現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産サクラがEV販売ナンバー1を獲得。ユーザーが気に入っている点は?

ここから本文です

日産サクラがEV販売ナンバー1を獲得。ユーザーが気に入っている点は?

掲載 24
日産サクラがEV販売ナンバー1を獲得。ユーザーが気に入っている点は?

日産は2024年4月11日、軽電気自動車(EV)の「日産サクラ」が2023年度(2023年4月~2024年3月までの累計)の国内販売で3万4083台となり、2022年度に引き続いて2年連続でEV販売台数第1位となったと発表した。2023年度の国内EV販売台数において、約41%と5台に2台が日産サクラとなるなど、日本市場におけるEV普及を牽引している。
 
軽ハイトワゴンのEVである日産サクラは、軽自動車ならではの小回り性能に加え、静粛性や力強くなめらかな加速、上質で洗練されたデザイン、日常使いに十分な180kmの航続距離などが特徴で、価格(249万3700~304万400円)やランニングコストも優れたポイントである。
 
ユーザーが日産サクラを購入する際に気に入った点ベスト5は、1位が国・地方からの補助金があること、2位は自宅で充電できてガソリンスタンドに行かなくていいこと、3位は燃料費(電気代)が安くて済む、4位は静粛性、5位は運転のしやすさだった。日産サクラは自宅充電の利便性に満足しているユーザーが多く、戸建て比率も約9割に達している。

地域別の日産サクラの販売構成比では、関東が32%と最も多く、次いで中部21%、近畿19%で、少なかったのは北海道1%、東北5%であった。軽FF車の総台数と同じような販売傾向を示しており、都市部/地方など偏ったエリアだけではなく、軽の需要のある全地域でサクラは需要があると日産では分析している。
 
ちなみに、日産サクラは30%以上のユーザーが充実した装備の最上級グレードのGを選択しており、ボディカラーはホワイトパールが一番の人気で、次いでホワイトパール/チタニウムグレー2トーンとなっている。
 
〈文=ドライバーWeb編集部〉

こんな記事も読まれています

ホンダ、EV「0シリーズ」7車種の投入スケジュールが判明
ホンダ、EV「0シリーズ」7車種の投入スケジュールが判明
driver@web
ボルボ EX30が“日本で最も売れた輸入EV”に 2024年1-4月 累計販売台数でトップ
ボルボ EX30が“日本で最も売れた輸入EV”に 2024年1-4月 累計販売台数でトップ
グーネット
「ボルボ EX30」2024年1-4月の輸入EV車名別登録台数1位を獲得
「ボルボ EX30」2024年1-4月の輸入EV車名別登録台数1位を獲得
THE EV TIMES
BYD、欧州初のPHEV発表…SUV『シール U』に設定
BYD、欧州初のPHEV発表…SUV『シール U』に設定
レスポンス
新型EVバンは航続210km、スクールバス製造100年のノウハウ導入…米Blue Bird
新型EVバンは航続210km、スクールバス製造100年のノウハウ導入…米Blue Bird
レスポンス
新型EVミニバンは航続337km、フォード『Eトランジット・カスタム』新型…欧州発売
新型EVミニバンは航続337km、フォード『Eトランジット・カスタム』新型…欧州発売
レスポンス
EVの売れ行き停滞&HV回帰の流れあり!? この動きは日本の自動車界にどう影響するのか?
EVの売れ行き停滞&HV回帰の流れあり!? この動きは日本の自動車界にどう影響するのか?
ベストカーWeb
【新型クラウン タイプ別解説】伝統的スタイル 「セダン」
【新型クラウン タイプ別解説】伝統的スタイル 「セダン」
月刊自家用車WEB
ちょい乗りに便利な一人用超小型モビリティ「mibot」2025年に量産販売予定
ちょい乗りに便利な一人用超小型モビリティ「mibot」2025年に量産販売予定
月刊自家用車WEB
ルノーの新型ハイブリッドSUV『シンビオズ』、フランスで受注開始
ルノーの新型ハイブリッドSUV『シンビオズ』、フランスで受注開始
レスポンス
日産で一番売れてる「ノート」なぜ派生車がお買い得? 上級仕様でも「オーラ&オーラNISMO」が“割安”といえるワケ
日産で一番売れてる「ノート」なぜ派生車がお買い得? 上級仕様でも「オーラ&オーラNISMO」が“割安”といえるワケ
くるまのニュース
コスパ最高! 新型「1人乗りモデル」が発表! レトロ顔の超小型自動車「ミボット」2025年販売を目指す
コスパ最高! 新型「1人乗りモデル」が発表! レトロ顔の超小型自動車「ミボット」2025年販売を目指す
くるまのニュース
トヨタが新型「シエンタ」発表! 約199万円からの“小型ミニバン”なぜ人気? どんな人が買う? 発売直後の反響は
トヨタが新型「シエンタ」発表! 約199万円からの“小型ミニバン”なぜ人気? どんな人が買う? 発売直後の反響は
くるまのニュース
コネクテッドサービスと安全装備が充実しても補助金使えば200万円から! 一部改良で「ekクロス EV」はさらに人気街道まっしぐら
コネクテッドサービスと安全装備が充実しても補助金使えば200万円から! 一部改良で「ekクロス EV」はさらに人気街道まっしぐら
WEB CARTOP
『eキャンター』がベース、ダイムラー・トラックの新ブランドがEVトラックを米国発表
『eキャンター』がベース、ダイムラー・トラックの新ブランドがEVトラックを米国発表
レスポンス
イマでも「100万円台」から買える! “軽”じゃない「安く」て「運転楽しい」国産MT車3選
イマでも「100万円台」から買える! “軽”じゃない「安く」て「運転楽しい」国産MT車3選
くるまのニュース
トヨタ新型「後輪駆動“セダン”」発表! 流麗デザインが美しい全長5m級ボディ! 先進安全装備強化の「ミライ」墨で約1260万円から
トヨタ新型「後輪駆動“セダン”」発表! 流麗デザインが美しい全長5m級ボディ! 先進安全装備強化の「ミライ」墨で約1260万円から
くるまのニュース
ホンダが新型「小さなクルマ」発売へ  新「N-ONE」&「2人乗り車」25年発売!? SUVや運転楽しいヤツも!? 今後3年どうなる?
ホンダが新型「小さなクルマ」発売へ 新「N-ONE」&「2人乗り車」25年発売!? SUVや運転楽しいヤツも!? 今後3年どうなる?
くるまのニュース

みんなのコメント

24件
  • kvg********
    >日産サクラは自宅充電の利便性に満足しているユーザーが多く
    やはり、EVは自宅充電が基本だよ。
    それと、車を複数台持ててこそだとも思う。
  • vzo********
    地方は車社会で複数台所有が多いと聞いています。
    更にガソリンスタンドの減少で自宅で充電できるサクラはサブ車体として持ってこいでしょう。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

249.4304.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

128.0315.0万円

中古車を検索
サクラの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

249.4304.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

128.0315.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村