現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【最大の特徴を封印!??】かつての王者ステップワゴンはなぜ苦戦しているのか?

ここから本文です
【最大の特徴を封印!??】かつての王者ステップワゴンはなぜ苦戦しているのか?
写真を全て見る(10枚)

 2020年1月9日、ステップワゴンの一部改良が行われたが、そのなかに注目すべき内容が含まれていた。

 現行ステップワゴンの最大のウリの1つ、「わくわくゲート」のない仕様が用意されたのだ。

【ホンダ入魂の力作】「柴犬らしさ」で席捲!! 新型フィットついに発表秒読み最終情報

 「わくわくゲート」は、後ろが狭くても荷物をサッと積み込め、ヨコにもタテにも開く、ホンダらしい新発想のリアゲートなのだが、なぜ採用しない仕様を用意したのか?

 かつてミニバンカテゴリーでトップを走っていたステップワゴンだが、今は新車販売においてトヨタヴォクシーや日産セレナの後塵を拝している。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

運行管理者は「車庫内恋愛」にも目を配る時代! ヤンチャな男子校からクリーンな共学化的雰囲気へと変わりゆくタクシー業界
運行管理者は「車庫内恋愛」にも目を配る時代! ヤンチャな男子校からクリーンな共学化的雰囲気へと変わりゆくタクシー業界
WEB CARTOP
フォルクスワーゲンの人気コンパクトSUVのT-Crossが内外装を仕様変更
フォルクスワーゲンの人気コンパクトSUVのT-Crossが内外装を仕様変更
カー・アンド・ドライバー
【最新モデルガイド】9世代目VWパサートは先進PHEV設定。9月予約受注スタート!
【最新モデルガイド】9世代目VWパサートは先進PHEV設定。9月予約受注スタート!
カー・アンド・ドライバー
KTMが8月から価格改定=値上げ(涙)購入検討中なら7月中にお店へ急げ!?
KTMが8月から価格改定=値上げ(涙)購入検討中なら7月中にお店へ急げ!?
モーサイ
日産 スポーツモデル「ノート オーラ NISMO」にAWDを新規設定
日産 スポーツモデル「ノート オーラ NISMO」にAWDを新規設定
Auto Prove
トランプ氏再選で揺らぐ「EV市場」 深まる米中対立、開発出遅れの日本車メーカーはむしろ救われるのか?
トランプ氏再選で揺らぐ「EV市場」 深まる米中対立、開発出遅れの日本車メーカーはむしろ救われるのか?
Merkmal
軽で“4人”寝られる!? ダイハツ「2階建て軽トラ」実車展示! 「めちゃ広&快適」な車中泊出来るハッピーなクルマとは
軽で“4人”寝られる!? ダイハツ「2階建て軽トラ」実車展示! 「めちゃ広&快適」な車中泊出来るハッピーなクルマとは
くるまのニュース
スポーツ走行が可能なATチューニング! 進化する技術と対応車種を解説~カスタムHOW TO~
スポーツ走行が可能なATチューニング! 進化する技術と対応車種を解説~カスタムHOW TO~
レスポンス
実は「満タン方」より正確!? メーター表示の燃費や航続距離はどこまで信じられるのか?
実は「満タン方」より正確!? メーター表示の燃費や航続距離はどこまで信じられるのか?
モーサイ
トヨタの『MR2』と『セリカ』、2026年に復活か…エンジンが?!
トヨタの『MR2』と『セリカ』、2026年に復活か…エンジンが?!
レスポンス
新型EVトラックが1か月で18か国、1万kmを走破 メルセデスベンツ『eアクトロス 600』の挑戦
新型EVトラックが1か月で18か国、1万kmを走破 メルセデスベンツ『eアクトロス 600』の挑戦
レスポンス
高まるバッテリーマネジメントへの要求に、EV向け2000Vの高電圧多層セラミックコンデンサをサムスンが開発
高まるバッテリーマネジメントへの要求に、EV向け2000Vの高電圧多層セラミックコンデンサをサムスンが開発
レスポンス
軽トラベースのキャンピングカー“レジストロ”は唯一無二のデザインで中身も見た目も可愛い!
軽トラベースのキャンピングカー“レジストロ”は唯一無二のデザインで中身も見た目も可愛い!
月刊自家用車WEB
バイクとコーヒーの世界、共に存在する「ハイブリッド」から見る共通点とは? バイク乗りのコーヒー屋デイドリップ通信VOL.3
バイクとコーヒーの世界、共に存在する「ハイブリッド」から見る共通点とは? バイク乗りのコーヒー屋デイドリップ通信VOL.3
バイクのニュース
「ダメ、ぜったい!」 暑い日の車内に「置きっぱなし」は超危険! 「爆発」の可能性も…! 放置したらいけないものとは?
「ダメ、ぜったい!」 暑い日の車内に「置きっぱなし」は超危険! 「爆発」の可能性も…! 放置したらいけないものとは?
くるまのニュース
【10年ひと昔の新車】ホンダ Nボックス+の天才的ユーティリティには脱帽ものだった
【10年ひと昔の新車】ホンダ Nボックス+の天才的ユーティリティには脱帽ものだった
Webモーターマガジン
ホンダに「いまこそ聞いておきたい質問」特集(後編)
ホンダに「いまこそ聞いておきたい質問」特集(後編)
カー・アンド・ドライバー
青信号でも前のクルマが動かない…、ここでクラクションを鳴らしたら“交通違反”なの??
青信号でも前のクルマが動かない…、ここでクラクションを鳴らしたら“交通違反”なの??
月刊自家用車WEB

みんなのコメント

22件
  • ぶれずにシンプル路線を貫こう。
  • ステップワゴンに個性がないから売れない?
    相変わらずオカシなことをもっともらしく書くよーいちろーさんだな。

    例えば3代目ステップワゴンは間違いなく個性的だった。
    背高高重心のクラスの中で、ただ1台低全高低重心で運動性能を高めた。
    でも売れなかった。
    ユーザーのニーズに合わなかったからだと私は思う。
    「多少運動性能が劣っても、高いところから他車を見下ろしたい。見晴らしがいい車に乗りたい。」
    「同じ値段なら広い車に乗りたい。」
    という思いに気づけなかったことが敗因だと思う。

    予防安全性能は現行ノアより確実にいいし、夜間・雨天だったらカメラのみのセレナよりミリ波レーダーを併用する本車の方が上だろう。実燃費だって負けないし、売れる要素は十分にあると思う。
    後は使い勝手とデザインだろう。これは少ない投資で改善できるだろうからからぜひ頑張ってほしい。

    相変わらず独善的かつ偏向性の強い記事を書くよういちろーだったなあ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

305.4346.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.8534.9万円

中古車を検索
ステップワゴンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

305.4346.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.8534.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村