現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > パジェロミニ復活計画は頓挫……しかし「デリカミニ」があった!!! 来春もう発売!!?

ここから本文です

パジェロミニ復活計画は頓挫……しかし「デリカミニ」があった!!! 来春もう発売!!?

掲載 123
パジェロミニ復活計画は頓挫……しかし「デリカミニ」があった!!! 来春もう発売!!?

 以前のスクープで、パジェロミニが復活すると報じた。読者の反響は予想以上に大きく、期待の大きいクルマであることがよくわかったのだが、申し訳ない! その後の調査で、その計画はなくなったことが判明してしまったのだ。

 だがそれと入れ替わるように新たなモデルのスクープ情報が入ってきた! 「パジェロミニ」はなくなったが、「デリカミニ」があったのだ! パジェロミニ開発断念の詳報と新たなモデルについてお届け!

パジェロミニ復活計画は頓挫……しかし「デリカミニ」があった!!! 来春もう発売!!?

※本稿は2022年8月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部、写真/MITSUBISHI、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2022年9月10日号

■パジェロミニ復活計画は頓挫… 一体なぜ???

 情報筋によると、パジェロミニ開発断念の理由はやはりコストの問題だという。

 本格的な軽SUVはコアなファンこそ確実にいるものの、そこに行き渡ったあとも継続的に売れ続けるのは難しい。

 それは過去のパジェロミニの販売動向が示しているとおりだ。同じ理由で、軽自動車の開発、生産で提携している日産が難色を示したという説もある。

 一時の不振から脱却し、急激な回復ぶりを見せて好調な決算が続いている三菱だが、趣味性の高い軽自動車を投入するには時期尚早という判断だろうか。

 ただし、一度は開発にGOサインを出した案件なのだから、今後の状況しだいでは再開もありうる。三菱のさらなる業績回復に期待したいところだ。

新型パジェロミニのベストカーによる予想CG。今回の復活の可能性は潰えてしまったが、三菱の昇り調子が続けばきっと…と期待する面は拭えない。引き続き情報を注視していきたい!

 さて、パジェロミニ開発断念の報に肩を落とすベストカーに、意外な情報が飛び込んできた。パジェロミニはなくなったが、デリカミニがあったのだ!

 パジェロもデリカも三菱のビッグネーム。その名前を使って新型車を出す手法に賛同するファンは多いだろう。

■知らぬ間に開発が進んでいて、デビューは来年春との情報 本格4WDシステムを搭載か?

 デリカミニはその名のとおり軽自動車で、当然、デリカD:5のイメージを色濃く表現したクルマとなる。

デリカミニを名乗るなら、当然デリカD:5のイメージを感じさせるミニバン+SUV風のエクステリアデザインになる。直接のライバルはハスラーとタフトで、両車よりもワイルドな雰囲気を演出するデザインになりそうだ(画像はベストカーによる予想CG)

 具体的にはボックス型、リアスライドドアのハイトワゴンで、軽自動車の規定上3列シートにはできないが、外観はミニバンのイメージとなる。もちろん、デリカを名乗る限りSUVのテイストは必須で、それもクロスオーバーではなく本格的なSUVとなる。

 パジェロミニに気を取られていたベストカーにとって、デリカミニは寝耳に水といったもの。

 さらに驚かされるのは開発がもうかなり進んでいて、来年春(3~4月)には登場するスケジュールになっていることだ。悔しいが、まったく気づいていなかった!

 気になるのはeKクロス、eKクロススペースとの差別化だが、デザインは前述したとおり「もっとSUVテイスト」とすることで解決できる。

 来年春という登場時期から推察するに、パワーユニットはeKシリーズのものを踏襲することになりそうだが、4WDシステムはeKシリーズのビスカスカップリングを使ったオンデマンド方式よりもっと本格的なものとなる可能性もある。

「デリカ」を名乗るなら、見た目だけでなく、実際に悪路に強い走行性能も期待されるからだ。

 最低地上高はeKクロス(155mm)よりも大幅に上げられ、190mm前後の数値となるだろう。

 もうひとつの注目はガソリンエンジン+マイルドハイブリッドだけでなくBEVがあるかどうかだが、この点に関しての詳細な情報は入っておらず、想定されるのは「遅れて追加される」というもの。

 まずは売れゆき好調のeKクロスEVの納車を進めてからということになりそうだ。もちろん「マイパイロット」をはじめとする先進運転支援システムも装備される。

 円安効果もあって、財務状況が一気に好転している三菱だが、それ以上に新型アウトランダーPHEVをはじめとする商品力の向上が明るい材料。

 来年はじめには次期RVRも登場予定で、このデリカミニでさらに勢いを増しそうだ。

 なんと言っても、そのネーミングからもファンの喜ぶツボを理解していることが伝わってくるのが嬉しい。

 三菱に明らかな変化が見られる。パジェロミニの開発は頓挫したが、デリカミニがある。どんなクルマで登場するのか、来年春が楽しみだ!

●三菱 デリカミニ予想スペック
・全長×全幅×全高:3395×1475×1890mm
・ホイールベース:2520mm
・車両重量:1020kg
・最低地上高:190mm
・エンジン:直3、659ccターボ(マイルドハイブリッド)
・最高出力/最大トルク:64ps/10.2kgm
・モーター最高出力/最大トルク:2.7ps/4.1kgm
・駆動方式:4WD
・トランスミッション:CVT
・登場時期:2023年3~4月
・予想価格:200万~220万円
※NAエンジンもあり

こんな記事も読まれています

パニック!駐車場で「どこに停めたか忘れた」どう対策? クルマの位置がすぐ分かる「裏ワザ」とは 便利アイテムも活用できる!?
パニック!駐車場で「どこに停めたか忘れた」どう対策? クルマの位置がすぐ分かる「裏ワザ」とは 便利アイテムも活用できる!?
くるまのニュース
シャンデリアに金華山がデコトラ野郎の矜持! 「昭和な煌びやかさ」にこだわるデコトラ内装の世界
シャンデリアに金華山がデコトラ野郎の矜持! 「昭和な煌びやかさ」にこだわるデコトラ内装の世界
WEB CARTOP
最近「影薄め」だけどWRCは75勝! グレーな噂がありつつもヤバイぐらいカッコイイ珠玉のマシンを一挙紹介!!
最近「影薄め」だけどWRCは75勝! グレーな噂がありつつもヤバイぐらいカッコイイ珠玉のマシンを一挙紹介!!
WEB CARTOP
京王バス「中野‐中野新橋‐永福町」を新系統に置き換え 稲城長峰循環も廃止 3月にダイヤ改正
京王バス「中野‐中野新橋‐永福町」を新系統に置き換え 稲城長峰循環も廃止 3月にダイヤ改正
乗りものニュース
日産最大! 超巨大な「高級SUV」お披露目! 斬新すぎる“点滅ライト”採用!? 「QXモノグラフ」カナダ初公開
日産最大! 超巨大な「高級SUV」お披露目! 斬新すぎる“点滅ライト”採用!? 「QXモノグラフ」カナダ初公開
くるまのニュース
VERTEX PARTNERS CERUMO・INGINGが2024年SF参戦体制とマシンカラーを発表
VERTEX PARTNERS CERUMO・INGINGが2024年SF参戦体制とマシンカラーを発表
AUTOSPORT web
東京浅草にレーシングシミュレーターショップ『ZENKAIRACING TOKYO』がオープン
東京浅草にレーシングシミュレーターショップ『ZENKAIRACING TOKYO』がオープン
AUTOSPORT web
自動で人を避ける! 他のクルマに道を譲る! ホンダの協調人工知能搭載のモビリティとロボットが凄い
自動で人を避ける! 他のクルマに道を譲る! ホンダの協調人工知能搭載のモビリティとロボットが凄い
WEB CARTOP
今年もドゥカティは強い? バニャイヤ、バイクのフィーリングに大満足「完璧に機能している」
今年もドゥカティは強い? バニャイヤ、バイクのフィーリングに大満足「完璧に機能している」
motorsport.com 日本版
【A PITオートバックス東雲】東雲に大集合! いまさらながら欧州ビンテージカーが熱い【モーニングミーティング】
【A PITオートバックス東雲】東雲に大集合! いまさらながら欧州ビンテージカーが熱い【モーニングミーティング】
LE VOLANT CARSMEET WEB
韓国興収100億円突破! マ・ドンソクの剛腕が唸るシリーズ最新作『犯罪都市 NO WAY OUT』
韓国興収100億円突破! マ・ドンソクの剛腕が唸るシリーズ最新作『犯罪都市 NO WAY OUT』
バイクのニュース
出光・ENEOS、北海道電力 大規模グリーン水素製造プラントの建設とサプライチェーン構築の覚書締結
出光・ENEOS、北海道電力 大規模グリーン水素製造プラントの建設とサプライチェーン構築の覚書締結
Auto Prove
ホンダが真新「コンパクトSUV」発売! 八角形グリル&カクカクボディ採用!? 200万円強からのモデル、どんな声ある?
ホンダが真新「コンパクトSUV」発売! 八角形グリル&カクカクボディ採用!? 200万円強からのモデル、どんな声ある?
くるまのニュース
ウイリアムズも“F1界のトレンド”を追従。シェイクダウンで明かされた2024年マシンFW46の実車で見えたコト
ウイリアムズも“F1界のトレンド”を追従。シェイクダウンで明かされた2024年マシンFW46の実車で見えたコト
motorsport.com 日本版
ヨシムラ × weds コラボの軽自動車用ホイール「ヨシムラ WRS Seven」の受注がスタート!
ヨシムラ × weds コラボの軽自動車用ホイール「ヨシムラ WRS Seven」の受注がスタート!
バイクブロス
ステランティスジャパン、アルファロメオ・トナーレの限定車を2/23発売
ステランティスジャパン、アルファロメオ・トナーレの限定車を2/23発売
日刊自動車新聞
日産が超カッコいい新型「大型バン」初公開! キャンプや車中泊にも大活躍!? 新型「インタースター」欧州登場への反響とは
日産が超カッコいい新型「大型バン」初公開! キャンプや車中泊にも大活躍!? 新型「インタースター」欧州登場への反響とは
くるまのニュース
m-tech の「クロモリアクスルシャフトシリーズ」に初期型油冷 GSX-R 用新ラインナップが追加!
m-tech の「クロモリアクスルシャフトシリーズ」に初期型油冷 GSX-R 用新ラインナップが追加!
バイクブロス

みんなのコメント

123件
  • 変な飾り要らんから、シンプルに安く出してください。
  • 出したら売れますね。
    この後「そんなワケねぇ」
    的なコメントされても
    出したら売れますね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

124.1169.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

8.0154.9万円

中古車を検索
パジェロミニの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

124.1169.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

8.0154.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村