、2023年1月にシリーズパラレルハイブリッド車(HEV)を発売。そして、同年3月にプラグインハイブリッド車(PHEV)をラインアップに加えて展開している。

EVからミニバン、軽自動車まで今年の10台が決定/2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤー

 現行型は第5世代ハイブリッドシステムと、第2世代TNGAプラットフォームを採用。快適な走行性能を実現している。また、ワイド&ローなスタンスと大径タイヤの採用で、エクステリアはガラリと雰囲気を変えて登場。“ひと目惚れするデザイン”と表現できる装いとなっている。

 第44回2023-2024日本カー・オブ・ザ・イヤー』のノミネート車は、2022年11月1日から2023年10月31日までに発表または発売された乗用車を対象に、第一次選考会で上位10台の“10ベストカー”を選出。そして、本日の最終選考会で大賞に輝いたのが、トヨタ・プリウスだ。

■2023-2024日本カー・オブ・ザ・イヤー選考結果
2023-2024日本カー・オブ・ザ・イヤー:トヨタ・プリウス
【授賞理由】
 ハイブリッド車のパイオニアであり、長く牽引役、推進役を務め続けたプリウスが、5代目にしてついにその殻を破った。ハイブリッド技術が一般化した今、もはやそのシンボルである必要はなく、自らブレークスルーを図り新しいフェーズへ移行したのである。

 首脳陣からはコモディティ化を進める案も出たが、それを覆したのは開発陣の熱意。クリーンな車というだけでなく、愛される車を目指した。

 これまで空力性能最優先だったボディは、スタイリッシュなモノフォルムに大変身。Cd値では従来型に少し劣るものの、前面投影面積を減らすことでCdA値は従来型並みに抑えることに成功している。

 その上で低重心化とロングホイールベース化を図り、動的性能の著しい向上を実現したことが高く評価された。操縦性はプリウス史上最も敏捷かつ正確なものに変貌を遂げ、スポーツドライビングが楽しめる。

■2023-2024インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:BMW X1
【授賞理由】
 日本市場に相応しいコンパクトサイズでありながら、BMWらしい動的質感の高さを実現。パワー・オブ・チョイス。つまりユーザーのライフスタイルに応じてBEV、ガソリン、48Vマイルドハイブリッド・ディーゼルの3種類のパワーユニットが用意され、そのどれもがハイレベルな走行性能を獲得している点が支持された。

 補助金を含めればほぼ同一のプライスレンジに収まるインポーターの努力も見逃せない。

■2023-2024デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー:ミツビシ・デリカミニ
【授賞理由】
 近年厳ついフロントマスクがブランド・ランゲージだったミツビシが一転、愛らしく魅力的な表情を採用したことが評価された。しかも販売台数はeKクロススペースの3倍強を達成。デザインが商品性の高さに直結する大切な要素であることを自ら証明してみせた。

 同社にとってアイコン的存在でもあるデリカのモデル名を用いるだけでなく、外観面でも同じ世界観を共有した意義も大きい。

■2023-2024テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー:ニッサン・セレナ
【授賞理由】
「セレナはモノより思い出」の公約通り、脇役に徹するための数々のテクノロジーが高評価を呼んだ。ミニバンでありながら高速道路でハンズオフ可能なプロパイロット2.0を最上級グレードに採用。空力面ではミニバンの弱点である横風に強い細部処理を施す等抜かりない。

 5ナンバー枠に収めながらタイヤサイズを拡大したにも関わらず、従来型並みの室内スペースを確保。e-POWER用に新開発された3気筒1.4リットルエンジンに対する評価も高い。

こんな記事も読まれています

哀川翔のラリーチームが5年ぶりにアジアクロスカントリーラリー参戦へ。ドライバーは川畑真人
哀川翔のラリーチームが5年ぶりにアジアクロスカントリーラリー参戦へ。ドライバーは川畑真人
AUTOSPORT web
綿貫舞空、EWCル・マンで3位表彰台。中古タイヤの経験を活かし「レースは勝負になると思っていた」
綿貫舞空、EWCル・マンで3位表彰台。中古タイヤの経験を活かし「レースは勝負になると思っていた」
AUTOSPORT web
ボルボっていうよりも……なぜかホンダ感漂うハッチバック「ボルボ480」ってナニモノ?
ボルボっていうよりも……なぜかホンダ感漂うハッチバック「ボルボ480」ってナニモノ?
WEB CARTOP
海外から注目浴びるも、参戦するのはプルシェールのみ。スーパーフォーミュラで外国人が増えるには何が必要?|英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記
海外から注目浴びるも、参戦するのはプルシェールのみ。スーパーフォーミュラで外国人が増えるには何が必要?|英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記
motorsport.com 日本版
ドアを開けたら壁とゴツン……の悲劇! クルマのドアエッジを守る手段をアレコレ試してみた
ドアを開けたら壁とゴツン……の悲劇! クルマのドアエッジを守る手段をアレコレ試してみた
WEB CARTOP
ヴァレオの組織再編で電動化への対応強化と北京モーターショー2024で最新技術と製品を展示
ヴァレオの組織再編で電動化への対応強化と北京モーターショー2024で最新技術と製品を展示
Auto Prove
アルピナ『B3』が2度目のフェイスリフトへ! リムジン&ツーリングをWスクープ
アルピナ『B3』が2度目のフェイスリフトへ! リムジン&ツーリングをWスクープ
レスポンス
ホンダの「コスパ最強SUV」やっぱり爆売れ! “209万円”の新型「WR-V」が凄かった! 人気「グレード」や「ボディ色」は? どんな人が買ってるの?
ホンダの「コスパ最強SUV」やっぱり爆売れ! “209万円”の新型「WR-V」が凄かった! 人気「グレード」や「ボディ色」は? どんな人が買ってるの?
くるまのニュース
眉村ちあきが悪党専門のボディガードに!? 悪党たちの探り合い『ハードボイルド・レシピ』
眉村ちあきが悪党専門のボディガードに!? 悪党たちの探り合い『ハードボイルド・レシピ』
バイクのニュース
「後ろから当てられたように感じた」と接触でペナルティのバキシビエール。アルピーヌ、初イモラに苦戦
「後ろから当てられたように感じた」と接触でペナルティのバキシビエール。アルピーヌ、初イモラに苦戦
AUTOSPORT web
ついに表彰台逃したフェラーリ。チーム代表は中国GPで「ミスが多すぎた」と自省
ついに表彰台逃したフェラーリ。チーム代表は中国GPで「ミスが多すぎた」と自省
motorsport.com 日本版
スズキが「斬新軽トラ」を実車展示! めちゃ画期的な“荷台”を搭載! 「新型エブリイ」も登場 トラックショーに出展
スズキが「斬新軽トラ」を実車展示! めちゃ画期的な“荷台”を搭載! 「新型エブリイ」も登場 トラックショーに出展
くるまのニュース
日本自動車部品工業会、次期会長にニッパツ会長の茅本隆司氏
日本自動車部品工業会、次期会長にニッパツ会長の茅本隆司氏
日刊自動車新聞
スズキがスーパーキャリイ「軽トラ市」仕様など出展へ…ジャパントラックショー2024
スズキがスーパーキャリイ「軽トラ市」仕様など出展へ…ジャパントラックショー2024
レスポンス
“The Last Dance”を謳う現行ランボルギーニ・ウラカンの最終モデルが登場
“The Last Dance”を謳う現行ランボルギーニ・ウラカンの最終モデルが登場
カー・アンド・ドライバー
Sun Emperor の電動バイク SS1 に純正オプション「高反発シート」が登場!
Sun Emperor の電動バイク SS1 に純正オプション「高反発シート」が登場!
バイクブロス
バイク専用ディスプレイ&レコーダー「ライダーズスマートレコーダー」の販売がスタート!
バイク専用ディスプレイ&レコーダー「ライダーズスマートレコーダー」の販売がスタート!
バイクブロス
トヨタファイナンス、等級ない車両保険を全国展開 国内初「P2P」採用
トヨタファイナンス、等級ない車両保険を全国展開 国内初「P2P」採用
日刊自動車新聞

みんなのコメント

9件
  • ********
    [ ̄罒 ̄] < 悔しいです
  • ********
    今に始まった事ではないが、選考委員の方々は各々のメーカーさんとのお付き合いとか、お仕事もらってる関係で忖度しまくりの投票ではあるが、選びようがないなら無理やり決めないで今年は該当車はありません! って年があっても良いと思う。今年はそれくらい、どうでもいい車ばかりだったと思う。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村