サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【Bestcars ClassicオーナーズボイスVOL.3】手に入れてから25万km突破! 旦那さんとの縁を紡いだS2000の真実とは?

ここから本文です

【Bestcars ClassicオーナーズボイスVOL.3】手に入れてから25万km突破! 旦那さんとの縁を紡いだS2000の真実とは?

 一台のクルマには、縁あってオーナーになった人との歴史や思い出があり、物語になるほどのエピソードが生まれることもある。

 そんなクルマと人との関わりを、オーナーさんに直接取材して、リアルな生の声を紹介していきたいと思います。はたして、どんな生の声が聞けるのでしょうか?

なんじゃこりゃ!? ホンダの四輪バギーがすげぇ!!! 日本で走れるの??

 購入した動機から、愛車に対するこだわりのポイント、年間の維持費、故障箇所、愛車の主治医まで、これからそのクルマを購入しようと思っている人にも役に立つ情報満載でお届けします。

文・写真/松村透

【画像ギャラリー】「自分の一部」とも言えるほどの愛情が注がれたS2000

■学生時代にホンダS2000の存在を知り、その後、一大決心をして極上の中古車を手に入れた野鶴さん

 以来、15年間で25万kmを走破! 愛車のオドメーターは30万kmを超えたそうです。ご主人とのなれそめもS2000がきっかけだという野鶴さん。

 これまで、嬉しいことも、辛いことも経験したそうですが、このクルマへの想いは冷めるどころかますます強く、深くなる一方のようです。

野鶴 美和さんとご主人の野鶴 直樹さん。ご夫婦で1台ずつS2000を所有しているのです!

■プロフィール&愛車紹介
・お名前:野鶴 美和さん
・ご年齢:41歳
・ご職業:個人事業主
・所有しているクルマ(年式、グレード名):1999年式 ホンダ S2000(AP1型)
・購入時期:2006年1月
・所有年数:15年
・購入時の走行距離:4万5000km
・現在の走行距離:30万4000km
・購入時の金額:210万円(フルノーマル&フルオプションの極上車)

■S2000を手に入れようと思ったきっかけを教えてください

 学生時代にS2000が発売され、周囲の影響でクルマに興味を持ちはじめた時期でした。その時、たまたまシビック クーペに乗っていたことから(ボディーカラーが好きで選んだ初の愛車)、同じホンダ車であるS2000の存在が気になりはじめたんです。

 S2000の特徴や開発の背景を知るほど好きになっていきました。オーナーのカーライフを写真で掲載しているホンダ公式サイトの愛車紹介コーナーもよく閲覧しているうちに、自分のS2000ライフを妄想するようになっていったんです。

ホンダのS2000公式サイト

 しかし、S2000を語る記事には「乗り手を選ぶ」というワードがいつも入っていて、ハードルの高さを感じていました。「自分にはふさわしくない」と諦めかけたこともありましたが、乗ってから後悔するのと乗らないまま後悔するのはどちらがいいか自分に問い、前者だと思い、購入に踏み切ったのでした。

 この時、職場仲間がニュービートルを購入した際「すれちがった時、あのクルマに乗りたかったと思いたくない」という言葉が背中を押してくれました。通勤のときに見ていた個体が偶然売り物となっていて、私のところにやってきたことにも運命を感じました。

 ※新卒で入社した会社にレンタカー事業部があり、S2000があったこともモチベーションが上がる一因でした。「いつか乗る」とレンタカーを眺めながら仕事をしていました。

憧れの存在だったS2000を手に入れて15年。このクルマとの蜜月の日々はまだまだ続いていく

■愛車との濃いエピソードについて

●S2000がきっかけで夫と出会い、結婚
 同じS2000オーナーである夫ととあるミーティングで出逢い、結婚したことでしょうか。現在も夫婦で1台ずつ、2台のS2000と暮らしています。夫のS2000は、2004年式AP1後期のタイプV(VGS搭載モデル)。色はニューインディイエローパールです。

●仕事からプライベートまで、S2000とともに
 購入当時から、仕事が変わる2013年までは通勤の往復50km、ツーリング、サーキット走行などを含めて年間2万kmは走っていました。2012年で17万kmを突破し、中古のエンジンに載せ換えました(中古エンジンは約8万kmの個体とのこと)。

 仕事を変えてからも、気分転換にドライブへ出かけてしまいますし、仕事で現場へ向かう時にも乗っています。ついついたくさん乗ってしまうので距離は延びてしまいます。

 仕事が変わっても、気分転換に近所の仕事の移動でS2000に乗る機会は多いですね。定期的に高速道路を走る機会が以前よりも増えたし。まとまった距離を高回転で走る環境が整ったように思います。毎日走れることがしみじみ幸せです。乗っている時のワクワク感は15年間変わることはありません。

■愛車に対するこだわり

 S2000というクルマに少しでもふさわしい乗り手でありたいと思っています。そのため、自分なりに運転技術の向上は意識しています。

 ドラポジ、ステアリングの持ち方、アクセルワーク、シフト操作など。納車したての頃、自動車誌に「S2000を持っているならヒール&トゥくらいできなきゃね」と書いてあったので、夜に練習しにいっていたことがあります。

 シフトノブの握り方は小指を掛ける派です。この握り方をすると手首を返さずに素早くシフトチェンジができるので、回転をキープしたままシフトチェンジしやすいです。「きれいなポンコツ」といわれるようにこまめに洗車しています。ボンネット剥げましたが……。

ていねいに使い込まれたことが分かる野鶴さんのS2000の内装

■大まかな年間の維持費を教えてください

■大まかな年間維持費(自動車税、オイル関係、ガソリン代などを含めた概算)
・自動車税:4万5400円
・オイル:約3万6000円(3000kmごとに1回)(20L缶継ぎ足し用オイル併用 1缶1万8000円)
・任意保険:月に3000円×12(30歳以上、車両保険加入)
・ガソリン:約14万4000円
・車検:2年に1回(16万円程度)
・オイル漏れ止め添加剤:2500円×2
・その他:洗車および高速代等々の費用

仕事もプライベートも、S2000で移動する機会が多いという野鶴さん。オープン率も高め

■これまで大小の故障はありましたか?

■主な故障箇所一覧
・幌交換2回(2010年、2018年)
・スロットルボディ交換(スロットル開度センサーの不良により、アクセル開度が認識されなくなった。路上で止まりかける)
・エンジン交換(中古で8万kmほどのエンジンを見つけて載せ換え)
・ミッションが壊れたため中古品に交換(経年劣化によるものだったと思われます)
・中古のリアデフに交換(走行中、後方より異音)
・セルモーター交換(ある日、エンジンが始動しなくなった)
・ステアリングギヤボックス交換(ステアリングが重くなったり、軽くなる症状が出たので)
・リアまわりをごっそり修理(2020年末に追突事故に遭いました…)

…などなどです。近いうちにエンジンのオーバーホールをしたいです。

珠玉のF20Cエンジン。近々オーバーホールを検討中なのだとか

■純正部品の入手に苦労していますか? 欠品・製造廃止している部品などご存知でしたら教えてください

 今のところ苦労していません。S2000はパーツカタログがウェブで開示されています。これはスゴイと思います!

ホンダ公式のS2000のパーツカタログ

■愛車の主治医どのようなお店ですか? これからも乗り続けるご予定ですか?

 ホンダディーラーです。複数の整備士の方が90年代のホンダ車を所有しているので、S2000に関する知識や情報も豊富で心強いです。

 もちろん、これからも乗り続けます! いま、降りるというイメージがまったく頭の中にないです。内燃機関のクルマに乗れなくなる日と免許返納のどちらが早いかは分かりませんが、いつまでも乗り続けたいです。

 S2000を維持できるように、自分の健康面や仕事も大事にしていきたいです。愛車に乗り続けることと人生を大切にすることは比例するのかもしれませんね。それとMT車に乗る以上、筋トレをしてステアリングを操作する腕力やクラッチを切る踏力を維持しておきたいです。

S2000でジムカーナに挑む野鶴さん。このクルマのポテンシャルを引き出すための努力を惜しまない方なのです

■未来のオーナーのために購入時のチェックポイントや愛車のウィークポイントを教えてください

 これはS2000乗りの間ではよく知られていることなのですが、オイル減りする個体があります。もしそのような個体だったときは、オイル減りするペースを把握して継ぎ足しをしたり、エンジンのオーバーホールなどのメンテナンスを行ったほうがいいかもしれません。

 それと、幌はオープンの頻度が高いと破れるのも早いです。私の場合は2010年と2018年に交換しています(オープンジャンキーなので、チャンスがあればオープンで走っていてこれくらいの間隔でした)。

 ベストカーwebさんに掲載されていた記事でもエンジンの吹けが悪くなる原因について書かれていますが、私のS2000のエンジンは(一度交換していて少し距離が短いです)オイルは消費してもきちんと回ってくれます。

ベストカーwebに掲載されていたS2000に関する記事

 まとまった距離で高回転まで回してあげていたことが良かったのかなと思います。最近はS2000の相場が高くなっている話ばかり聞きます。欲しいと思ったらなるべく早いほうがいいと思います。購入のしかたに正解はないと思います。

購入時からの明細をすべてファイリング。結婚のお祝いに友人からいただいたというS2000の腕時計は宝物

■あなたにとって愛車はどんな存在ですか?

 自分の一部になりつつあると思います。2020年11月に追突事故に遭い、1ヵ月ほど手元に愛車がない時期を初めて経験しました。そのとき、何かが欠けたような気持ちが持続していたことで、自分の一部みたいな存在なのかもしれないと再認識しました。

昨年、追突事故に遭い、しばらく愛車がない生活を余儀なくされた野鶴さん。改めて存在の大きさを実感したようです

■取材後記

 1台のクルマがその人の人生を変える…。クルマに興味がない人にとっては未知の世界といえそうです。しかし、野鶴さんのように実際に体験していらっしゃる方も実在します。

 「S2000というクルマに少しでもふさわしい乗り手でありたい」と語る野鶴さん。実際にお話を伺ってみて、名実ともに「真のS2000乗り」であることを強く実感しました。

【画像ギャラリー】「自分の一部」とも言えるほどの愛情が注がれたS2000

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します