現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > セダンなのにサンルーフがない! 新しいのに内装が古め! 【愛車の大好きだけどココだけはダメだった点 小鮒康一編】

ここから本文です

セダンなのにサンルーフがない! 新しいのに内装が古め! 【愛車の大好きだけどココだけはダメだった点 小鮒康一編】

掲載 16
セダンなのにサンルーフがない! 新しいのに内装が古め! 【愛車の大好きだけどココだけはダメだった点 小鮒康一編】

 この記事をまとめると

■ホンダ「インサイト」のダメなところをあえてピックアップ

おいビートル! いつまで1速でひっぱるんだよ【愛車の大好きだけどココだけはダメだった点 山本晋也編】

■決して不便ではないが、やや時代の古さを感じる点が目立つ

■海外仕様と国内仕様でオプションに差があるのが難点だ

 ホンダのコンパクトセダン「インサイト」のダメなところ

 筆者の日常のアシとして、日々活躍してくれているホンダ・インサイト(3代目モデル)。いうまでもなく不人気車種であり、すでにひっそりとラインアップから消えてしまったモデルではあるが、個人的にはスタイリッシュで低く構えたセダンボディや、低燃費なハイブリッドモデルである点は非常に気に入っているポイントだ。

 ただ今回は「ダメ出ししたくなる箇所を挙げろ」と言われているので、あえて揚げ足を取る感覚で気になるポイントをピックアップしてみたい。

 まず1つめの不満点は、ステアリングヒーターが備わらないことだ。どうしてもヒーターを使う季節になると燃費の悪化は避けられないハイブリッド車は、直接的に暖を取れるシートヒーターとともにステアリングヒーターは備わってほしい装備の1つ。

 とくに前の愛車であるリーフでステアリングヒーターのありがたみを実感しているだけに、燃費に影響があるという以前に快適装備として装着されていて欲しかったというのが本音である。

 続いての不満点はナビゲーションシステムの画面サイズ。全グレードでナビゲーションが標準装備となるインサイトは追加での費用が発生しないという点はありがたいのだが、モニターサイズが今では決して大画面とは言えない8インチである点が残念なところ。

 まあそもそもデビューが2018年のモデルであるから、当時としては8インチでも十分大画面だったのだが、10インチを超えるものも珍しくなくなってきた今、物足りなさを感じてしまうし、かといって社外品への交換もできないという点がもどかしく思うのだ。

 そして最後にしてもっとも大きな不満点が、サンルーフの設定がないことである。個人的にはセダンにサンルーフの組み合わせはマストと考えており、選ぶことができたなら間違いなくサンルーフ付きを注文していたと言い切ってもいいレベルだった。

 しかし、日本仕様のインサイトにはサンルーフの設定がなくそもそも選ぶことが不可能なのだ。海外仕様のインサイトにはサンルーフの設定があるのだから、国内仕様にもぜひ設定して欲しかった……。

 と、今回はあえて重箱の隅をつつくような不満点を挙げてみたが、気づけばあれほど豊富に揃っていたホンダのセダンのラインアップがゼロになっており、インサイトの次に乗るホンダのセダンが存在しないというのが、なによりも不満点と言えるかもしれない。

こんな記事も読まれています

トヨタの斬新「スライドドアSUV」がスゴい! ワイルド&めちゃ使える! 「クロスバン ギア」どんなモデル?
トヨタの斬新「スライドドアSUV」がスゴい! ワイルド&めちゃ使える! 「クロスバン ギア」どんなモデル?
くるまのニュース
ハスクバーナ新型「スヴァルトピレン」シリーズ発売決定! 日本導入は2機種
ハスクバーナ新型「スヴァルトピレン」シリーズ発売決定! 日本導入は2機種
バイクのニュース
F1ドメニカリCEO、アンドレッティの新規参戦却下に「プロセスは適切だった」とコメント。再申請の鍵となる次期コンコルド協定は近く話し合いへ
F1ドメニカリCEO、アンドレッティの新規参戦却下に「プロセスは適切だった」とコメント。再申請の鍵となる次期コンコルド協定は近く話し合いへ
motorsport.com 日本版
スタイリッシュで機能的! 足元を彩る最新フロアマットの世界~Weeklyメンテナンス~
スタイリッシュで機能的! 足元を彩る最新フロアマットの世界~Weeklyメンテナンス~
レスポンス
しまなみ海道が有料化! 自転車通行料の無料は3月31日まで。サイクリストの聖地を走るなら今だ!
しまなみ海道が有料化! 自転車通行料の無料は3月31日まで。サイクリストの聖地を走るなら今だ!
くるくら
ベントレー ベンテイガ/ベンテイガEWB【1分で読める輸入車解説/2023年版】
ベントレー ベンテイガ/ベンテイガEWB【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
2024年夏に上陸予定! ロイヤルエンフィールド「ショットガン650」は走りもカスタムも楽しめる新時代のネイキッドバイク
2024年夏に上陸予定! ロイヤルエンフィールド「ショットガン650」は走りもカスタムも楽しめる新時代のネイキッドバイク
VAGUE
1月の輸入車販売は前年実績割れに。国内ブランド輸入車が好調。 (2024年1月・輸入乗用車販売TOP20)
1月の輸入車販売は前年実績割れに。国内ブランド輸入車が好調。 (2024年1月・輸入乗用車販売TOP20)
カー・アンド・ドライバー
4月に解禁される日本型ライドシェアのドライバー獲得競争がスタート
4月に解禁される日本型ライドシェアのドライバー獲得競争がスタート
@DIME
【生産再開】ランクル300 ハイエースなどエンジン3機種の基準適合確認! 生産・出荷停止が解除され3月4日から生産出荷再開!!
【生産再開】ランクル300 ハイエースなどエンジン3機種の基準適合確認! 生産・出荷停止が解除され3月4日から生産出荷再開!!
ベストカーWeb
全長4.3m! スズキが新型「本格四駆」25年以降に発売へ! “斬新シフト”がスゴい! 新型「eVX」どんなモデル?
全長4.3m! スズキが新型「本格四駆」25年以降に発売へ! “斬新シフト”がスゴい! 新型「eVX」どんなモデル?
くるまのニュース
総額28億円の資金調達成功でグローバル市場を狙う!Lean Mobility社の都市型小型EV「Lean3」が量産開発の最終段階へ
総額28億円の資金調達成功でグローバル市場を狙う!Lean Mobility社の都市型小型EV「Lean3」が量産開発の最終段階へ
バイクのニュース
マクラーレンがハイパフォーマンスのハイブリッドコンバーチブル「Artura Spider」を発売
マクラーレンがハイパフォーマンスのハイブリッドコンバーチブル「Artura Spider」を発売
@DIME
踏めば踏んだだけ気持ちよく加速するエンジンだった! クルマ好きから珠玉の直6ターボ「1JZ-GTE」が愛された理由とは?
踏めば踏んだだけ気持ちよく加速するエンジンだった! クルマ好きから珠玉の直6ターボ「1JZ-GTE」が愛された理由とは?
ベストカーWeb
ホンダ「スーパーカブ110」「スーパーカブ110プロ」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「スーパーカブ110」「スーパーカブ110プロ」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
通行止めと進入禁止!? 「紛らわしいことこのうえなし!」な道路標識の見分け方
通行止めと進入禁止!? 「紛らわしいことこのうえなし!」な道路標識の見分け方
ベストカーWeb
シンプルで快適なアウトドアの相棒! 三菱 デリカD:5がベースのキャンパー
シンプルで快適なアウトドアの相棒! 三菱 デリカD:5がベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
新型フリードに勝つならエクスパンダークロスしかない!? 三菱初のハイブリッドってのもイイね!! でもかつてのグランディススポーツギアの再来っぽくね!?
新型フリードに勝つならエクスパンダークロスしかない!? 三菱初のハイブリッドってのもイイね!! でもかつてのグランディススポーツギアの再来っぽくね!?
ベストカーWeb

みんなのコメント

16件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

335.5372.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

13.8339.0万円

中古車を検索
インサイトの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

335.5372.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

13.8339.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村