現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アウディA6/A6アバント/A7スポーツバックをアップデート グリルデザイン変更 Sモデルも同時に発表

ここから本文です

アウディA6/A6アバント/A7スポーツバックをアップデート グリルデザイン変更 Sモデルも同時に発表

掲載
アウディA6/A6アバント/A7スポーツバックをアップデート グリルデザイン変更 Sモデルも同時に発表

アウディの行ったアップデートとは?

アウディは、アッパーミディアムセグメントのアウディA6/A6アバント/A7スポーツバックをアップデートし、全国のアウディ正規ディーラーを通じて発売を開始した。

【画像】アウディA6/A6アバント/A7スポーツバックと最新アウディの写真を見る 全145枚

A6/A6アバント/A7スポーツバックは、それぞれアッパーミディアムセダン/ステーションワゴン/4ドアクーペとして、アウディ・ブランドの中核に位置するモデルであると同社は語る。

そのステータスに相応しく、アウディのデザインDNAに基づき、優美さとスポーティネスをスタイリッシュに融合し、先進のドライバーアシスタンスとセーフティデバイス、そしてデジタル時代にふさわしいインフォテイメントを採用したという。

今回のアップデートでは、各車ともに、シングルフレームグリルをRSスタイルのハニカムパターンに変更することにより、スポーティな印象をさらに高めたとアナウンスされた。

メーカー希望小売価格(税込)

アウディA6が795万円~/S6が1404万円/A6アバントが832万円~/S6アバントが1436万円/A7スポーツバックが880万円~/S7スポーツバックが1507万円となる。

アウディA6/A6アバント/A7スポーツバック アップデート詳細は?

アウディA6/アウディA6アバント

Sラインとアドバンスを新たに設定。新しくなったハニカムパターン(Sラインはクロームトリム付き)のシングルフレームグリルとともに、リアディフューザーのデザインを刷新した。

Sラインプラチナグレーの19インチ5アームダイナミックデザインのアルミホイール/スポーツサスペンション/HDマトリクスLEDヘッドライト/ダイナミックインディケーター付きLEDリアコンビネーションライト/Sラインロゴ付きバルコナレザースポーツシート/マットブラッシュドアルミニウムデコラティブパネル等の装備により、精悍でスポーティな印象を高めた。

アドバンス18インチ5ダブルアームデザインアルミホイール/ハイビームアシスト付きLEDヘッドライト/ダイナミカレザースポーツシート/バーチャルコックピットプラス等を装備する。

アウディA7スポーツバック

シングルフレームグリルをRSスタイルのハニカムパターン(Sラインはクロームトリム付き)に変更した。

Sラインを除くベースモデルグラファイトグレーの19インチ10Yスポークデザインアルミホイール/ハイビームアシスト付きLEDヘッドライト/ダイナミカレザースポーツシート/バーチャルコックピットプラスを採用。

Sライングラファイトグレーの20インチ5ツインスポークVデザインアルミホイール/スポーツサスペンション/HDマトリクスLEDヘッドライト/ダイナミックインディケーター付きLEDリアコンビネーションライト/Sラインロゴ付きバルコナレザースポーツシート/マットブラッシュドアルミニウムデコラティブパネル等を装備した。

各モデルのスポーツグレードである、アウディS6/S6アバント/S7スポーツバックも、クロームトリム付きRSスタイルのハニカムパターンのシングルフレームグリルを新たに採用した。また、S7スポーツバックはアルミホイールをグレーの20インチ5ツインスポークデザインにアップデートしていると発表されている。

こんな記事も読まれています

BYDが都内屈指の自動車ディーラー激戦区に「BYD AUTO 目黒」を開店
BYDが都内屈指の自動車ディーラー激戦区に「BYD AUTO 目黒」を開店
グーネット
今やブーム真っ只中なのに……期待が大きすぎた  悲しい運命をたどった[SUV]4選
今やブーム真っ只中なのに……期待が大きすぎた  悲しい運命をたどった[SUV]4選
ベストカーWeb
マツダの新型「3列SUV」でた! ついに5m級 驚異的パワー!? 「CX-80」欧州で世界初公開 これ日本に来るのか!?
マツダの新型「3列SUV」でた! ついに5m級 驚異的パワー!? 「CX-80」欧州で世界初公開 これ日本に来るのか!?
乗りものニュース
GTワールドチャレンジ・アジアがJ SPORTSで全戦放送。ジャパンカップはほとんどを生中継へ
GTワールドチャレンジ・アジアがJ SPORTSで全戦放送。ジャパンカップはほとんどを生中継へ
AUTOSPORT web
安かろう悪かろうなクルマをつかまされないために知っておくべき……[修復歴]と[事故歴]の違いとは  どうやって見分けりゃいいの
安かろう悪かろうなクルマをつかまされないために知っておくべき……[修復歴]と[事故歴]の違いとは  どうやって見分けりゃいいの
ベストカーWeb
もっと「アバルト595」で運転を楽しもう! 車高調からペダルの「ポッティングデカール」にドラシューまで、厳選アイテムを紹介
もっと「アバルト595」で運転を楽しもう! 車高調からペダルの「ポッティングデカール」にドラシューまで、厳選アイテムを紹介
Auto Messe Web
シェイクダウンはオジエが最速発進。トヨタ1-2にヒョンデ勢が続く/WRC第4戦クロアチア
シェイクダウンはオジエが最速発進。トヨタ1-2にヒョンデ勢が続く/WRC第4戦クロアチア
AUTOSPORT web
韓国勢が大健闘 合理的な「兄弟」モデル:ヒョンデ・コナ・エレクトリック キア・ニロ EV お手頃EV 12台比較(5)
韓国勢が大健闘 合理的な「兄弟」モデル:ヒョンデ・コナ・エレクトリック キア・ニロ EV お手頃EV 12台比較(5)
AUTOCAR JAPAN
安い? 高い? トヨタ新型「ランクル250」は520万円から!「無骨すぎて」カッコいい!? 原点回帰モデルに反響集まる
安い? 高い? トヨタ新型「ランクル250」は520万円から!「無骨すぎて」カッコいい!? 原点回帰モデルに反響集まる
乗りものニュース
【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第3回】温かい歓迎を受けた春の鈴鹿。悔やみきれないミスと、1ストップ戦略で得た自信
【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第3回】温かい歓迎を受けた春の鈴鹿。悔やみきれないミスと、1ストップ戦略で得た自信
AUTOSPORT web
レッドブルF1は2025年も現在のコンビを継続か。パフォーマンスを改善したペレスがシート争いをリード
レッドブルF1は2025年も現在のコンビを継続か。パフォーマンスを改善したペレスがシート争いをリード
AUTOSPORT web
初の中国GPに臨む角田裕毅。手強い週末を予想も「自信はある。Q3進出と入賞を狙いたい」/F1第5戦
初の中国GPに臨む角田裕毅。手強い週末を予想も「自信はある。Q3進出と入賞を狙いたい」/F1第5戦
AUTOSPORT web
ゴツすぎる新型「“軽”SUV」実車公開! ワイド化&オシャグレーがカッコイイ! まるで装甲車なスズキ「ハスラー」に反響も
ゴツすぎる新型「“軽”SUV」実車公開! ワイド化&オシャグレーがカッコイイ! まるで装甲車なスズキ「ハスラー」に反響も
くるまのニュース
日産 "武士の甲冑" デザインの新SUV公開 「キャシュカイ」改良新型、欧州で今夏発売へ
日産 "武士の甲冑" デザインの新SUV公開 「キャシュカイ」改良新型、欧州で今夏発売へ
AUTOCAR JAPAN
スズキ「カプチーノ」や「アルトワークス」が激走! 軽自動車だけで争う200分の戦い「東北660耐久レース」が開幕
スズキ「カプチーノ」や「アルトワークス」が激走! 軽自動車だけで争う200分の戦い「東北660耐久レース」が開幕
Auto Messe Web
「ガンディーニ追悼」に初の「アメリカンヘリテージ」の企画など大人が楽しむ「オートモビルカウンシル2024」閉幕。過去最高の3万9807人が来場しました
「ガンディーニ追悼」に初の「アメリカンヘリテージ」の企画など大人が楽しむ「オートモビルカウンシル2024」閉幕。過去最高の3万9807人が来場しました
Auto Messe Web
【殺人チャイルドシート】 違法チャイルドシート買った人に返金はある? アマゾンと楽天の対応は?
【殺人チャイルドシート】 違法チャイルドシート買った人に返金はある? アマゾンと楽天の対応は?
AUTOCAR JAPAN
高速SA・PAのNo.1「ハイウェイめし」決定! 「高級志向にしたくない」担当者の思い  1位のメニューは“ごはんノンストップ”!?
高速SA・PAのNo.1「ハイウェイめし」決定! 「高級志向にしたくない」担当者の思い 1位のメニューは“ごはんノンストップ”!?
乗りものニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

880.01213.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

89.5877.9万円

中古車を検索
A7 スポーツバックの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

880.01213.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

89.5877.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村