サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【WRC】昨年トヨタで王座獲得、今年はヒュンダイへ……タナク新天地初戦の大クラッシュは、”マシン習熟度”の低さが原因?

ここから本文です
 2019年のWRCでチャンピオンに輝いたオット・タナクは、同年限りでトヨタを離脱し、今季ヒュンダイに移籍した。そのパフォーマンスが注目を集める中、タナクはデイ1のSS1で2番手タイム、SS2で3番手タイムを叩き出すなど順調な走りを披露していた。

 デイ2のオープニングステージSS3でも、タナクは3番手タイムをマークしていたのだが、続くSS4で衝撃的なコースアウトを演じている。幸いドライバーとコドライバーは大事に至らなかったものの、マシンが大破したことで、そのままリタイアになった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン