現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】新型 ジープ グランドチェロキーL|アメリカンSUVらしさに満ちたロングボディのフラッグシップ

ここから本文です

【試乗】新型 ジープ グランドチェロキーL|アメリカンSUVらしさに満ちたロングボディのフラッグシップ

掲載 更新 10
【試乗】新型 ジープ グランドチェロキーL|アメリカンSUVらしさに満ちたロングボディのフラッグシップ

古き良きスタイルをほうふつとさせる3列シートのアメリカンSUV

ジープ グランドチェロキーが10年ぶりにフルモデルチェンジを果たした。初めて写真を見た瞬間にそのスタイリングに惚れた。最近の非ラングラー系ジープが忘れていたテイストで、古き良き時代のアメリカンSUVをほうふつとさせるデザインだったからだ。四角くて長いワゴンスタイルも実にグランドチェロキーらしい。

ジープ グランドチェロキーLのカタログを見る

実際、SUVの元祖としてかつて一世を風靡した“ワゴニア”をデザインリソースとして選んだのだという。ワゴニア的逆スラントのマスクからはすでに威風堂々の貫禄すら漂っている。ちなみに、ジープは最上級ラインナップとしてさらに大きなSUVシリーズを設定し、それをワゴニアと名付けた。そちらはキャデラックエスカレードクラスがライバルだ。

新型グラチェロ最大のポイントもまたボディサイズだろう。3列シートのSUVといえば現代のミニバンというべき人気カテゴリーで、当然ながらジープもそこに目をつけてきた。新たに3列目シートを備えたロングバージョンのグランドチェロキーLをラインナップに加えたのだ。さすがにアメリカンだけあって、Lともなれば全長も5.2mに及ぶ。

まず、そのグラチェロLのみが日本仕様として導入された。シンプルに2種類のグレード、「リミテッド」(7人乗り)と「サミット リザーブ」(6人乗り)を用意する。2列シートのショートボディの方が好みという既存オーナーも少なくないと思うが、どうやら生産が遅れているらしい。ちなみに、ショートは全長4.9m。これは旧型よりわずかに長い程度。とはいえ、全高や全幅の数値は増しているから、新型は2列シート同士で比較してもやっぱり大きくなった。

日本仕様に積まれるパワートレインは3.6L V6+8AT+4WDの1種類のみだ。本国には設定のある高性能でお馴染みのV8 HEMIやプラグインハイブリッドの導入は今のところ見送られている。 実車を見る前から大きくなったという情報を意識しすぎたせいだろうか。実物の脇に立ってみても驚くほど大きいという印象にはいたらなかった(最近はもっと大きなSUVが日本へも導入されている)。Lボディだけあって確かに長く見えるが、マスクが低く幅広いデザインなので威圧感はさほど強くない。もっといえば、水平基調のためスマートにさえ見える。なるほど、これならグラチェロサイズだと納得できるスマートさ。インテリアの高級感も期待していたほどの上質さはなく、イマドキの高級アメ車ならクリアしているスタンダードレベルだった。

グループのアルファ ロメオが開発したFR系プラットフォーム、ジョルジョを使うと聞いていたので、実を言うと脱アメリカンな走りを期待しつつも、逸脱するとそれはそれでやばいと思っていた。チェロキーがステルヴィオのようにキレッキレに走ったら、と思うと、それはそれでちょっと怖い。 ところが、乗ってみて拍子抜けした。そのドライブフィールはまさにグランドチェロキー、おうようさをしっかりと感じるアメリカンSUVだったからだ。これなら生粋のチェロキー派を驚かせることはないだろう。むしろ、程良くボディがしまった感じに感心されるかもしれない。

気になったのはパワートレインの古さが乗り味に悪影響を与えている点だ。微妙なアクセルコントロールが難しく、全体的に荒っぽいあたり、昔のアメ車そのもの。自宅の駐車場からしてだだっ広いアメリカ市場ならともかく、微速域でこそドライブに慎重さを求められる日本ではちょっといただけない。ここは、プラグインハイブリッドなど他のパワートレインに期待したいところ。

ライドフィールのおうようさはアメリカンSUVの典型だと書いたが、ボディが強くなったぶん下半身の震えもはっきりと伝わって、大きなタイヤの存在をこれまで以上に感じてしまうというネガもあった。

総じて、旧型グラチェロやアメリカンSUVからの乗り替え需要には適した仕上げになっていると思われるのだが、内外装のデザインに惚れてヨーロピアンSUVから乗り替えるユーザーは、その走りの質感にもちょっとしたカルチャーショックを受けるかもしれない。 文/西川淳、写真/河野敦樹

ジープ グランドチェロキー(先代)の中古車市場は?

ベーシックなラレードやサミット、上級グレードのリミテッド、ハイパフォーマンスモデルのSRT8やトラックホーク、オフロード性能を高めたトレイルホークなど豊富なラインナップが揃う先代モデル(WK型)。流通量は270台前後、中古車平均価格は約377万円となっている。 ジープ グランドチェロキー(先代)の中古車を探す▼検索条件ジープ グランドチェロキー(旧型)× 全国文/編集部、写真/FCAジャパン【試乗車 諸元・スペック表】●リミテッド 4WD型式7BA-WL36L最小回転半径6.3m駆動方式4WD全長×全幅×全高5.2m×1.98m×1.82mドア数5ホイールベース3.09mミッション8AT前トレッド/後トレッド1.67m/1.67mAI-SHIFT-室内(全長×全幅×全高)-m×-m×-m4WS-車両重量2170kgシート列数3最大積載量-kg乗車定員7名車両総重量2555kgミッション位置フロア最低地上高-mマニュアルモード◯標準色ブライトホワイトクリアコート、バルティックグレーメタリッククリアコートオプション色ダイアモンドブラッククリスタルパールC、ヴェルヴェットレッドパールコート掲載コメント-型式7BA-WL36L駆動方式4WDドア数5ミッション8ATAI-SHIFT-4WS-標準色ブライトホワイトクリアコート、バルティックグレーメタリッククリアコートオプション色ダイアモンドブラッククリスタルパールC、ヴェルヴェットレッドパールコートシート列数3乗車定員7名ミッション位置フロアマニュアルモード◯最小回転半径6.3m全長×全幅×全高5.2m×1.98m×1.82mホイールベース3.09m前トレッド/後トレッド1.67m/1.67m室内(全長×全幅×全高)-m×-m×-m車両重量2170kg最大積載量-kg車両総重量2555kg最低地上高-m掲載用コメント-エンジン型式G環境対策エンジン-種類V型6気筒DOHC使用燃料ハイオク過給器-燃料タンク容量87リットル可変気筒装置-燃費(10.15モード)-km/L総排気量3604cc燃費(WLTCモード)-燃費基準達成-最高出力286ps最大トルク/回転数n・m(kg・m)/rpm344(35.1)/4000エンジン型式G種類V型6気筒DOHC過給器-可変気筒装置-総排気量3604cc最高出力286ps最大トルク/回転数n・m(kg・m)/rpm344(35.1)/4000環境対策エンジン-使用燃料ハイオク燃料タンク容量87リットル燃費(10.15モード)-km/L燃費(WLTCモード)-km/L燃費基準達成-

ジープ グランドチェロキーLのカタログを見るカーセンサーEDGE.netはこちら

こんな記事も読まれています

無限、ホンダ・シビック・タイプR専用パーツ『グループA』を発表。新開発エアロで空力性能が大幅向上
無限、ホンダ・シビック・タイプR専用パーツ『グループA』を発表。新開発エアロで空力性能が大幅向上
AUTOSPORT web
性能調整変更でも『ポルシェが本命』とフェラーリのフォコ「僕らには少し厳しいコース」/WEC第2戦
性能調整変更でも『ポルシェが本命』とフェラーリのフォコ「僕らには少し厳しいコース」/WEC第2戦
AUTOSPORT web
“アンチ・スプリント”のフェルスタッペン、新フォーマットにはある程度満足?「前よりは良い。でも“レース”の後に予選というのがね……」
“アンチ・スプリント”のフェルスタッペン、新フォーマットにはある程度満足?「前よりは良い。でも“レース”の後に予選というのがね……」
motorsport.com 日本版
レクサスの“高級オフローダー”日本上陸! 新型「GX」秋頃発売へ “限定仕様車”は早くも抽選受付スタート
レクサスの“高級オフローダー”日本上陸! 新型「GX」秋頃発売へ “限定仕様車”は早くも抽選受付スタート
乗りものニュース
「800万円!?」 超高級な「軽自動車」に驚きの声! 今も「新車」で買える“超高性能”な「斬新モデル」に世界も注目!
「800万円!?」 超高級な「軽自動車」に驚きの声! 今も「新車」で買える“超高性能”な「斬新モデル」に世界も注目!
くるまのニュース
マセラティから第3のEVモデル登場! 新型「グランカブリオ フォルゴレ」にはフォーミュラEカーの技術がフィードバックされていました
マセラティから第3のEVモデル登場! 新型「グランカブリオ フォルゴレ」にはフォーミュラEカーの技術がフィードバックされていました
Auto Messe Web
うぉぉぉ! バスなのに線路も走れるだと!? 徳島県で実用化された「DMV」が「少年の夢」感アリアリで胸熱すぎる
うぉぉぉ! バスなのに線路も走れるだと!? 徳島県で実用化された「DMV」が「少年の夢」感アリアリで胸熱すぎる
WEB CARTOP
スバルとAMDがSoC設計で協業開始。ステレオカメラとAI処理を融合させ、次世代アイサイトに搭載へ
スバルとAMDがSoC設計で協業開始。ステレオカメラとAI処理を融合させ、次世代アイサイトに搭載へ
AUTOSPORT web
RB、角田裕毅苦戦の原因究明急ぐ「まだ彼のマシンに問題は見つかっていない」F1中国GP予選では19番手に沈む
RB、角田裕毅苦戦の原因究明急ぐ「まだ彼のマシンに問題は見つかっていない」F1中国GP予選では19番手に沈む
motorsport.com 日本版
フォーミュラEの東京大会が想像以上に盛り上がった理由
フォーミュラEの東京大会が想像以上に盛り上がった理由
@DIME
サインツJr.、決勝に向けて慎重な構え「レッドブルと対峙することを考えるより、マクラーレンやアストンに勝つ方法を考えなきゃ!」
サインツJr.、決勝に向けて慎重な構え「レッドブルと対峙することを考えるより、マクラーレンやアストンに勝つ方法を考えなきゃ!」
motorsport.com 日本版
2024年全日本ラリー第2戦「ツール・ド・九州 in 唐津」リポート! 新井/松尾組が駆るシュコダ・ファビアR5がワークスチームに立ち向かう!
2024年全日本ラリー第2戦「ツール・ド・九州 in 唐津」リポート! 新井/松尾組が駆るシュコダ・ファビアR5がワークスチームに立ち向かう!
くるまのニュース
レゴ ブロック初心者再び! セナが愛用した「マクラーレン MP4/4」を組み立ててみたら感激した
レゴ ブロック初心者再び! セナが愛用した「マクラーレン MP4/4」を組み立ててみたら感激した
レスポンス
ハミルトン、スプリント2位から一転まさかの予選Q1敗退。マシン大幅変更も、ミスの原因は風か
ハミルトン、スプリント2位から一転まさかの予選Q1敗退。マシン大幅変更も、ミスの原因は風か
motorsport.com 日本版
ファルケンポルシェがニュルブルクリンク24時間の予選レースで2連勝。前哨戦で強さを見せる
ファルケンポルシェがニュルブルクリンク24時間の予選レースで2連勝。前哨戦で強さを見せる
AUTOSPORT web
車検前の準備は何が必要? 洗車やキズ修復はしたがほうが良い? 逆に“事前にしないとダメ”なこととは?
車検前の準備は何が必要? 洗車やキズ修復はしたがほうが良い? 逆に“事前にしないとダメ”なこととは?
くるまのニュース
トヨタがまだ発売していない「新型クラウン」を展示! ラージサイズSUVやアウトドア仕様に触れる機会を全国6箇所で… クラウンで「余裕ある大人の生き方」を提案へ
トヨタがまだ発売していない「新型クラウン」を展示! ラージサイズSUVやアウトドア仕様に触れる機会を全国6箇所で… クラウンで「余裕ある大人の生き方」を提案へ
VAGUE
話し合った? 話し合ってない? フェラーリ、スプリントでの激しいチーム内バトルの見解にドライバー間で食い違い
話し合った? 話し合ってない? フェラーリ、スプリントでの激しいチーム内バトルの見解にドライバー間で食い違い
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

10件
  • サミットが上級グレードなのに、そんな事さえも間違えているような記事は信用に値するのか。
  • しつこいですが5人乗りでお願いします
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

934.01189.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

468.81198.0万円

中古車を検索
グランドチェロキーLの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

934.01189.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

468.81198.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村