サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 戦うために生まれたマシンたち! バブル絶頂期に登場したネオクラシック4WD車3選

ここから本文です

■バブル絶頂期に登場した4WDスポーツモデルを振り返る

 日本がバブル景気に湧いていた1980年代の終わりから1990年代の初頭には、今も語り継がれるような名車が数多く登場しました。

えっ!? ランエボじゃないの? 過激すぎない高性能車5選

 同時に日本車の高性能化も一気に進み、なかでもレース参戦は各メーカーのPR施策としても重要だったことから、レースベース車となるハイスペックなモデルが次々と発売されました。

 その代表的なモデルといえば1989年発売の日産「R32型 スカイラインGT-R」が挙げられますが、ほかにも高性能的な4WDモデルが登場し、スポーツカー市場は活気に満ち溢れていました。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン