サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > イケてるのに出るのが早すぎた!? 今なら需要がありそうな車3選

ここから本文です

イケてるのに出るのが早すぎた!? 今なら需要がありそうな車3選

■大ヒットしなかったけど出来が良いクルマとは

 各メーカーとも大ヒットを目指して新型車を開発していますが、なかには販売が低迷してしまうクルマもあります。

不人気にもほどがある!? ビックリするほど売れていない軽自動車5選

 売れなかった理由は車種によってさまざまですが、なかには単純に出る時期を見誤っただけのようなクルマも存在。

 そこで、いまならニーズがありそうなモデルを3車種ピックアップして紹介します。

●日産「プリメーラ 2.0eGT」

 1990年に発売された日産初代「プリメーラ」は、欧州市場をメインターゲットとして、走りの性能と快適性を高めた次世代のセダンとして開発されました。

 前輪マルチリンクサスペンションによる優れたハンドリング性能と、広い室内に大容量の荷室を有するなど、正統派セダンとしてヒットします。

 日欧とも同時期に発売されたプリメーラは、当初、国内仕様は4ドアセダンのみでしたが、欧州ではイギリス工場で生産された5ドアハッチバックをラインナップしており、1991年に日本でも輸入車として5ドアの「2.0eGT」が発売されました。

 外観はセダンのイメージを残しつつもスタイリッシュなデザインで、ハッチバックにより使い勝手も良いはずでしたが、日本では4ドアセダンの人気が圧倒的で販売は低迷。

 1995年に発売された2代目にも「プリメーラUK」としてイギリス製の5ドアハッチバックが存在しましたが、ステーションワゴンをラインナップしていたためか、こちらも人気とならず1年ほどで販売を終了してしまいました。

 当時の日本市場では5ドアハッチバックは売れないというジンクスがありましたが、実際にはセダンに取って代わるようなニーズがなかったということでしょう。

●ダイハツ「ミラ RV4」

 1990年代初頭に起こった「RVブーム」では、本格的なクロスカントリー4WD車が大人気となりました。

 RVは「Recreational Vehicle(レクリエーショナル・ビークル)」の略称で、クロスカントリー4WD車だけでなくステーションワゴンやミニバンなど、主にレジャー用途に適したクルマが該当しました。

 当時、RVブームにあやかろうと、各メーカーが普通の乗用車をクロスカントリー4WD車風に仕立てて販売することが流行。

 そして、1992年に登場した軽自動車のダイハツ「ミラ RV4」も、この流行に乗った1台です。

 ミラ RV4は3代目「ミラ」の4WDモデルをベースに最低地上高を上げ、フロントバンパーガードやアンダーガード、サイドステップ、ルーフレールなどを装着することでクロスカントリー4WD車風に仕立てられました。

 さらに、スペアタイヤをバックドアに設置するなど、かなり本格的で、現在でも通用すると思われるほど秀逸なデザインとなっています。

 しかしヒット作にはならず、1994年に4代目ミラが登場するとミラ RV4は生産を終え、生産期間はわずか2年と短命でした。

■車中泊に最適! いまこそ発売してほしいモデルとは!?

●ホンダ「S-MX」

 1996年に発売されたホンダ「S-MX」は、若年層をターゲットに開発されたトールワゴンです。当時のホンダは「クリエイティブムーバー」というコンセプトのもと、「オデッセイ」や「CR-V」、「ステップワゴン」を次々と発売し、S-MXはシリーズ第4弾にあたります。

 外観の特徴としては、運転席側が1ドア、助手席側が2ドアの変則4ドアハッチバックとなっており、当時ヒットしていたアメリカ製ミニバンのシボレー「アストロ」を小さくしたようなデザインでした。

 シャシはステップワゴンをベースにショートホイールベース化され、室内は前後ベンチシートの4人乗りで、後に5人乗り仕様が追加されます。

 このシートは前後フルフラットにすることが可能で、サイズは一般的なセミダブルベッドと同等でした。

 また、カスタマイズカーのように車高が15mm下げられた「ローダウン」モデルがラインナップされるなど、若者から高い評価を得てヒットします。

 しかし、より広い室内で多人数乗車できるミニバンの人気が高まると、販売は徐々に低迷。2002年に1代限りで生産を終了しました。

 S-MXと同様なコンセプトで開発された、後発のトヨタ「bB」の人気が高かったことを考えると、出るのが早すぎたのかもしれません。

※ ※ ※

 新型車の開発には莫大な費用と時間がかかりますから、販売目標に到達できなければメーカーにとって大損害です。

 だからといって、ほかと同じようなクルマをつくっても、ヒットしません。

 入念な市場のリサーチをおこなったうえで新型車の開発はスタートしますが、必ずしも売れるとはかぎらないのが、難しいところです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します