現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【今日は何の日?】初代ミニカトッポ発表 29年前 1990年2月21日

ここから本文です

【今日は何の日?】初代ミニカトッポ発表 29年前 1990年2月21日

掲載 更新
【今日は何の日?】初代ミニカトッポ発表 29年前 1990年2月21日

いま見るとアンバランス感がたまらなくかわいいのが初代ミニカトッポ。初代ワゴンRが発売されたのが1993年なので、「ハイト系軽ワゴン」の先駆けとも言えるのがこの1台です。1990年、バブル景気が衰退していったのがこの年でした。

初代ミニカトッポってどんなクルマ?
ミニカは、1962年に登場した三菱自動車(当時は新三菱重工業)初の軽自動車。2011年に販売が終了するまで、8代、およそ半世紀も続いたモデルだ。

えっ! ナンバープレートに、アルファベットが入っているのはなぜ?【くるま問答】

1990年1月1日に、軽自動車の新規格が施行され、その規格に対応して1990年2月21日に登場したのが、新サイズになったミニカ。これは、前年に登場した6代目ミニカをベースに、エンジン排気量を660cc化。さらにバンパーで30mm、ボディ本体で70mm拡大したモデルだ。このタイミングで、商用バンの「ミニキャブ」、軽トラックの「ミニキャブトラック」もボディサイズ/排気量を拡大して登場している。

その「新規格ミニカ」と同時に発売されたのが、初代ミニカトッポだ。当時はバブル景気真っ盛り。遊びやレジャーにも気軽に使えるセカンドカーの要求も高まっており、それに対応した新しいコンセプトの1台だった。

特徴は、ミニカに比べて230mm高いルーフ。全高1695mmで、そのヘッドルームの余裕を活かし、ミニカより30mm高いシートポジションを採用、見晴らしの良い快適なポジションを実現した。

ボディの特徴としては、運転席側のドアが助手席側よりも小さい「左右非対称ドア」を採用したこと。左側(歩道側)は、後席へのアクセスがしやすい大型ドア、右側はドライバーの狭い場所での乗り降りしやすさを重視して小型ドアを採用している。

バックドアは横開きタイプ。さらに跳ね上げ開閉式のガラスハッチが設けられていた。

乗用車は「セダン」、商用車は「バン」という名前となる。エンジンはミニカと同じ660ccを搭載。「セダン」はSOHC5バルブキャブ/DOHC5バルブキャブ/DOHC5バルブECIマルチの3種類、「バン」はSOHCの1種類が用意された。

1993年には2代目にフルモデルチェンジ。1998年には軽自動車規格の改正があり販売が終了になった。ここでミニカトッポの車名は消え、後継車種は「トッポBJ」名になった。

ハイト系軽自動車の代表モデルとなった初代ワゴンRが発売されたのは1993年のことだから、ミニカトッポはその先駆けとも言える歴史的な軽自動車、ということもできる。

車両価格(当時)
セダン 2WD「Q」 82万3000円(5速MT)/86万6000円(3速AT)
セダン 2WD「Q2」 89万3000円(5速MT)/93万6000円(3速AT)
セダン 4WD「Q4」 99万8000円(5速MT)/105万1000円(3速AT)
バン 2WD「C」 59万8000円(4速MT)/66万円(3速AT)

1990年には何があった?
ニュース
●バブル経済崩壊で株価暴落
●F1日本グランプリで鈴木亜久里氏が日本人初となる3位入賞
●スーパーファミコン発売

ヒット曲
●おどるポンポコリン B.B.クイーンズ
●さよなら人類 たま
●今すぐKiss Me LINDBERG

こんな記事も読まれています

車検をできるだけ安く済ますには? ユーザー車検の方法と費用を、自分で整備・車検を通したことのある業界通が解説します
車検をできるだけ安く済ますには? ユーザー車検の方法と費用を、自分で整備・車検を通したことのある業界通が解説します
Auto Messe Web
三菱 ミニカ スキッパーGT(昭和46/1971年5月発売・A101型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト064】
三菱 ミニカ スキッパーGT(昭和46/1971年5月発売・A101型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト064】
Webモーターマガジン
阪神高速『港大橋登頂』ツアー開催決定…50周年イベント
阪神高速『港大橋登頂』ツアー開催決定…50周年イベント
レスポンス
超ゴツいのに超静か! 横浜ゴムの見た目と性能を兼ね備えたSUV/ピックアップトラック用オールテレーンタイヤ「ジオランダーA/T4」に試乗!
超ゴツいのに超静か! 横浜ゴムの見た目と性能を兼ね備えたSUV/ピックアップトラック用オールテレーンタイヤ「ジオランダーA/T4」に試乗!
くるまのニュース
ボディからキノコが生えたってマジ!? リアルな「木」を外板に使った初代「ミニ・カントリーマン」はいま見ると衝撃!!
ボディからキノコが生えたってマジ!? リアルな「木」を外板に使った初代「ミニ・カントリーマン」はいま見ると衝撃!!
WEB CARTOP
サッカー界のレジェンド、ジネディーヌ・ジダンがル・マン24時間レースのスターターに決定
サッカー界のレジェンド、ジネディーヌ・ジダンがル・マン24時間レースのスターターに決定
motorsport.com 日本版
市販されなかったのが残念すぎる! 86をワゴン化した「シューティングブレーク」が理想的な1台だった
市販されなかったのが残念すぎる! 86をワゴン化した「シューティングブレーク」が理想的な1台だった
WEB CARTOP
ミニバンのロールスロイス? 4座の最上位モデル納車開始…中国ジーカー
ミニバンのロールスロイス? 4座の最上位モデル納車開始…中国ジーカー
レスポンス
轟音! 爆炎! この“MADな世界”で生き残れ! 待望のシリーズ最新作『マッドマックス:フュリオサ』
轟音! 爆炎! この“MADな世界”で生き残れ! 待望のシリーズ最新作『マッドマックス:フュリオサ』
バイクのニュース
旧ビッグモーター事業承継のウィーカーズ田中慎二郎社長、秋口には「改革プラン」公表へ
旧ビッグモーター事業承継のウィーカーズ田中慎二郎社長、秋口には「改革プラン」公表へ
日刊自動車新聞
トヨタが新「コンパクトSUV」発表! ハイブリッド強化で高性能化! “オシャグリーン”の「新ヤリスクロス」欧州で登場
トヨタが新「コンパクトSUV」発表! ハイブリッド強化で高性能化! “オシャグリーン”の「新ヤリスクロス」欧州で登場
くるまのニュース
ポルシェ、新型「911」を発表! 初の電動ターボハイブリッドシステムを搭載した「911カレラGTS」が登場。
ポルシェ、新型「911」を発表! 初の電動ターボハイブリッドシステムを搭載した「911カレラGTS」が登場。
くるくら
エンジンを諦めない! トヨタ、スバル、マツダが「新エンジン」開発宣言。電動化時代に向けた3社の取組みとは?
エンジンを諦めない! トヨタ、スバル、マツダが「新エンジン」開発宣言。電動化時代に向けた3社の取組みとは?
くるくら
導入補助金52万円が適用可能!メルセデス、EQE350+の特別仕様車「エレクトリックアート」を30台限定で発売!
導入補助金52万円が適用可能!メルセデス、EQE350+の特別仕様車「エレクトリックアート」を30台限定で発売!
LE VOLANT CARSMEET WEB
相次ぐ車内の子ども置き去り事故、防止へ…オートバックスが『こまもり』を発売
相次ぐ車内の子ども置き去り事故、防止へ…オートバックスが『こまもり』を発売
レスポンス
F1ラスベガスGP、低価格のチケットを導入。2年目の開催に向け、ファン層拡大を狙う
F1ラスベガスGP、低価格のチケットを導入。2年目の開催に向け、ファン層拡大を狙う
motorsport.com 日本版
【国内試乗】本格オフローダーにしてこの美しいシルエット。これだけで選ぶ価値ありです!「ランドローバー・レンジローバーヴェラール」
【国内試乗】本格オフローダーにしてこの美しいシルエット。これだけで選ぶ価値ありです!「ランドローバー・レンジローバーヴェラール」
LE VOLANT CARSMEET WEB
三菱 ミニキャブトラックの安全装備強化など一部改良
三菱 ミニキャブトラックの安全装備強化など一部改良
Auto Prove

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

63.5134.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

21.048.0万円

中古車を検索
ミニカトッポの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

63.5134.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

21.048.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村