サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 三菱、新型「eKクロススペース」と「eKスペース」をオートサロンに出展 - 東京オートサロン

ここから本文です
三菱自動車は1月10日、今春発売予定の新型軽スーパーハイトワゴン、および軽クロスオーバーモデルを、それぞれ「eKスペース」と「eKクロス スペース」という車名に決定したと発表した。これら2台は東京オートサロン2020で出品されている。

eKクロス スペースは、2019年の東京モーターショーで「スーパーハイト K-ワゴン コンセプト」として出展されていたもの。これら新型車は「eKワゴン」に続く新型軽自動車の第二弾で、三菱と日産の合弁会社NMKVによって開発が行われた。

おすすめのニュース

サイトトップへ