サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1チームの移籍は想像以上の難しさ……ペレス「ドライバーですら過小評価してしまう」

ここから本文です
 2021年のF1ではダニエル・リカルド(マクラーレン)やカルロス・サインツJr.(フェラーリ)、セバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)など多くのドライバーがチームを移籍したが、その中でもレーシングポイントからレッドブルへと移籍したセルジオ・ペレスは一際高い注目を集めた。

 チームを移籍したドライバーは、それまでのマシンから全く新しいマシンへと適応するために長い時間を必要としていた。ルノーからマクラーレンへ移ったリカルドは、特にドライビングを適応していくことに苦戦していたひとりだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン