現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデス・ベンツ GLEクーペがフルモデルチェンジ。スタイリッシュさを強調したデザインに

ここから本文です

メルセデス・ベンツ GLEクーペがフルモデルチェンジ。スタイリッシュさを強調したデザインに

掲載 更新
メルセデス・ベンツ GLEクーペがフルモデルチェンジ。スタイリッシュさを強調したデザインに

2020年6月11日、メルセデス・ベンツ日本はミドルクラスSUVのGLEクーペをフルモデルチェンジして発売した。

ベースのGLEは3列シートだがGLEクーペは5人乗り
メルセデス・ベンツのMクラスをはじまりとするミドルクラスSUVのGLEは、2019年6月にフルモデルチェンジ。従来モデルにはなかった3列シートを新たに備えて居住空間とラゲッジスペースを拡大するなど、プレミアム性を向上させている。

【くるま問答】最近のクルマにテンパータイヤはない。パンク修理キットをどう使う? 最高速は?

この登場から約1年が経過した2020年6月11日、GLEの派生モデルとしてラインアップされていたクロスオーバーSUV「GLEクーペ」もフルモデルチェンジを受けて発売された。グレード展開はふたつ。GLE400d 4マティック クーペ スポーツと、メルセデスAMG GLE53 4マティック+ クーペで、同年6月下旬からのデリバリーを予定しているという。

ボディサイズは従来モデルと同様に堂々たるもので、全長4955mm(従来比+65mm)/全幅2020mm(同+5mm)、またホイールベースは2935mm(同+20mm)といずれも拡大され、逆に全高は15mm低められて1715mmとワイド&ローなスポーティさを強調するスタイルになっている。ただ、外観のシルエットにほとんど変更はなく、キープコンセプトで進化していることがわかる。

とはいえ、台形基調のフロントグリルやシャープなヘッドライトとテールランプなど、現在のGLEをベースにしたスタイリッシュさを演出する。特徴的なのはテールエンドのデザインで、リアフェンダーからテールランプ、テールゲートまでひとつの曲面で描かれているかのような丸みを帯びたデザインとなっている。従来モデルもその傾向にあったが、さらに強調されているかのようだ。

丸く、シャープなデザインにより室内空間の広さを気にしてしまうが、ホイールベース20mmを長くしたことでレッグスペースを確保して乗降性も向上、さらに収納スペースも40Lに拡大しているという。またラゲッジルーム容量を655L~1790L確保するが、これは従来モデルより最大値で70L増加しているという。このほかにも荷物の積み下ろすときにテールエンドを50mm降下させる機能や、テールゲートを手を使わずに開閉できるフットトランクオープナーを標準装備する。

インテリアにはラグジュアリーデザインと、MBUXのデジタル技術を採用。メーターからダッシュボードセンターまで1枚のディスプレイが長く配置しているかのような演出の、「12.3インチワイドディスプレイ」と「12.3インチコックピットディスプレイ」を1枚のガラスカバーで融合させた先進的なディスプレイを採用。ドアパネルまで流れるような特徴的デザインを描いている。

搭載されるエンジンはグレードによって2種類あり、GLE400d 4マティック クーペ スポーツには330ps/700Nmを発生する3L直列6気筒ディーゼルターボ「OM656」を搭載する。可変タービンジオメトリーを採用した比較的小さいタービンにより、1200rpm~3200rpmの低回転域で最大トルクを発生する。効率性や環境性能だけでなく、低振動で静粛性の高さを持つエンジンだという。

トランスミッションは9速ATで、前後輪軸にそれぞれ0~100%のトルクを連続可変させて配分することにより、オン/オフロードでの走行性能を高い次元で両立させる4MATICを組み合わされている。また、走行状況に合わせて四輪サスペンションをそれぞれ連続可変させるダンピングシステム「AIRMATICサスペンション」を標準装備することで、高い快適性とスポーツ性を実現する。

一方のメルセデスAMG GLE53 4マティック+ クーペには435ps/520Nmを発生するガソリン仕様の3L直6エンジン「M256」を採用するが、実はこれ48V電気システムと電動スーパーチャージャーを組み合わせて搭載されているのだ。しかも、エンジンとトランスミッションの間に21ps/250Nmを発生するモーター(スターター/ジェネレーター)を挟み込み、回生ブレーキによる発電と駆動補助を行うマイルドハイブリッドシステム「ISG」を搭載する。これは走行性能だけでなく、エンジンスタートするときの振動を抑えるなどの快適性をも向上させてくれるなど、とにかくハイテクなシステムを満載しているグレードといえる。

どちらのグレードを選んだとしても、SUVとは思えないスポーティさを味わわせてくれることは間違いなさそうだ。

メルセデス・ベンツ GLEクーペ 車両価格
GLE400d 4マティック クーペ スポーツ(3L直6ディーゼルターボ/右ハンドル):1186万円
メルセデスAMG GLE53 4マティック+ クーペ(3L直6ターボ/左・右ハンドル):1421万円

[ アルバム : メルセデス・ベンツ GLEクーペ はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

車内空間、乗り心地、操縦性、どれも強み! ルノー・セニック E-テック 593kmのロングレンジ版へ試乗
車内空間、乗り心地、操縦性、どれも強み! ルノー・セニック E-テック 593kmのロングレンジ版へ試乗
AUTOCAR JAPAN
BMW「1シリーズ」とホンダ「フリード」のニコイチバンパー! すべてワンオフでカスタムした「車種不明」なオーナーカーを紹介します
BMW「1シリーズ」とホンダ「フリード」のニコイチバンパー! すべてワンオフでカスタムした「車種不明」なオーナーカーを紹介します
Auto Messe Web
日産の新型「軽ハイトワゴン」登場! 日本で一番売れてる“超静音”モデル「サクラ」どこが変わった!?
日産の新型「軽ハイトワゴン」登場! 日本で一番売れてる“超静音”モデル「サクラ」どこが変わった!?
くるまのニュース
2024年版 使い勝手バツグンで「走り」も良い欧州ミニバン 10選 合理的で快適な1台
2024年版 使い勝手バツグンで「走り」も良い欧州ミニバン 10選 合理的で快適な1台
AUTOCAR JAPAN
フランスの高速道路料金所トラブル事情。SAでの給油儀式は不愉快なので燃費走行でル・マンへ【みどり独乙通信】
フランスの高速道路料金所トラブル事情。SAでの給油儀式は不愉快なので燃費走行でル・マンへ【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
かつては最速の「前輪駆動」 クーペ・フィアット UK版中古車ガイド(2) 5気筒ターボは長寿命!
かつては最速の「前輪駆動」 クーペ・フィアット UK版中古車ガイド(2) 5気筒ターボは長寿命!
AUTOCAR JAPAN
アルファGTVとシャシーが共通! クーペ・フィアット UK版中古車ガイド(1) バングルの自己主張ボディ
アルファGTVとシャシーが共通! クーペ・フィアット UK版中古車ガイド(1) バングルの自己主張ボディ
AUTOCAR JAPAN
ポルシェvsトヨタの首位争いは横転クラッシュのSCで仕切り直しに。混戦のまま終盤戦へ/ル・マン決勝18時間後
ポルシェvsトヨタの首位争いは横転クラッシュのSCで仕切り直しに。混戦のまま終盤戦へ/ル・マン決勝18時間後
AUTOSPORT web
【途中経過】2024年WEC第4戦/第92回ル・マン24時間 決勝18時間後
【途中経過】2024年WEC第4戦/第92回ル・マン24時間 決勝18時間後
AUTOSPORT web
なぜクルマに「馬のひづめ」? ナゾの昭和カスタム文化 どんな意味があったのか?
なぜクルマに「馬のひづめ」? ナゾの昭和カスタム文化 どんな意味があったのか?
乗りものニュース
ニッサン新型「小さな高級車」公開! オシャ内装&タフ外装の「コンパクトSUV」に「斬新デザイン!」の声も! 「新キックス」米登場で反響集まる
ニッサン新型「小さな高級車」公開! オシャ内装&タフ外装の「コンパクトSUV」に「斬新デザイン!」の声も! 「新キックス」米登場で反響集まる
くるまのニュース
トラックドライバーを苦しめる「高速深夜割引」の改訂! 高速料金を自腹で払う運転士には痛手でしかない
トラックドライバーを苦しめる「高速深夜割引」の改訂! 高速料金を自腹で払う運転士には痛手でしかない
WEB CARTOP
井戸田潤、2台のメルセデス・ベンツで揺れる恋心!?ファミリーカー購入決断か!?
井戸田潤、2台のメルセデス・ベンツで揺れる恋心!?ファミリーカー購入決断か!?
グーネット
電動車2650台以上提供! 「トヨタ」はなぜ、パリ五輪参加にこれほど労力を注ぐのか
電動車2650台以上提供! 「トヨタ」はなぜ、パリ五輪参加にこれほど労力を注ぐのか
Merkmal
愛車の履歴書──Vol41. 大黒摩季さん(前編)
愛車の履歴書──Vol41. 大黒摩季さん(前編)
GQ JAPAN
なんというスケール…高速道路上の巨大「足場要塞」ついに潜入 「石ころ一つ落とさない」ために準備6年!? 今まさに格闘中!
なんというスケール…高速道路上の巨大「足場要塞」ついに潜入 「石ころ一つ落とさない」ために準備6年!? 今まさに格闘中!
乗りものニュース
テインの車高調「フレックスZ」がシエンタ、ヤリスクロス、RAV4、インプレッサスポーツの適合を追加
テインの車高調「フレックスZ」がシエンタ、ヤリスクロス、RAV4、インプレッサスポーツの適合を追加
レスポンス
イギリス流の高級──新型レンジローバー・スポーツ・オートバイオグラフィーD300試乗記
イギリス流の高級──新型レンジローバー・スポーツ・オートバイオグラフィーD300試乗記
GQ JAPAN

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1525.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

359.81550.0万円

中古車を検索
GLEクラス (クーペ)の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1525.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

359.81550.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村