現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 日産からルークス登場! いま軽スーパーハイトワゴンを買うべき、たった一つの理由とは?

ここから本文です

日産からルークス登場! いま軽スーパーハイトワゴンを買うべき、たった一つの理由とは?

掲載 更新 23
日産からルークス登場! いま軽スーパーハイトワゴンを買うべき、たった一つの理由とは?

日産から新型軽自動車「ルークス」が登場しました。いま日本の新車販売でもっとも売れているスーパーハイトワゴン軽自動車カテゴリーのニューモデルです。ご存知のように、このカテゴリーにはホンダN-BOX、スズキ・スペーシア、ダイハツ・タントと強力なライバルが存在しています。

実際、2020年1月の販売実績を見ても、N-BOXは1万8953台、スペーシアは1万2411台、タントは1万2332台を売っています。日産デイズは1万4226台を売っていますが、ハイトワゴンの「デイズ」とスーパーハイトワゴンの「デイズルークス」の合計なので、いったん除外します。ちなみに、登録車の販売トップは1万0220台のトヨタ・ライズですから圧倒的に軽スーパーハイトワゴンのマーケットは大きいのです。

なぜ、軽スーパーハイトワゴンが売れまくっているのかといえば、コストパフォーマンスに優れたクルマが揃っているからです。ただ、このカテゴリーでは150万円以上の予算が必要ですから、コストパフォーマンスに優れているといっても反論したくなるかもしれませんが、ここでいうコストパフォーマンスとは価格以上の満足度があるという意味です。なにしろ売れているカテゴリーは期待される販売台数が多いですから、一台あたりで負担する開発費を小さくできます。逆にいえば、他のモデルより開発費を増やしてもペイできることになります。

N-BOX、スペーシア、タントの3台については、それぞれの開発責任者の方に話を聞いた経験がありますが、どれも売れ筋のモデルで強力なライバルが存在しているだけに予算をかけてチャレンジしていますし、ライバルを徹底的に研究している姿勢がありありと伝わってきました。王者N-BOXの完成度は誰もが認めるところでしょう。スペーシアは自転車を積みやすいように開口部にガイドがあったり、タントは助手席側Bピラーレスのミラクルオープンドアを活かすべく運転席の超ロングスライド機能を持たせたりと、それぞれ個性を磨いています。2019年にフルモデルチェンジしたタントがプラットフォーム、パワートレインとも一新したのは、そこまでやらなければライバルを超えることはできない、という強い意思があったからだと聞いています。

価格以上の満足度がなければライバルと戦えない

フルモデルチェンジした日産ルークスのストロングポイントとしては、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた高性能なADAS(先進運転支援システム)の「プロパイロット」があげられます。しかし、それだけでライバルと互角に戦えるほど甘いカテゴリーではありません。スペースユーティリティ、スライドドアの使い勝手、開口部の大きさなども重要ですし、取り回しの良さや高速での安定性などトータルでの走行性能も求められます。

軽自動車にそこまで求めるのは酷かとも思ってしまいますが、売れているカテゴリーですから、各メーカーは威信をかけてナンバーワンのパフォーマンスを得ようとしています。ライバルと戦うために価格以上の満足度を得られるようなクルマづくりが求められているのです。

結果として、どのモデルもユーザーの期待以上のプロダクトに仕上がり、コストパフォーマンスに優れたモデルをラインナップすることになっているのです。パッケージとして背の高さやスライドドアが不要とわかっているならば選択肢には入らないでしょうが、ファミリーカーを探している多くのユーザーが満足できる性能を持っているのが、軽スーパーハイトワゴンのモデルたちなのです。

しかも軽自動車というのは日本市場独自のカテゴリーです。グローバルモデルと異なり日本のユーザーだけを研究し尽くして生み出されています。各社が予算をかけて日本ベストのモデルとしてリリースしているのですから、買って損がないモデルに仕上がっているのは当然なのです。

文:山本晋也(自動車コミュニケータ・コラムニスト)

こんな記事も読まれています

サルーンボディを切り貼り! フォード・ゼファー MkII ファーナム・エステート(1) 生き残りをかけたワゴン
サルーンボディを切り貼り! フォード・ゼファー MkII ファーナム・エステート(1) 生き残りをかけたワゴン
AUTOCAR JAPAN
「英国王室」御用達ワゴン フォード・ゼファー MkII ファーナム・エステート(2) 汚れた荷物は積みたくない
「英国王室」御用達ワゴン フォード・ゼファー MkII ファーナム・エステート(2) 汚れた荷物は積みたくない
AUTOCAR JAPAN
車のトラブル“非JAF会員”はかなり高く!? ロードサービスの料金を大幅改定 会員向けは拡充
車のトラブル“非JAF会員”はかなり高く!? ロードサービスの料金を大幅改定 会員向けは拡充
乗りものニュース
メルセデス、冷却レベルを誤り、2台がオーバーヒートに苦しむ「トラブルだらけのレース」とハミルトン/F1第1戦
メルセデス、冷却レベルを誤り、2台がオーバーヒートに苦しむ「トラブルだらけのレース」とハミルトン/F1第1戦
AUTOSPORT web
ハイエースより万能? 日本上陸した欧州の「ド定番商用バン」使い道は変幻自在! キャンピングカー界から飛躍なるか
ハイエースより万能? 日本上陸した欧州の「ド定番商用バン」使い道は変幻自在! キャンピングカー界から飛躍なるか
乗りものニュース
MINIクーパー3ドアが10年ぶりにフルモデルチェンジ|MINI
MINIクーパー3ドアが10年ぶりにフルモデルチェンジ|MINI
OPENERS
280馬力超え&MT設定あり! 新型「爆速ミニバン」初公開!ド派手カラー設定+専用エアロでもはや“ファミリーカー”感なし! 「MS-RT」英に登場
280馬力超え&MT設定あり! 新型「爆速ミニバン」初公開!ド派手カラー設定+専用エアロでもはや“ファミリーカー”感なし! 「MS-RT」英に登場
くるまのニュース
“スーパー”なステーションワゴンだった──新型アウディRS6アヴァントパフォーマンス試乗記
“スーパー”なステーションワゴンだった──新型アウディRS6アヴァントパフォーマンス試乗記
GQ JAPAN
フランス発ルーフトップテント「ナイトアップ」日本上陸!大人2人から使えるスタイリッシュ仕様
フランス発ルーフトップテント「ナイトアップ」日本上陸!大人2人から使えるスタイリッシュ仕様
グーネット
悲願の初勝利へ“言い訳無用”のチーム体制強化【2024全チームプレビュー/Kids com Team KCMG】
悲願の初勝利へ“言い訳無用”のチーム体制強化【2024全チームプレビュー/Kids com Team KCMG】
AUTOSPORT web
ルノー 「カングー」で楽しむキャンプライフ提案! アウトドアデイジャパン東京2024
ルノー 「カングー」で楽しむキャンプライフ提案! アウトドアデイジャパン東京2024
グーネット
ジムニーのルックスを一層精悍に! バックドアヒンジカバーからナンバー枠まで!【特選カーアクセサリー名鑑】
ジムニーのルックスを一層精悍に! バックドアヒンジカバーからナンバー枠まで!【特選カーアクセサリー名鑑】
レスポンス
急遽浮上した、フェルスタッペン”電撃”メルセデス移籍の噂。ウルフ代表はやんわりと否定「今最速はレッドブルだから、そっちを優先するんじゃないか?」
急遽浮上した、フェルスタッペン”電撃”メルセデス移籍の噂。ウルフ代表はやんわりと否定「今最速はレッドブルだから、そっちを優先するんじゃないか?」
motorsport.com 日本版
ステランティスジャパン、プジョー「508」を一部改良 デザインなど変更
ステランティスジャパン、プジョー「508」を一部改良 デザインなど変更
日刊自動車新聞
雪が積もって「コインP」から出庫できない! “不可抗力”でも駐車料金は「満額」支払うべき? 気になる回答とは
雪が積もって「コインP」から出庫できない! “不可抗力”でも駐車料金は「満額」支払うべき? 気になる回答とは
くるまのニュース
日産 商用バン「AD」が安全性アップ 踏み間違い衝突防止アシストを全グレード標準設定
日産 商用バン「AD」が安全性アップ 踏み間違い衝突防止アシストを全グレード標準設定
グーネット
ロールス・ロイス “地上の楽園”にちなんだオープンカー「アルカディア・ドロップテイル」披露
ロールス・ロイス “地上の楽園”にちなんだオープンカー「アルカディア・ドロップテイル」披露
グーネット
マクラーレンの開幕戦6位&8位は今後に向けた「良い兆候」とノリス。苦手傾向だったバーレーンに光明見出す
マクラーレンの開幕戦6位&8位は今後に向けた「良い兆候」とノリス。苦手傾向だったバーレーンに光明見出す
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

23件
  • この手のスーパーハイトと呼ばれる軽が登場して約17年。その間、クルマ選びの主導権が男性優位から女性の発言権が強くなり、一台で事足りて尚且つ財布に優しいとなると、必然的にスペースユーティリティに優れたスーパーハイト軽になるのも当然なのかもしれない。
    自分の身の丈に合ったクルマを選ぶ人、あこがれやぜいたくを封印した人、現実主義者が増えたのか世の中が世知辛いのか、この流れは今だれも止められないだろうね。
  • 姉がNBOXを運転中に横から出てきた軽自動車に当てられて横転、大ケガを負いました。室内空間はとても広く快適装備満載で申し分のない車のように感じ、妻にもいいかなって思ってた矢先の事故でした。車幅に対して明らかに高い車高では重心が高く真横から当てられると簡単に横転するようです。事故を経験しない人にはこの手のハイトワゴンはコストパフォーマンスが最高の車とこの先も言われ続けるのでしょうね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

124.5206.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0164.7万円

中古車を検索
デイズルークスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

124.5206.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0164.7万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村