サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産 金型を使わないパネル成形技術「対向式ダイレス成形」発表

ここから本文です

日産自動車は2019年10月2日、金型を使用しないでボディパネルを成形する「対向式ダイレス成形」技術を開発し、実用化したことを発表した。この技術を活用して、日産はアフタ―サービス部品や、すでに金型のない旧型車の補修部品の商品化を想定している。

技術概要

タクシー配車アプリの「DiDiモビリティジャパン」と「ゼンリン」が提携

今回発表されたのは、すでに金型もない旧型車のパネルや、カスタマイズカー向けなど、少量生産を前提としたパネル成形の新技術だ。

量産車のボディパネルは巨大なプレス機と、重さ数トンの金型を使用してプレス成形されるが、金型費の開発や時間、プレス機の準備期間がかかるなどの理由で少量生産には不向きだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ