サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル >  ベントレー、「フライングスパー」一新、4WS採用

ここから本文です
 ベントレーモーターズジャパン(ティム・マッキンレイ代表、東京都品川区)は4日、フルモデルチェンジした高級スポーツセダン「フライングスパー」を日本で初公開した=写真。ベントレーとして初となる四輪操舵(4WS)を採用することで操作性を高めたほか、ホイールベースを130ミリメートル延長し、室内空間を拡大。2020年の販売台数は150台を見込み、第2四半期からデリバリーを開始する。

 フライングスパーは、05年に初めて日本国内に投入され、新型が3代目。日本初公開となった発表会でティム代表は「これまでに日本では1400人を超えるオーナーにフライングスパーの走りを楽しんでいただいた。

おすすめのニュース

サイトトップへ