現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【最新モデル試乗】2台のスーパーBMW、M3コンペティションとアルピナB3の似て非なるその個性。憧れの刺激世界を堪能!

ここから本文です

【最新モデル試乗】2台のスーパーBMW、M3コンペティションとアルピナB3の似て非なるその個性。憧れの刺激世界を堪能!

掲載 更新 7
【最新モデル試乗】2台のスーパーBMW、M3コンペティションとアルピナB3の似て非なるその個性。憧れの刺激世界を堪能!

「M」と「アルピナ」。それはクルマ好きを魅了する存在

 BMWの「M」と「アルピナ」。まるで違う存在だと思っているクルマ好きは多いだろう。
 Mは本家の高性能ブランドが生み出すハイパフォーマンスモデル。かたやアルピナは独立系チューニングメーカーによる高性能コンプリートカー。何事にも「本筋」を好む日本では、前者のほうがより誇り高いブランドだと映るかもしれない。
 けれども、アルピナ・ファンは知っている。アルピナがMに勝るとも劣らず由緒正しいブランドであることを。

BMW4シリーズ・グランクーペの電気自動車が日本上陸

 そもそも黎明期におけるアルピナのエンジニアリングの巧みさに目をつけたのはBMWだった。アルピナ製チューニングパーツを正規ディーラーで販売しただけでなく、ワークス撤退後のレース活動をアルピナに任せた。Mモデルの事実上の始祖というべき1970年代前半に大活躍した3.0CSLなどは、アルピナの技術力なしには生まれなかった。

 その後アルピナは、レースから手を引き、コンプリートカーメーカーに転身。現在までBMWと良好な関係を築いてきた。正式社名をBMWアルピナといい、エンブレムは同じプロペラデザイン。これが両社の間柄を端的に物語る。

レーシーとラグジュアリー。2台で異なる方向性

 Mとアルピナは、いわば同根。Mはその語源となったモータースポーツのイメージを大いに活用し、ピュアスポーツを開発し続けてきた。一方、アルピナには高性能かつラグジュアリーなイメージがある。レース界とすっぱり縁を切ったがゆえ、Mとは異なるハイパフォーマンスを目指してきたからだ。

 21世紀に入ってもアルピナのコンセプトは変わっていない。Mは一時期、はっきりとラグジュアリー志向になった。メルセデスAMGの成功を見るまでもなく、高性能やスポーツ性が高級ブランドに欠かせない要素になってきたからだ。だが、それではアルピナのキャラクターに近づいてしまう。独自性さえ薄れかねない。そんな危機感もあったのだろう。最近になってMは、再びハイパフォーマンス重視路線へと舵を戻した。コンペティションやCSといった、一段とスパイシーなグレードの追加はその表れだ。

 G80型3シリーズベースの最新モデル、M3とB3とを乗り比べると、互いのブランドの方向性が異なることがよくわかる。2台のエンジンはM開発のS58型3リッター直6ツインターボ。チューニング違いの同一エンジンだからこそ、クルマ全体のコンセプトが浮き上がる。スペックはM3コンペティションが510ps/650Nm、B3は462ps/700Nmを誇る。

 見た目の違いは、そのままキャラクターの違いを表していた。M3はM4と同じ新時代のキドニーグリルを手に入れただけでなく、ボリュームを増したフェンダー処理と相まって、見るからにスポーツサルーンである。サーキットが似合う戦闘的スタイルだといっていい。対するB3はフロントスポイラーがちょっと派手で、独自デザインの大径アルミホイールが目立つ程度。定番のアルピナラインを消してしまえばスタンダードな3シリーズと見間違うほどだ。あくまで自然体で仕上げている。

がっちり路面を掴むM3、アルピナはさながらロールス・フィール!

 運転すると、両車の印象は見たままに深まっていく。B3は最初のひと転がし目から「足の動きが極めて上質」だとわかる。薄く太いタイヤを履いた最新モデルながら、心地よさに驚いた。高速巡航になると、車輪の抵抗のなさと上下動のいなし方に惚れ惚れする。ロールスロイスが3シリーズを作ったらこうなる、といった風情だ。

 M3コンペティションは、走り出した瞬間からスポーツカーである。硬くフラットな乗り心地は、高性能タイヤの存在をドライバーにリアルに伝える。かといって乗り心地が悪いというわけではない。がっちりと路面をつかんで離さないという印象だ。ステアリングフィールははっきりと機敏。レスポンスよく、左右に鋭くノーズを振る。ハコのスポーツカーとして極めて完成度が高い。

 加減速のパフォーマンスは共に超一級だ。M3のほうが、サウンドもフィールもワイルド。B3は官能的なストレート6フィールが楽しめる。速さでいえば五分五分。だが、ドライバーはブランドそれぞれの特徴を、明確に感じる。
 B3はスポーツも十分に可能な極上のGT。M3はグランドツーリングもいとわない至極のスポーツサルーン。ともにマニアを魅了するスーパーなBMWである。

こんな記事も読まれています

日産の新型「クロスオーバーSUV」発表! ネットでも反響多数!「私も見に行きたい」の声も! 顔面刷新で”斬新グリル”に変貌の「ノートAUTECH」登場
日産の新型「クロスオーバーSUV」発表! ネットでも反響多数!「私も見に行きたい」の声も! 顔面刷新で”斬新グリル”に変貌の「ノートAUTECH」登場
くるまのニュース
これからの時期に増える夕立や台風による大雨…いったいなぜ起こる?
これからの時期に増える夕立や台風による大雨…いったいなぜ起こる?
バイクのニュース
ジープ・レネゲード、2027年までにBEV発売へ 安価なLFP電池採用で「約390万円」目指す
ジープ・レネゲード、2027年までにBEV発売へ 安価なLFP電池採用で「約390万円」目指す
AUTOCAR JAPAN
東風汽車、2車種の新型電動SUVを中国発売…最新のEV技術を結集
東風汽車、2車種の新型電動SUVを中国発売…最新のEV技術を結集
レスポンス
日産「ガゼールRS」を新車購入して42年! テレビドラマ『西部警察』で一世を風靡したモデルでラリーマシン「240RS」をオマージュ
日産「ガゼールRS」を新車購入して42年! テレビドラマ『西部警察』で一世を風靡したモデルでラリーマシン「240RS」をオマージュ
Auto Messe Web
トヨタ公認! ランクルTシャツが登場。FJ40、FJ60など4種のイラストに気分があがる【新着ドライブコーデ】
トヨタ公認! ランクルTシャツが登場。FJ40、FJ60など4種のイラストに気分があがる【新着ドライブコーデ】
くるくら
トヨタ株主総会、佐藤社長が陳謝、再任の豊田会長「喜んで“院政”を」[新聞ウォッチ]
トヨタ株主総会、佐藤社長が陳謝、再任の豊田会長「喜んで“院政”を」[新聞ウォッチ]
レスポンス
話題の「白バイコスプレおじさん」 何が問題? “警察官”みたいな青服&白バイで道端に…ネットでは賛否両論! 法律的には?
話題の「白バイコスプレおじさん」 何が問題? “警察官”みたいな青服&白バイで道端に…ネットでは賛否両論! 法律的には?
くるまのニュース
バイクのナンバーの仕組み! なぜ、あの組み合わせなのか?
バイクのナンバーの仕組み! なぜ、あの組み合わせなのか?
バイクのニュース
フォルクスワーゲン「R」、新型車を6月26日発表へ…『ゴルフR』 改良新型か
フォルクスワーゲン「R」、新型車を6月26日発表へ…『ゴルフR』 改良新型か
レスポンス
三菱ふそう、eキャンターの仕様を比較検討 HPでシミュレーターを公開
三菱ふそう、eキャンターの仕様を比較検討 HPでシミュレーターを公開
日刊自動車新聞
低速コーナー改善のマクラーレン、高速域の強みはそのまま維持? 次戦スペインGPにも自信
低速コーナー改善のマクラーレン、高速域の強みはそのまま維持? 次戦スペインGPにも自信
motorsport.com 日本版
常に余裕をもって行動できる“強欲なき紳士”にこそ相応しい!「ロールス ロイス スペクター」【野口 優のスーパースポーツ一刀両断!】
常に余裕をもって行動できる“強欲なき紳士”にこそ相応しい!「ロールス ロイス スペクター」【野口 優のスーパースポーツ一刀両断!】
LE VOLANT CARSMEET WEB
“136万円”から! ホンダ「新型軽バン」発売に大反響!「柱なし大開口ドア」&6速MTあり! 丸目レトロな「N-VAN」の“オシャ”モデル追加と一部改良に熱視線
“136万円”から! ホンダ「新型軽バン」発売に大反響!「柱なし大開口ドア」&6速MTあり! 丸目レトロな「N-VAN」の“オシャ”モデル追加と一部改良に熱視線
くるまのニュース
待望のリアサス搭載車が登場! THUNDER MOTORCYCLES「SoftailThunder250」導入 その理由は?
待望のリアサス搭載車が登場! THUNDER MOTORCYCLES「SoftailThunder250」導入 その理由は?
バイクのニュース
ヒョンデの高級車ブランドが新型SUVクーペを発売へ…『GV80クーペ』
ヒョンデの高級車ブランドが新型SUVクーペを発売へ…『GV80クーペ』
レスポンス
アルピーヌ、ようやく今季初ダブル入賞も近々のアップグレード予定はなし。ガスリーも苦戦を覚悟「普通のコンディションならかなりキツいだろう」
アルピーヌ、ようやく今季初ダブル入賞も近々のアップグレード予定はなし。ガスリーも苦戦を覚悟「普通のコンディションならかなりキツいだろう」
motorsport.com 日本版
プラグインハイブリッドモデルに進化した新型ベントレー・コンチネンタルGTスピードの発表が英国時間6月25日に決定
プラグインハイブリッドモデルに進化した新型ベントレー・コンチネンタルGTスピードの発表が英国時間6月25日に決定
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

7件
  • M3所有してます。ALPINAは1世代前の型ですがもちろん運転した事あります。
    運転した事ある者からして「似て非なる」ですらないと感じでいますが、「ほぼ同じ」って言ってる人は本当に乗った事ないんでしょうね。
    全くの別物ですよ。
  • やっぱベンベーサイコーッ!
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1229.01258.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

198.01380.0万円

中古車を検索
B3の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1229.01258.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

198.01380.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村