現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレンF1、大躍進のカギは“技術部門の再編成”にアリ「チームが進歩する基礎になった」本領発揮は2024年から?

ここから本文です

マクラーレンF1、大躍進のカギは“技術部門の再編成”にアリ「チームが進歩する基礎になった」本領発揮は2024年から?

掲載
マクラーレンF1、大躍進のカギは“技術部門の再編成”にアリ「チームが進歩する基礎になった」本領発揮は2024年から?

 F1の2023年シーズン後半に大躍進を見せたマクラーレン。その“根本的な要因”としてチーム代表のアンドレア・ステラは、技術部門の再編成を挙げた。

 ステラ代表は、ザウバーへ移籍した前チーム代表のアンドレアス・ザイドルの後任として、2022年の冬にチーム代表に昇格した。ステラ代表が行なった最初の大仕事は、技術部門を再編成。それまでテクニカルディレクターを務めていたジェームス・キーがチームを離れ、技術チームは空力部門、車両コンセプト・パフォーマンス部門、さらにエンジニアリング・デザイン部門をカバーする”3本柱”システムを採用した。

■モンスターエナジー、メルセデスからマクラーレンに“鞍替え”。名門F1チームと新たなスポンサーシップ契約を締結

 そしてマクラーレンはテクニカルディレクターとして、フェラーリからデビッド・サンチェス、レッドブルからロブ・マーシャルを獲得。ふたりはマクラーレン加入を前にガーデニング休暇中だが、ステラ代表はチームの新体制がテクニカルディレクターに力を与え、「責任の明確化」を実現したと考えている。

 その中でも、ステラ代表はピーター・プロドロモウ率いる空力部門の再編成が“不可欠”だったと語る。実際、マクラーレンは2023年シーズン開幕当初、入賞すら難しい状況だったものの、大型アップデートで表彰台争いの常連にまで巻き返し、最終的にアストンマーチンを抑えてコンストラクターズランキング4位を獲得した。

「技術的な再編成は、マクラーレンが進歩する基礎になった」

 ステラ代表はmotorsport.comの取材に対してそう語った。

「再編成自体には、実際にはまだ(マクラーレンでの仕事を)スタートしていない人たちも含まれている」

「3名のテクニカルディレクターを含む新しい技術体制について言えば、そのうちのふたりはまだ始動していない。空力部門のピーター・プロドロモウ、車両コンセプト・パフォーマンス部門のデビッド・サンチェス、エンジニアリング・デザイン部門のロブ・マーシャルだ」

「結果的に、この体制によって責任の所在が明確になった。短期的に不可欠だったし、これによってピーター・プロドロモウを責任者に据え、ジュゼッペ・ペッシェがサポートすることとなった。彼らは空力的な観点からマシンのデザインに新たな方向性を打ち出すのに大いに貢献してくれた」

 マーシャルとサンチェスは2024年1月からマクラーレンに加わることになるが、それに加えて十数人が補強のために技術部門に合流することとなる。

 しかし、ステラ代表は2023年シーズン後半にランド・ノリスとオスカー・ピアストリが手にした9回の表彰台と、ピアストリのスプリント1勝は、すでにチームにいた人材による功績だと強調した。

 同時に、2023年夏に稼働を開始した新風洞は、2024年マシンのプロジェクトから使用されており、インフラ整備や技術体制の刷新による効果がコース上に現れるのは2024年以降となる。

「これ(補強)はマクラーレンに既にいる才能あるスタッフを活かすためのモノだ。ジオメトリーを物理的に設計するのは同じ人間だからね」

「ただ、明確な方向性と目標を設定し、エンパワーメントと熱意をスタッフとの接し方の基礎とすることで、彼らの才能を解き放つことができた。それが重要だった。そして、我々はそうやって未来へ向かっている」

こんな記事も読まれています

5/16申込締切【無料】「中国EVはなぜ脅威なのか」北京モーターショーで見た中国国産EVの今と未来
5/16申込締切【無料】「中国EVはなぜ脅威なのか」北京モーターショーで見た中国国産EVの今と未来
レスポンス
セナへのトリビュート/トヨタのテストは“ル・マン優先”/市内でサイン会etc.【WECイモラ木曜Topics】
セナへのトリビュート/トヨタのテストは“ル・マン優先”/市内でサイン会etc.【WECイモラ木曜Topics】
AUTOSPORT web
高速PA駐車マス「ぜんぶナナメ化」! 大型車マス大幅増 小型車も停め方だいぶ変わった!? 九州の基幹PA
高速PA駐車マス「ぜんぶナナメ化」! 大型車マス大幅増 小型車も停め方だいぶ変わった!? 九州の基幹PA
乗りものニュース
5年ぶりのF1中国GPで、ドライバーたちが路面の“ペイント”に困惑
5年ぶりのF1中国GPで、ドライバーたちが路面の“ペイント”に困惑
AUTOSPORT web
スズキ『キャリイ』シリーズ 仕様変更
スズキ『キャリイ』シリーズ 仕様変更
レスポンス
F1中国GPスプリント、接触の非はアロンソにあり! 10秒のタイム加算+ペナルティポイント3が科される。スチュワード、レギュレーションの修正求める
F1中国GPスプリント、接触の非はアロンソにあり! 10秒のタイム加算+ペナルティポイント3が科される。スチュワード、レギュレーションの修正求める
motorsport.com 日本版
三菱「新型“2人乗り”軽バン」公開! 斬新“窓なし”&超静音仕様! 乗り心地も“良好”になった 新「L100」インドネシアで306万円から
三菱「新型“2人乗り”軽バン」公開! 斬新“窓なし”&超静音仕様! 乗り心地も“良好”になった 新「L100」インドネシアで306万円から
くるまのニュース
ヤマハ「SR400」 初期型カラーの外装セットを受注期間限定で発売
ヤマハ「SR400」 初期型カラーの外装セットを受注期間限定で発売
バイクのニュース
実走行504キロのレクサス「LFA」が2億2000万円以上!?「ニュルブルクリンクパッケージ」は64台の超希少車でした
実走行504キロのレクサス「LFA」が2億2000万円以上!?「ニュルブルクリンクパッケージ」は64台の超希少車でした
Auto Messe Web
複数のチームから関心が向く角田には「ベストな選択肢を掴んでほしい」/渡辺康治HRC社長インタビュー(2)
複数のチームから関心が向く角田には「ベストな選択肢を掴んでほしい」/渡辺康治HRC社長インタビュー(2)
AUTOSPORT web
フェルスタッペン、序盤トラブルもハミルトン下し圧勝。激しい3位争いをペレス制す|F1中国GPスプリント
フェルスタッペン、序盤トラブルもハミルトン下し圧勝。激しい3位争いをペレス制す|F1中国GPスプリント
motorsport.com 日本版
BYD「仰望(ヤンワン)U8」泳ぐ電動オフローダーは老舗ブランドの脅威になる!
BYD「仰望(ヤンワン)U8」泳ぐ電動オフローダーは老舗ブランドの脅威になる!
AutoBild Japan
ルクレール、サインツJr.とのチームメイトバトルに怒り「彼は限界を越えていた」
ルクレール、サインツJr.とのチームメイトバトルに怒り「彼は限界を越えていた」
motorsport.com 日本版
【ついに発表トヨタ・ランドクルーザー250シリーズ】 限定車ファーストエディションも販売へ
【ついに発表トヨタ・ランドクルーザー250シリーズ】 限定車ファーストエディションも販売へ
AUTOCAR JAPAN
レゴで楽しむ【マクラーレンMP4/4 & アイルトン・セナ】の趣味時間
レゴで楽しむ【マクラーレンMP4/4 & アイルトン・セナ】の趣味時間
カー・アンド・ドライバー
タントがヒットしている時代にスバルR1発売…… 時代に逆行する軽スぺシャリティをなんで作っちゃたのよ! だけど今じゃ新車のお値段以上の260万円に暴騰中!
タントがヒットしている時代にスバルR1発売…… 時代に逆行する軽スぺシャリティをなんで作っちゃたのよ! だけど今じゃ新車のお値段以上の260万円に暴騰中!
ベストカーWeb
1コーナーで無理しなくても僕を抜けたのでは……? ハミルトン、ノリスとの攻防振り返る「彼はあそこで引くべきだった」
1コーナーで無理しなくても僕を抜けたのでは……? ハミルトン、ノリスとの攻防振り返る「彼はあそこで引くべきだった」
motorsport.com 日本版
オンロード性能はそのままにオフロード性能が大幅アップ! 見た目もアグレッシブに進化した「GEOLANDAR A/T4」を横浜ゴムが発表
オンロード性能はそのままにオフロード性能が大幅アップ! 見た目もアグレッシブに進化した「GEOLANDAR A/T4」を横浜ゴムが発表
くるまのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村