現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > リッター20km以上!! なのにアメ車V8並の加速力! 低燃費でスーパーカーなクルマたち

ここから本文です

リッター20km以上!! なのにアメ車V8並の加速力! 低燃費でスーパーカーなクルマたち

掲載 60
リッター20km以上!! なのにアメ車V8並の加速力! 低燃費でスーパーカーなクルマたち

 低燃費のクルマ=遅いと思う人も多いのではないだろうか。ご安心ください! 近年は電動化パワーによって夢のような低燃費×鬼加速を実現するクルマも登場してきたゾ。

※本稿は2023年5月のものです
文/清水草一、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2023年6月26日号

リッター20km以上!! なのにアメ車V8並の加速力! 低燃費でスーパーカーなクルマたち

■この燃費でこの加速! すげえ!

快感加速ランキング第1位は日産 ノートオーラNISMO(モーター最大トルク30.6kgm、WLTC燃費23.3km/L)

 WLTC燃費20km/L以上のスーパー燃費カーのなかで、加速が気持ちいいのはどれだ!? パワフルな加速はスーパーカーの超重要要素。燃費と加速を両立させていれば、それも立派にスーパーカー的である。

 計測値ではなくあくまで感覚的なものだが、第1位はノートオーラNISMOとさせていただきました。

 コイツのアクセルレスポンスは、ハイパワーEVのソレだ。アクセルを踏んだ瞬間にグワーンと前に出る。これで23.3km/Lはスバラシイ。硬く締め上げられた足回りと相まって、まるでレーシングカー。さすがNISMOだぜ。

 第2位はハリアーPHEV。システム最高出力は306psを誇る。オマエはアメリカン・ビッグV8か!? 重い車体がグイグイ加速していく感覚が豪快でイイぜ。WLTC燃費は20.5km/L。パワーユニットはRAV4のPHEVとまったく同じだが、こちらを代表にさせていただきました。

 そして第3位は、シビックe:HEVである。2L自然吸気エンジンの快音とモーターのトルクが見事に連動して、加速が超気持ちイイ。快感だけならこれがナンバー1と断言したい。この快感でWLTC燃費24.2km/Lは立派すぎる。個人的にはイチオシです。

■初代インサイトは神話になった!

流麗さランキング第1位は初代ホンダ インサイト。空力アップを狙ったリアホイールカバーが泣かせる。カッコイイ!!

 燃費スーパーカー第二の要件は、スーパーカー的なデザインだ。これに関しては、初代インサイトと現行、5代目プリウスが間違いなくブッチギリなワケだが、どっちが上だ?

 プリウスは、フロントウィンドウの傾斜角ではインサイトを大きく凌いで寝まくっているが、なにせ4ドア5人乗り。ルーフラインは完全にスーパーカーなれど、全体としてはスポーツクーペと呼ぶのがふさわしい。

 対する初代インサイトは、2ドアの2シータークーペだ。これだけでスーパーカー濃度は猛烈に高い。リアタイヤを覆うスパッツは空気抵抗軽減のため。スーパーカーというよりマイレージカーの感覚だが、記録への挑戦感はバリバリで、これまたスーパー&スペシャルな香りがする。

 というわけで、ナンバー1は初代インサイトとする!

 第3位は、2代目インサイトのエクスクルーシブとさせていただきました。よくよく見比べてみると全体のシルエットは5代目プリウスにけっこう近かった。全高もほぼ同じだ。

関連タグ

こんな記事も読まれています

ボルボの電動SUVに精悍な「ブラック・エディション」を設定、車名一新の『EX40』と『EC40』に
ボルボの電動SUVに精悍な「ブラック・エディション」を設定、車名一新の『EX40』と『EC40』に
レスポンス
宮沢氷魚さん絶賛のコーヒーとドーナツも楽しめる! レンジローバー・イヴォークの世界感を味わえるイベントが開催
宮沢氷魚さん絶賛のコーヒーとドーナツも楽しめる! レンジローバー・イヴォークの世界感を味わえるイベントが開催
WEB CARTOP
サンデン、下請法違反で公取委から勧告 金型の無償保管を要請
サンデン、下請法違反で公取委から勧告 金型の無償保管を要請
日刊自動車新聞
ルノー新型「5(サンク)」世界初公開! 約30年ぶりに復活したコンパクトカーは2万5000ユーロから
ルノー新型「5(サンク)」世界初公開! 約30年ぶりに復活したコンパクトカーは2万5000ユーロから
VAGUE
パワーアップされた新型「アウディ S3」はとても楽しい! 333馬力で公道走行を楽しむ!
パワーアップされた新型「アウディ S3」はとても楽しい! 333馬力で公道走行を楽しむ!
AutoBild Japan
角田裕毅、F1開幕戦初日は「望んだ場所ではない。予選に向け好転できると確信」目標のトップ10入りできるか?
角田裕毅、F1開幕戦初日は「望んだ場所ではない。予選に向け好転できると確信」目標のトップ10入りできるか?
motorsport.com 日本版
「謎のブツ切れバイパス」ついに完成! 埼玉の国道407号「鶴ヶ島日高バイパス」3月に全通 圏央道が便利に!? 杉並木の渋滞区間を一気にスルー
「謎のブツ切れバイパス」ついに完成! 埼玉の国道407号「鶴ヶ島日高バイパス」3月に全通 圏央道が便利に!? 杉並木の渋滞区間を一気にスルー
くるまのニュース
西部警察をオマージュしたマシンを学生が製作! いまやナイト2000もマシンRSも夢物語じゃない!!
西部警察をオマージュしたマシンを学生が製作! いまやナイト2000もマシンRSも夢物語じゃない!!
WEB CARTOP
トヨタの斬新「スライドドアSUV」がスゴい! ワイルド&めちゃ使える! 「クロスバン ギア」どんなモデル?
トヨタの斬新「スライドドアSUV」がスゴい! ワイルド&めちゃ使える! 「クロスバン ギア」どんなモデル?
くるまのニュース
ハスクバーナ新型「スヴァルトピレン」シリーズ発売決定! 日本導入は2機種
ハスクバーナ新型「スヴァルトピレン」シリーズ発売決定! 日本導入は2機種
バイクのニュース
F1ドメニカリCEO、アンドレッティの新規参戦却下に「プロセスは適切だった」とコメント。再申請の鍵となる次期コンコルド協定は近く話し合いへ
F1ドメニカリCEO、アンドレッティの新規参戦却下に「プロセスは適切だった」とコメント。再申請の鍵となる次期コンコルド協定は近く話し合いへ
motorsport.com 日本版
スタイリッシュで機能的! 足元を彩る最新フロアマットの世界~Weeklyメンテナンス~
スタイリッシュで機能的! 足元を彩る最新フロアマットの世界~Weeklyメンテナンス~
レスポンス
しまなみ海道が有料化! 自転車通行料の無料は3月31日まで。サイクリストの聖地を走るなら今だ!
しまなみ海道が有料化! 自転車通行料の無料は3月31日まで。サイクリストの聖地を走るなら今だ!
くるくら
ベントレー ベンテイガ/ベンテイガEWB【1分で読める輸入車解説/2023年版】
ベントレー ベンテイガ/ベンテイガEWB【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
2024年夏に上陸予定! ロイヤルエンフィールド「ショットガン650」は走りもカスタムも楽しめる新時代のネイキッドバイク
2024年夏に上陸予定! ロイヤルエンフィールド「ショットガン650」は走りもカスタムも楽しめる新時代のネイキッドバイク
VAGUE
1月の輸入車販売は前年実績割れに。国内ブランド輸入車が好調。 (2024年1月・輸入乗用車販売TOP20)
1月の輸入車販売は前年実績割れに。国内ブランド輸入車が好調。 (2024年1月・輸入乗用車販売TOP20)
カー・アンド・ドライバー
4月に解禁される日本型ライドシェアのドライバー獲得競争がスタート
4月に解禁される日本型ライドシェアのドライバー獲得競争がスタート
@DIME
【生産再開】ランクル300 ハイエースなどエンジン3機種の基準適合確認! 生産・出荷停止が解除され3月4日から生産出荷再開!!
【生産再開】ランクル300 ハイエースなどエンジン3機種の基準適合確認! 生産・出荷停止が解除され3月4日から生産出荷再開!!
ベストカーWeb

みんなのコメント

60件
  • エコの時代にリッター3㎞でガソリンまき散らしながら走ってます。
    ユーノスコスモ最高。
  • V8の魅力ってトルクだけ?
    迫力ある排気音が魅力だと思ったけど。
    4気筒やモーターでは味わえない迫力です。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

335.5372.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

13.8339.0万円

中古車を検索
インサイトの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

335.5372.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

13.8339.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村