現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 4月に解禁される日本型ライドシェアのドライバー獲得競争がスタート

ここから本文です
4月に解禁される日本型ライドシェアのドライバー獲得競争がスタート
写真を全て見る(1枚)

ライドシェアは「タクシー不足を解消する有力手段」と言われている。

が、それ以前に各ライドシェアサービスは「ドライバーを確保する」という行程をくぐらなければならない。

昨年の平均販売価格は前年比で3万4470円上昇、コロナ禍で中古バイク価格が高騰した理由

考えてみれば当然の話で、そのライドシェアサービスにドライバー志願者が集まらなければ運行どころではない。これは路線バス事業者にも共通する話題だが、ともかく今後は「ライドシェアドライバー合戦」が始まるだろう。

いや、「始まるだろう」は間違っている。既に始まっているのだから。

記事全文を読む

関連タグ

こんな記事も読まれています

不透明なビジネスはお断り 個人が中古車を企業に販売する「ネット市場」は今後拡大するのか
不透明なビジネスはお断り 個人が中古車を企業に販売する「ネット市場」は今後拡大するのか
Merkmal
タクシー業界が支配する日本版ライドシェア! 利用者のメリットよりも「業界を守る意識」が見え隠れするその中身とは
タクシー業界が支配する日本版ライドシェア! 利用者のメリットよりも「業界を守る意識」が見え隠れするその中身とは
WEB CARTOP
ついに解禁されたライドシェア、賛成派と反対派どっちが多い?
ついに解禁されたライドシェア、賛成派と反対派どっちが多い?
@DIME
全国各地でライドシェアが解禁!ライドシェアドライバーってどうすればなれるの?
全国各地でライドシェアが解禁!ライドシェアドライバーってどうすればなれるの?
LE VOLANT CARSMEET WEB
ヒョンデの「IONIQ 5 ロボットタクシー」が米国の運転免許試験に合格した動画を公開
ヒョンデの「IONIQ 5 ロボットタクシー」が米国の運転免許試験に合格した動画を公開
@DIME
新車もセルフレジ的な販売にするしかない? トヨタのディーラー従業員に「一律1万円支給」に見る新車販売現場の深刻な現状
新車もセルフレジ的な販売にするしかない? トヨタのディーラー従業員に「一律1万円支給」に見る新車販売現場の深刻な現状
WEB CARTOP
5/24申込締切 「ソニー・ホンダモビリティ、BYD、テスラの真の実力と将来予測」
5/24申込締切 「ソニー・ホンダモビリティ、BYD、テスラの真の実力と将来予測」
レスポンス
トヨタの「真の弱点」とは何か? 低燃費車で世界制覇も、迫られる脱“機械屋”という現実
トヨタの「真の弱点」とは何か? 低燃費車で世界制覇も、迫られる脱“機械屋”という現実
Merkmal
「運転しかできないくせに」 タクシードライバーを平気で“職業差別”する人たちに欠けた現状認識力、彼らはエッセンシャルワーカーである
「運転しかできないくせに」 タクシードライバーを平気で“職業差別”する人たちに欠けた現状認識力、彼らはエッセンシャルワーカーである
Merkmal
大型・中型車もAT限定免許、「物流の2024年問題」で警察庁が導入検討[新聞ウォッチ]
大型・中型車もAT限定免許、「物流の2024年問題」で警察庁が導入検討[新聞ウォッチ]
レスポンス
「軽自動車は高齢者の必需品」「免許返納ムリ」 家族は言い出せない? “移動のジレンマ”浮彫りに
「軽自動車は高齢者の必需品」「免許返納ムリ」 家族は言い出せない? “移動のジレンマ”浮彫りに
乗りものニュース
日本車第三勢力、マツダとスバルの「生きる道」…とは?【短期集中連載:第六回 クルマ界はどこへ向かうのか】
日本車第三勢力、マツダとスバルの「生きる道」…とは?【短期集中連載:第六回 クルマ界はどこへ向かうのか】
ベストカーWeb
時間貸駐車場を選ぶ時に重視する条件TOP3、3位広さ、2位目的地までの距離、1位は?
時間貸駐車場を選ぶ時に重視する条件TOP3、3位広さ、2位目的地までの距離、1位は?
@DIME
日本車は中国車に勝てるのか? 東南アジアでシェア拡大を狙う中国企業の強かさ。
日本車は中国車に勝てるのか? 東南アジアでシェア拡大を狙う中国企業の強かさ。
くるくら
ホンダが中国市場向けの次世代EV「烨シリーズ」を公開、2027年までに6モデル投入へ
ホンダが中国市場向けの次世代EV「烨シリーズ」を公開、2027年までに6モデル投入へ
@DIME
三菱地所設計が可変的なシステムでシームレスな移動を可能にする次世代モビリティ計画「Passenger VTOL」を発表
三菱地所設計が可変的なシステムでシームレスな移動を可能にする次世代モビリティ計画「Passenger VTOL」を発表
@DIME
中国製BEVの進出にEUが排除ともとれる動き! 日本メーカーの静観は賢い選択
中国製BEVの進出にEUが排除ともとれる動き! 日本メーカーの静観は賢い選択
WEB CARTOP
まさに“吹き飛んだ”国内バス市場ようやく回復 足元では深刻な課題 三菱ふそう“異例の新規事業”とは?
まさに“吹き飛んだ”国内バス市場ようやく回復 足元では深刻な課題 三菱ふそう“異例の新規事業”とは?
乗りものニュース

みんなのコメント

8件
  • 藍流頓瀬奈
    いかにライドシェアの運営会社が保証すると言っても自分のクルマに赤の他人乗せたいか?
    また赤の他人のクルマに乗りたいか?
    が先に来る…
    ヒッチハイクも乗せたくないし。
  • やふう たろう
    タクシーの運転手さんは売り上げ減って、退職者が増えそうな予感がするのですけど
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村