サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 三菱、新型「eKクロススペース」と「eKスペース」をオートサロンに出展 - 東京オートサロン

ここから本文です

三菱、新型「eKクロススペース」と「eKスペース」をオートサロンに出展 - 東京オートサロン

三菱自動車は1月10日、今春発売予定の新型軽スーパーハイトワゴン、および軽クロスオーバーモデルを、それぞれ「eKスペース」と「eKクロス スペース」という車名に決定したと発表した。これら2台は東京オートサロン2020で出品されている。

eKクロス スペースは、2019年の東京モーターショーで「スーパーハイト K-ワゴン コンセプト」として出展されていたもの。これら新型車は「eKワゴン」に続く新型軽自動車の第二弾で、三菱と日産の合弁会社NMKVによって開発が行われた。

エクステリアは「SMILES & FREESTYLE」をテーマにデザインされ、eKワゴンに共通するモチーフを持ちながら、それぞれに異なる個性が与えられている。eKスペースの方はプレーンな顔つきで、eKクロス スペースの方は三菱のデザインアイデンティティであるダイナミックシールドを強調したものとなっている。

インテリアは、リアスライドドアの開口幅やリアシートのスライド量、後席足元スペースの広さに、それぞれクラストップレベルが追求され、スーパーハイトワゴンならではの広々とした空間が強みだ。

パワートレインは、ハイブリッド採用の自然吸気エンジンとターボエンジンが用意され、力強い走りの燃費の両立が図られている。急な下り坂でも安心してハンドル操作に集中できる三菱初の「ヒルディセントコントロール」や、高速道路の同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」、ペダルの踏み間違いによる衝突を予防する安全技術を搭載するなど、装備の充実ぶりもポイントだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します