現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > パワー十分で見た目もカッコイイ! 実力派のマイルド高性能車3選

ここから本文です

パワー十分で見た目もカッコイイ! 実力派のマイルド高性能車3選

掲載 更新 2
パワー十分で見た目もカッコイイ! 実力派のマイルド高性能車3選

■基本性能の高さが魅力のマイルドなスポーツモデルを振り返る

 走りの性能に特化したクルマであるスポーツカーには、大きく分けて2種類があります。ひとつは専用に設計されたモデルで、もうひとつはベース車が存在し高性能化したモデルです。

4000ccクラスの加速力! ターボ搭載の激速「マツダ3」が発売

 現行モデルで専用に設計されたスポーツカーというと、トヨタ「スープラ」や日産「GT-R」などがあり、ベース車を高性能化したスポーツカーでは、かつての三菱「ランサーエボリューション」シリーズやホンダ「シビック タイプR」が挙げられます。

 どちらのスポーツカーも大いに魅力的ですが、当然ながら高額で、さらに普段使いに適したモデルばかりではなく、購入をためらう人も多いのではないでしょうか。

 しかし、スポーツカーのベースになったモデルのなかには、十分な性能で使い勝手も良いモデルも存在しました。

 そこで、マイルドなパフォーマンスながら魅力的なクルマを、3車種ピックアップして紹介します。

●ホンダ「インテグラ タイプS」

 アメリカホンダは2022年3月からアキュラ新型「インテグラ」の予約を開始すると発表し、いよいよ発売までのカウントダウンが始まりました。

 日本では2007年にインテグラの販売は終了しましたが、今もストイックに走りを追求した高性能モデルの「インテグラ タイプR」を中心に人気を集めています。

 一方、適度に高性能なモデルとして存在したのが「インテグラ タイプS」です。

 2001年に発売された4代目インテグラではタイプRと「iS」の2グレードが展開され、タイプRは最高出力220馬力を誇る2リッター直列4気筒VTECエンジンと6速MTの組み合わせのみでしたが、iSも2リッターエンジンながら実用域のトルクを重視した最高出力160馬力のスペックで、トランスミッションは5速MTと5速ATを設定。

 その後、2004年のマイナーチェンジではiSは「タイプS」へとネーミングを変更し、エンジンスペックは変わらず、17インチホイールの採用とブレーキ容量のアップや、サスペンションセッティングの変更により重心高を7mmダウン。

 また、ステアリング系の最適化によりハンドリングの応答性向上と、MT車ではシフトフィールが改善されるなど、気持ちの良い走りを重視したチューニングが施されていました。

●スバル「インプレッサハッチバック 2.0GT」

 かつて、スバルを代表する高性能モデルだった「インプレッサ WRX」は、2014年に独立した車種の「WRX STI/WRX S4」に系譜が引き継がれました。

 このインプレッサでは最後の高性能モデルをラインナップした2007年発売の3代目では、比較的ハイスペックなターボエンジンを搭載したグレードとして「2.0GT」が設定されていました。

 2.0GTはデビュー当初「S-GT」のネーミングで5ドアハッチバックのみとされ、外観は派手なエアロパーツはなく、ボンネットのエアダクトがターボモデルであることを主張するに留まっていました。

 搭載されたエンジンは「インプレッサ WRX STI」と同型の2リッター水平対向4気筒ターボ「EJ20型」をベースにデチューンされ、最高出力250馬力と扱いやすさを重視。

 また、トランスミッションは5速MTと4速ATが設定され、駆動方式はフルタイム4WDを採用していました。

 インプレッサハッチバック 2.0GTは2リッターの4WD車ながら1300kg台と比較的軽量なボディと、トルクフルなエンジンが相まって十分な走行性能を発揮し、足まわりやブレーキはWRX STIほど強化されずとも基本性能の高さからスポーティな走りも可能でした。

●三菱「ギャランフォルティス ラリーアート」

 三菱の高性能モデルというと「ランサーエボリューション」シリーズですが、2007年に発売された「ランサーエボリューションX」をもって消滅してしまいました。
 
 シリーズ最後のランエボXのベース車が「ギャランフォルティス」で、なかでも2008年に追加された「ギャランフォルティス ラリーアート」はかなりの実力派モデルでした。

 エンジンはランエボXと同型の「4B11型」2リッター直列4気筒ターボで、最高出力240馬力にデチューンされたかたちでしたが十分なパワーを発揮。トランスミッションもランエボX由来の「ツインクラッチSST」(6速DCT)が組み合わされました。

 駆動方式は3つの走行モードを選択可能としたフルタイム4WDで、実用性を重視したセッティングとされました。

 外観は専用デザインのフロントバンパー、エアダクト付きのアルミ製ボンネットフード、デュアルマフラーなどが装着され、派手さは控えめながらしっかりと高性能モデルであることを主張。

 ランエボXの影に隠れた感のあるギャランフォルティス ラリーアートですが、走りの性能は高く評価されました。

※ ※ ※

 昔は適度な高性能モデルというと数多くラインナップされていましたが、近年はニーズの変化もあって激減してしまいました。

 どちらかというとかなり尖った性能のモデルか、ごく普通の性能のモデルの両極端になった印象があります。

 しかし、ドライビングプレジャーを味わうにはパワーはあまり関係なく、むしろ日本の道路事情ではローパワーなモデルが最適なのかもしれません。

こんな記事も読まれています

5G対応TCU発表、ハーマンがクアルコム「スナップドラゴン」活用…MWC 2024
5G対応TCU発表、ハーマンがクアルコム「スナップドラゴン」活用…MWC 2024
レスポンス
アストンマーティン、新型「ヴァンテージ GT4」発表。GTレーサーの最強ラインアップが完成!
アストンマーティン、新型「ヴァンテージ GT4」発表。GTレーサーの最強ラインアップが完成!
LE VOLANT CARSMEET WEB
1287馬力のハイパーEV、BYD仰望『U9』…中国発売
1287馬力のハイパーEV、BYD仰望『U9』…中国発売
レスポンス
マクラーレンの”真の力”はまだ見えてこない? ノリス「バーレーンってウチは苦手だから」|F1開幕戦
マクラーレンの”真の力”はまだ見えてこない? ノリス「バーレーンってウチは苦手だから」|F1開幕戦
motorsport.com 日本版
「完璧に勝てる」ニュルブルクリンク24時間に臨むスバルの本気…東京オートサロン2024
「完璧に勝てる」ニュルブルクリンク24時間に臨むスバルの本気…東京オートサロン2024
レスポンス
故障した車を「楽に動かす方法」があった!? 警視庁が伝授する”対処法”が話題に! 一方で初心者が気をつけるべき“落とし穴”も?
故障した車を「楽に動かす方法」があった!? 警視庁が伝授する”対処法”が話題に! 一方で初心者が気をつけるべき“落とし穴”も?
くるまのニュース
【MVアグスタ】バイカーズパラダイスにレンタルバイクを配備!「1時間レンタルプログラム」を3/1より実施
【MVアグスタ】バイカーズパラダイスにレンタルバイクを配備!「1時間レンタルプログラム」を3/1より実施
バイクブロス
ついに日本でCR-Vが販売されるだって? ホンダ発表、FCEVになって今夏「来日」
ついに日本でCR-Vが販売されるだって? ホンダ発表、FCEVになって今夏「来日」
AUTOCAR JAPAN
「M・M思想」と「アート」を標榜するホンダの新EV「0シリーズ」! 真逆の考えは融合できているのかデザインのプロがチェック!!
「M・M思想」と「アート」を標榜するホンダの新EV「0シリーズ」! 真逆の考えは融合できているのかデザインのプロがチェック!!
WEB CARTOP
プジョー・ブランドのファストバックサルーン! 新型「プジョー508」発売。エクステリア・インテリアの革新的なデザインが最大の特徴
プジョー・ブランドのファストバックサルーン! 新型「プジョー508」発売。エクステリア・インテリアの革新的なデザインが最大の特徴
LE VOLANT CARSMEET WEB
だから減便するしかない「バスの2024年問題」市民の足直撃 働き方改革 カギ握る“1時間の差”
だから減便するしかない「バスの2024年問題」市民の足直撃 働き方改革 カギ握る“1時間の差”
乗りものニュース
【明日発売】カリフォルニアのアーティストのガレージへ突撃取材も!『ガレージライフ 99号 2024年4月号』発売
【明日発売】カリフォルニアのアーティストのガレージへ突撃取材も!『ガレージライフ 99号 2024年4月号』発売
LE VOLANT CARSMEET WEB
日産が新たな「モビリティサービス」実現への“取り組み”を発表! 最新「セレナ」で一般でも「驚きの技術」体験できるサービスを2024年度から実施へ
日産が新たな「モビリティサービス」実現への“取り組み”を発表! 最新「セレナ」で一般でも「驚きの技術」体験できるサービスを2024年度から実施へ
くるまのニュース
レクサスNXに新カテゴリー「OVERTRAIL」を追加&一部改良。都会もオフロードも、もっと機敏に気持ちよく「駆け抜ける喜び」が磨き抜かれている
レクサスNXに新カテゴリー「OVERTRAIL」を追加&一部改良。都会もオフロードも、もっと機敏に気持ちよく「駆け抜ける喜び」が磨き抜かれている
Webモーターマガジン
新しいレクサスNX登場、“OVERTRAIL”パッケージも設定へ!──GQ新着カー
新しいレクサスNX登場、“OVERTRAIL”パッケージも設定へ!──GQ新着カー
GQ JAPAN
ダイハツ、販売会社への資金支援を3月末までに開始 代車や車検費用などを負担
ダイハツ、販売会社への資金支援を3月末までに開始 代車や車検費用などを負担
日刊自動車新聞
【2024年FIA F2をイチから学ぶ】スーパーフォーミュラ王者、宮田莉朋のF1登竜門への挑戦。新型車両導入年の注目ポイント
【2024年FIA F2をイチから学ぶ】スーパーフォーミュラ王者、宮田莉朋のF1登竜門への挑戦。新型車両導入年の注目ポイント
AUTOSPORT web
【ハスクバーナ・モーターサイクルズ】正規ディーラー「ハスクバーナ・モーターサイクルズ いわき」が3/9グランドオープン!
【ハスクバーナ・モーターサイクルズ】正規ディーラー「ハスクバーナ・モーターサイクルズ いわき」が3/9グランドオープン!
バイクブロス

みんなのコメント

2件
  • おはようございます!
  • これらの車は大して売れなかったことからも分かる通り、
    中途半端では意味がない、という事が分かります。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

190.2309.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.8295.0万円

中古車を検索
ギャランフォルティスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

190.2309.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.8295.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村