サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日米の間で揺れた異端児 トヨタ キャバリエに課せられた思惑

ここから本文です

 毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るその影で、ひっそりと姿を消す車もある。

 時代の先を行き過ぎた車、当初は好調だったものの、市場の変化でユーザーの支持を失った車など、消えゆく車の事情はさまざま。

10年後も電動車800万台中600万台がHV! トヨタがハイブリッドを電動化の主力に位置付ける訳

 しかし、こうした生産終了車の果敢なチャレンジのうえに、現在の成功したモデルの数々があるといっても過言ではありません。

 訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回はトヨタ キャバリエ(1996-2000)をご紹介します。

おすすめのニュース

サイトトップへ