サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2021年は三菱にとって記念すべき年! 三菱「eK」シリーズ誕生20周年を迎える

ここから本文です

2021年は三菱にとって記念すべき年! 三菱「eK」シリーズ誕生20周年を迎える

 この記事をまとめると

■2021年で、三菱のeKシリーズ誕生から20周年となった

パワーだけじゃダメだった! 普通車に混じって高速を走っても「怖さ」を感じない軽自動車とは

■三菱の軽自動車の始祖となる「三菱360」誕生からは今年で60周年

■2022年に三菱は軽のEVを導入する予定だ

 eKシリーズ20周年! 軽自動車の始祖「三菱360」誕生から60年

 今や三菱の顔と言っても過言ではないeKシリーズ。「eKワゴン」や「eKクロス」、スポーツモデルの「eKスポーツ」やシック&モダンな「eKクラッシィ」などなど、4代に渡って日本の軽自動車市場を盛り上げてきた名手だ。

 そんなeKワゴンは、初代が2001年に誕生したということもあり、今年で記念すべき20周年を迎えることとなった。eKワゴンは、当初「いい軽(eK)」を創ろうと発足した開発部門の 「EK プロジェクト」から名前を受け継いで今のような形となっている。

 2代目では軽ボンネット車初となる後席スライドドアを装備し、3代目はセミトールワゴンタイプからハイトワゴンタイプへと進化。現在販売中の4代目では、三菱自動車らしいSUV テイストの「eK クロス」を設定し、予防安全技術「e-Assist」や三菱自動車初の高速道路同一車 線運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」を搭載。

「eK」シリーズはこれまで 累計113万台以上(2021年9月時点)を販売している。

 60年にわたって新しい軽自動車を提案してきた三菱自動車

 なお、1961年に発売した「三菱 360」は三菱自動車の軽自動車の先駆けとなるモデルで、こちらは販売から60周年を迎える。三菱はこれ以降、「ミニカ」や「パジェロミニ」など、創意工夫に富んだ軽自動車を60年間にわたり生産・販売してきた軽自動車作りのパイオニアでもある。

 2009年6月には他社に先駆け、世界初の量産電気自動車「アイ・ミーブ」を発売、続けて「ミニキャブ・ミーブ」「ミニキャブ・ミーブ トラック」とラインアップを充実させ、軽EV のシティコミューターとしての可能性も提案してきた。そんな三菱、2022年度初頭には新たな軽EVを投入する計画があるという。

 今後の三菱の軽自動車の発展から目を離せない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら