現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > モータースポーツへ接近したのか メルセデスAMG SL 55 ポルシェ911 カレラGTS 比較試乗 前編

ここから本文です

モータースポーツへ接近したのか メルセデスAMG SL 55 ポルシェ911 カレラGTS 比較試乗 前編

掲載
モータースポーツへ接近したのか メルセデスAMG SL 55 ポルシェ911 カレラGTS 比較試乗 前編

ポルシェ911との比較でSLの本性に迫る

メルセデスAMGを名乗る以前の1990年代から、清潔な工房で特別なエンジンを組み立ててきたマイスターの1人、ティモ・ノードハイム氏。彼のような人物が、高貴で豪腕なAMG SLの背後には存在してきた。タガの外れたブラックシリーズも含めて。

【画像】ポルシェ911 カレラGTSとメルセデスAMG SL 55 先代と最新のSL 63、GT3も 全102枚

7.2LのV型12気筒エンジンを搭載し、傑作として名高いR129型もその1つ。だが、SLはメルセデス・ベンツの伝統と格式を備えるモデルであり、AMGはそれに華を添えただけともいえた。

しかし、2022年に大きな変化があった。メルセデス・ベンツではなく、メルセデスAMGの独自モデルへ鞍替えしたのだ。名家育ちの婦人が、ロックミュージシャンのノエル・ギャラガー氏と手を組んだようなもの。つまらない結果は想像できない。

ほぼ仕上がった状態のSLをチューニングするのではなく、AMG自ら精神を根本から見直し、開発までを担った。もはや、強化したシャシーにパワフルなV8エンジンを押し込んだ、ソフトでロングノーズなグランドツアラーではなくなった。

AMG仕様のSLという関係性ではない、シリアスなスポーツモデルとしてのAMGが目指されている。その結果、AMG GT ロードスターの存在が揺らぐことにもなるのだが。

それでは、どのフェイズのAMGが落とし込まれているのだろう。ガルウイングをまとうSLSのような、現在のブランドの象徴が目指されたのか。プラグイン・ハイブリッド(PHEV)化された4気筒を積む、最新のC 63に近いのか。

今回は、改めてR232型SLの本性に迫ってみたい。有能なライバル、ポルシェ911との比較で。

承認欲求の強いM177型V8エンジン

新型SLの国際発表会で、AMGの最高技術責任者を務めるヨッヘン・ヘルマン氏は、次のように話している。「SLの歴史を振り返ると、モータースポーツから始まったことがわかります。新しいモデルでは、その繋がりを再び生み出そうと考えました」

なかなか期待をもたせる発言といえる。今回持ち込むべきは、911 カレラGTS カブリオレではなく、911 GT3だったかもしれないと思わせるほど。

ただし、R232型にはSLとして史上初となる+2のリアシートが備わる。優雅なファブリックルーフを背負い、車重は1870kgと軽くはない。これらは、モータースポーツとの親和性が高いとはいえない。

それと同時に、ヘルマンの主張も理解はできる。真新しいアルミニウム製プラットフォームは、間もなく発表される第2世代のAMG GTと共有する有能なもの。現行のAMG GT GT3レーシングカーは、サーキットで確かな活躍を残している。

エンジンは、時流のダウンサイジング化を避けた。ノードハイム氏のプレートが、ヘッドカバーで誇らしげに輝いている。4本づつ並ぶシリンダーに挟まれた位置の、2基のターボチャージャーのすぐ隣で。

AMG謹製のM177型ユニットほど、承認欲求の強いエンジンは存在しないかもしれない。ステアリングホイールを握っていても、路肩で流麗なスタイリングのボディを見送っても、違いへ気付ける。

63では585psと81.4kg-mを発揮

量産モデルに搭載され始めたのは2015年からだが、最新のSL用としては、吸排気系へ改良が施され、専用品のオイルパンが組まれている。今回お借りした55グレードの場合、最高出力は475ps、最大トルクは71.2kg-mがうたわれる。

これで足りない人のために、63もある。こちらのチューニングでは最高出力が585psへ高められ、最大トルクは81.4kg-mを生み出す。最高速度も313km/hへ上昇する。

9速オートマティックと、4マティック+と呼ばれる4輪駆動システム、後輪操舵システムなどは55と63で共通。ちなみに、さらにパワフルなPHEV版も控えている。4気筒ターボの43が、エントリー側に据えられる。

SL 55の場合、サスペンションはセミ・アクティブダンパーにアンチロールバーという組み合わせ。SL 63では、マクラーレンの設計にも似た、クロスリンク状態の油圧ダンパーが装備される。

後者の方が洗練されたアイテムだが、約17万5000ポンド(約2800万円)の英国価格を踏まえれば当然といえるかもしれない。一方、SL 55は約14万8000ポンド(約2368万円)から。アクティブ・エンジンマウントと、電子制御LSDも省かれる。

内容を確認していくと、最も能力に長け、表現力が豊かな最新のSLは63だといえる。一方で、911 カレラGTS カブリオレの英国価格は約12万5000ポンド(約2000万円)から。比べればだいぶお手頃だ。

長距離を安楽に走る能力では911を凌駕

さて、SL 55は、ロンドンからグレートブリテン島の中東部に位置するノース・ヨーク・ムーアズ国立公園まで、約400kmを短時間に走りきった。凍えるような寒さでも。

このような上級モデルの場合、醸し出される雰囲気はとても重要。運転席に座っていると、ロングノーズであるこをとまじまじと実感するが、コクピットはAMG GTとは異なり、そこまでタイトではない。

ボディの低い位置へ埋まるような印象はなく、リアタイヤの接地感がしっかり伝わってくる。ロードノイズはAMG GTや911とは別次元の静かさ。内装はレザーで仕立てられ、ドライバーの正面では大きなモニターが光る。

コンフォート・モードを選んでいれば、乗り心地はいったって快適。V8エンジンは過度に主張することなく、淡々と仕事をこなす。一気に往復の800kmでも運転できそうな、心地良さがある。SLらしい、古き良き味わいを今に残している。

反面、沢山の外光が降り注いだ、先代のR231型の雰囲気とも異なる。驚くほど大容量の荷室も備わってはいない。だがそれは、リアシートが補う。ポルシェ911も荷室は狭いが、こちらはグランドツアラーに軸足を持たない。

長距離を走るという能力で、SL 55が911 カレラGTS カブリオレを凌駕することは間違いないだろう。V8エンジンはスムーズで、外界との隔離性も高い。

この続きは後編にて。

こんな記事も読まれています

スズキ、インドで4輪車累計生産3,000万台を達成
スズキ、インドで4輪車累計生産3,000万台を達成
カー・アンド・ドライバー
ホンダが新型「小さな高級車」世界初公開へ! “VTEC”ターボエンジン搭載の「コンパクトSUV」! 謎の「ADX」2025年米に登場
ホンダが新型「小さな高級車」世界初公開へ! “VTEC”ターボエンジン搭載の「コンパクトSUV」! 謎の「ADX」2025年米に登場
くるまのニュース
MotoGPアメリカズGPプラクティス|マルティンが大幅レコード更新の会心アタックでトップ! マルケス3番手タイム
MotoGPアメリカズGPプラクティス|マルティンが大幅レコード更新の会心アタックでトップ! マルケス3番手タイム
motorsport.com 日本版
【九島辰也のカーガイ探訪記】ル・マン・クラシックに集うクルマ好きたちが過ごす時間
【九島辰也のカーガイ探訪記】ル・マン・クラシックに集うクルマ好きたちが過ごす時間
カー・アンド・ドライバー
アウディ新型「S3」世界初公開! 高性能スポーツバック/セダンは23馬力アップの333馬力に出力向上
アウディ新型「S3」世界初公開! 高性能スポーツバック/セダンは23馬力アップの333馬力に出力向上
VAGUE
タイヤ・ホイールはもはや「ネットショップ」で買う時代? 取り付けも心配しなくていいワケ
タイヤ・ホイールはもはや「ネットショップ」で買う時代? 取り付けも心配しなくていいワケ
Merkmal
即完売のトヨタ「スポーツカー」再販決定! 最後の「GR86」50台限定発売! 西で約574万円
即完売のトヨタ「スポーツカー」再販決定! 最後の「GR86」50台限定発売! 西で約574万円
くるまのニュース
ヴィンテージなデザインが個性的! THHがミラーインナーシールド付きフルフェイスヘルメット「TT-03」を発売
ヴィンテージなデザインが個性的! THHがミラーインナーシールド付きフルフェイスヘルメット「TT-03」を発売
バイクのニュース
ホンダ最速・最高級マシン!「ホンダジェット」実機に乗って空を飛べる! “羽田空港”発着で体験可能な「貴重な機会」とは
ホンダ最速・最高級マシン!「ホンダジェット」実機に乗って空を飛べる! “羽田空港”発着で体験可能な「貴重な機会」とは
くるまのニュース
バカ売れ間違いナシの「新型フリード」は現行型のネガもしっかり消せるのか? 元ホンダ社員が見た「頑張るべき点」はいろいろある!
バカ売れ間違いナシの「新型フリード」は現行型のネガもしっかり消せるのか? 元ホンダ社員が見た「頑張るべき点」はいろいろある!
ベストカーWeb
スズキ「Vストローム800DE」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「Vストローム800DE」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
高速道路の照明、場所によって「明るさ」違いすぎませんか? ドライバーどうすればいいのか困っちゃう
高速道路の照明、場所によって「明るさ」違いすぎませんか? ドライバーどうすればいいのか困っちゃう
Merkmal
「新型フォレスター」もいいけど現行も買い時!!   スバルはやっぱり最終型にかぎる? 北米専用カラーが日本登場だぜ!
「新型フォレスター」もいいけど現行も買い時!!   スバルはやっぱり最終型にかぎる? 北米専用カラーが日本登場だぜ!
ベストカーWeb
広い常設ベッドがモダンなホテルのよう! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
広い常設ベッドがモダンなホテルのよう! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
オシャレなボディにシンプル車内がちょうどいい! トヨタ ピクシスバンがベースの軽キャンパー
オシャレなボディにシンプル車内がちょうどいい! トヨタ ピクシスバンがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
いよいよファイナルか!? GT-Rの2025モデルは24年6月発売!! エンジン周りを強化した最強モデルも登場だ
いよいよファイナルか!? GT-Rの2025モデルは24年6月発売!! エンジン周りを強化した最強モデルも登場だ
ベストカーWeb
【BC中古車ウオッチ】海外製のスズキ車ってなんでこんなにいいの? ハンガリー製のスズキ車「スプラッシュ」が影に隠れた名車といえる理由
【BC中古車ウオッチ】海外製のスズキ車ってなんでこんなにいいの? ハンガリー製のスズキ車「スプラッシュ」が影に隠れた名車といえる理由
ベストカーWeb
EVオーナーの祭典!テスラオーナーによる「TOCJ全国ミーティング」開催 愛知・蒲郡市
EVオーナーの祭典!テスラオーナーによる「TOCJ全国ミーティング」開催 愛知・蒲郡市
グーネット

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村