サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アウディA5カブリオレの反逆、「ソフトトップは時代遅れじゃない」【10年ひと昔の新車】

ここから本文です
2009年、4シータークーぺ「アウディA5」のオープンモデル「A5カブリオレ」が登場した。オープンカーにメタルルーフ化の波が押し寄せる中、あえてソフトトップを組み合わせたことは大きな話題となった。アウディの狙いはどこにあったのか、それはどのように実現されていたのか。ここではモナコで行われた国際試乗会の模様を振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2009年5月号より)

迷うことなくソフトトップを選択
「アウディのカブリオレは、当然ソフトトップルーフを採用します。プレミアムクラスの自動車にとって、デザインは選択理由の大きな部分を占めます。

おすすめのニュース

サイトトップへ