現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデス、W15のダウンフォース量は想定通り……しかしそれは無意味? ウルフ代表「ラップタイムが少しも速くなっていないんだからね」

ここから本文です

メルセデス、W15のダウンフォース量は想定通り……しかしそれは無意味? ウルフ代表「ラップタイムが少しも速くなっていないんだからね」

掲載 1
メルセデス、W15のダウンフォース量は想定通り……しかしそれは無意味? ウルフ代表「ラップタイムが少しも速くなっていないんだからね」

 メルセデスは復活を期して2024年シーズンに臨んだが、同年用マシンW15にはいくつかの欠陥があり、ルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルのふたりは苦戦を強いられている。特にW15は、高速コーナーでのパフォーマンスが不足していると言われているが、その根本的な問題はダウンフォースが不足していることあったわけではないということを掴んだようだ。

 メルセデスは、高速コーナーでのパフォーマンス不足について、その答えを追い求めてきた。初期の調査には、風洞やCDFのデータと実際の走行データの相関関係を見直すことも含まれていた。

■表彰台狙えたはずなのに……メルセデス、ハードタイヤ履いた”酷い”第1スティントが致命傷に

 当初メルセデスは、ダウンフォースが不足している理由を説明するため、現在起きている現象をより理解することに多大な労力を費やしてきた。しかし詳細な分析の結果、ダウンフォースは予測通りに発生していると考えられるものの、それはパフォーマンスに何のメリットももたらしていないということが判明したという。

 この調査の結果、W15の問題は空力面ではなくメカニカルグリップの面に存在する可能性があると、チーム内の考え方が変わったようで、日本GPの際には複数の異なるセットアップの方向性が試された。

 メルセデスのチーム代表を務めるトト・ウルフは、2024年マシンW15の理解度について、motorsport.comに次のように語った。

「我々はセンサーや圧力計でダウンフォースを測定している。その結果、メルボルンの特定のコーナーでは、昨年よりも70ポイント多いダウンフォースを発生していることが分かった」

「しかしラップタイムで言えば、1km/hも速くなっていない。意味を果たしていないんだ。では、何が限界になっているのだろうか?」

「発見できた限界があるのか? それを理解するために、いくつかの項目をチェックしたかった。見つけられたことはあると思うよ」

 ウルフ代表は、現状を理解するのが難しかったことを認める。

「この2年で我々が見てきた全てのことは、我々が信じているよりもはるかに多くのダウンフォースが存在するはずだということを示している」

 そうウルフ代表は語った。

「そして今、ダウンフォースを測定したところ、確かにそれは存在していた」

「しかし我々は、そこから本来あるべきラップタイムを引き出すことができなかった。それは、シミュレーションが示している。簡単なことではないよ」

 この数年圧倒的な強さと速さを発揮しているレッドブルの強みは、もちろん空力面にある。しかしサスペンションシステムにより、それを効果的に活かすことができているという側面も大きい。

 ウルフ代表は、メルセデスが本来のパフォーマンスを発揮する鍵となるのは、マシンの機械的な側面と空力特性を、今以上に調和させることだと考えている。

「空力とメカニカル面のバランスという観点から考えると、このマシンは我々にとっては非常に複雑なモノだと思う」

「これらふたつの要素は、互いに関連する必要がある。そしてこの数年、我々はあるひとつの軌道を辿ってきた。その中で我々は堂々巡りを繰り返してきたが、ある時点で『よし、ここでは何か違うことをしなければいけない』と言うようになったんだ」

関連タグ

こんな記事も読まれています

【試乗】曲がりがいい! 加速が素直! 走りの上質さがアップ! 新型フリードを現行モデルと走り比べ
【試乗】曲がりがいい! 加速が素直! 走りの上質さがアップ! 新型フリードを現行モデルと走り比べ
WEB CARTOP
トヨタ新型「シエンタ」発表! いくらで買える?  人気小型ミニバンの1番「安い&高い」仕様… 月々の支払いはいくらなのか
トヨタ新型「シエンタ」発表! いくらで買える? 人気小型ミニバンの1番「安い&高い」仕様… 月々の支払いはいくらなのか
くるまのニュース
アロー・マクラーレン、突然解雇のプルシェールに「彼が悪かったわけではない」と釈明。期待の若手起用を優先
アロー・マクラーレン、突然解雇のプルシェールに「彼が悪かったわけではない」と釈明。期待の若手起用を優先
motorsport.com 日本版
実は複雑怪奇!「道路の端っこスペース」の“違い” 自転車で走ったら違反の場合も!? その見分け方とは
実は複雑怪奇!「道路の端っこスペース」の“違い” 自転車で走ったら違反の場合も!? その見分け方とは
乗りものニュース
MTも選べる! 新型「小さな“高級セダン”」実車公開! 丸目“レトロフェイス”が超カッコイイ! ミツオカ「“新”リューギ」登場
MTも選べる! 新型「小さな“高級セダン”」実車公開! 丸目“レトロフェイス”が超カッコイイ! ミツオカ「“新”リューギ」登場
くるまのニュース
全長4.7mのミドルSUV アウディ「Q5/Q5スポーツバック」に特別仕様車「Sライン ダイナミックエディション」登場
全長4.7mのミドルSUV アウディ「Q5/Q5スポーツバック」に特別仕様車「Sライン ダイナミックエディション」登場
VAGUE
世界のバイク市場は原付クラス!? 2025年で50ccエンジンバイクを終わらせる国内のバイク市場が心配だ!
世界のバイク市場は原付クラス!? 2025年で50ccエンジンバイクを終わらせる国内のバイク市場が心配だ!
バイクのニュース
BMW『X3』新型発表、新デザイン言語採用の4代目
BMW『X3』新型発表、新デザイン言語採用の4代目
レスポンス
CBTR2024 のオプション企画「琵琶湖王2024」のプロモーションビデオが公開!(動画あり)
CBTR2024 のオプション企画「琵琶湖王2024」のプロモーションビデオが公開!(動画あり)
バイクブロス
[WR-V]バカ売れなのはやっぱ価格!! 装備も文句ナシも唯一のお願いが!!!!
[WR-V]バカ売れなのはやっぱ価格!! 装備も文句ナシも唯一のお願いが!!!!
ベストカーWeb
新型フリードに乗ったらシートもラゲッジも格段に進化! 価値は室内空間にアリ!!
新型フリードに乗ったらシートもラゲッジも格段に進化! 価値は室内空間にアリ!!
WEB CARTOP
角田裕毅も期待大! RB、スペインGPでアップデート投入へ「シミュレーションでも違いを感じる」
角田裕毅も期待大! RB、スペインGPでアップデート投入へ「シミュレーションでも違いを感じる」
motorsport.com 日本版
本格的なF1欧州ラウンドが開幕、各チームの大幅なアップデートで勢力図激変!?【スペインGP プレビュー】
本格的なF1欧州ラウンドが開幕、各チームの大幅なアップデートで勢力図激変!?【スペインGP プレビュー】
Webモーターマガジン
ホンダジェット、シェアリングサービス開始 まずは旅行代理店4社に提供
ホンダジェット、シェアリングサービス開始 まずは旅行代理店4社に提供
日刊自動車新聞
[15秒でわかる]長城汽車『POER Sahar』…本場で好評の新型ハイブリッドピックアップトラック
[15秒でわかる]長城汽車『POER Sahar』…本場で好評の新型ハイブリッドピックアップトラック
レスポンス
【やっぱりさびしい】アバルト(ABARTH)のガソリン車「ABARTH F595/695」の国内販売終了
【やっぱりさびしい】アバルト(ABARTH)のガソリン車「ABARTH F595/695」の国内販売終了
AutoBild Japan
トヨタ新型「FJクルーザー」!? 復活待望の“旧車デザイン”な「本格4WD」! 丸目&タフデザインの「次期型モデル」予想CGに反響も
トヨタ新型「FJクルーザー」!? 復活待望の“旧車デザイン”な「本格4WD」! 丸目&タフデザインの「次期型モデル」予想CGに反響も
くるまのニュース
スタイリッシュで機能的、手頃な価格のコンパクトSUV! シトロエン、新型コンパクトSUV「C3エアクロス」発表
スタイリッシュで機能的、手頃な価格のコンパクトSUV! シトロエン、新型コンパクトSUV「C3エアクロス」発表
LE VOLANT CARSMEET WEB

みんなのコメント

1件
  • RunBee
    再びロビー活動開始かな?
    遅いままで良いけどね。
    ダウンフォース有り過ぎても遅くなるんだけどね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村