現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > エンジンのAE86が17km/L!?  最新制御技術で超低燃費ハチロク爆誕

ここから本文です

エンジンのAE86が17km/L!?  最新制御技術で超低燃費ハチロク爆誕

掲載 23
エンジンのAE86が17km/L!?  最新制御技術で超低燃費ハチロク爆誕

 東京オートサロン2023でTOYOTA GAZOO Racingが発表したBEVと水素、2台のAE86が大注目。だが、さかのぼること3週間前、筑波サーキットで行われたイベントに注目のAE86が展示された。このAE86は電子スロットルをはじめとする最新の制御技術により、燃費リッター17km/LをマークするECOハチロク。AE86愛があふれるチューナー謹製のマシンを大公開!

文、写真/奥野大志(Team G) 取材協力/ハチロク祭

エンジンのAE86が17km/L!?  最新制御技術で超低燃費ハチロク爆誕

昭和61年式のトレノをベースに最新の制御系部品と自社の技術を投入

排気量はノーマルのまま、鍛造ピストンや流用クランク&コンロッドで完全オーバーホール。エアクリーナーは純正を使用する


 ECOハチロクを作ったのは埼玉県八潮市にあるAE86のプロショップ、テックアートの鎌田芳徳さん。AE86のカスタマイズを長きにわたって手がけ、タイムアタックやサンデーレースで活躍してきた有名チューナーだ。

 鎌田さんはこれまで、速さを極限まで追求したAE86を数多く世に送り出してきたが、以前からECO要素を取り入れた車両の製作に関心があり、10年以上前に一号機を製作。しかし、長い年月を経て、自動車の部品、特に電子スロットルをはじめとする制御系の部品が進化しているので、これらの最新の部品と自社の技術を用いてECOハチロクを作れば、現代のECOカーと遜色ない性能が出せると考え、二度目の製作を決意した。

 ベースとなったのは昭和61年式のスプリンタートレノ。ECOのために楽しさやカッコよさを犠牲にする、いわゆる“デチューン”ではなく、パフォーマンスを向上させる、AE86チューニングの王道を追求している。

電子スロットルとMOTECコンピュータ、そして高性能インジェクターが肝

 ECOハチロクに搭載されている4A-Gは、オリジナルの排気量(1587cc)のまま、完全オーバーホール済み。軽さに優れる亀有エンジンワークスの鍛造ピストンやAE111のクランクやコンロッドを用いて、徹底的にエンジンの効率を高めている。で、ここからの部品セレクトがいかにもECOハチロクというところ。

 スロットルボディはワイヤー式の純正スロットルを取り去り、ボッシュの電子スロットルを装着。テックアートのサージタンクと組み合わせて使用している。また、インジェクターは霧化性能に優れるボッシュの最新式。点火もダイレクト点火に変更され、モーテックM800(チューニング業界で有名なコンピュータ)で統合制御を行っている。

 緻密なエンジン制御により4A-Gはローラー式のシャシーダイナモで140psを発揮(ノーマルはグロス130ps)。実走行で17km/Lの燃費(2名乗車時)を叩き出し、現代のECOカーと遜色ないスペックを手に入れた。もちろん、燃料を極端に絞るなどの燃費重視のセッティングは行っていない。

 鎌田さんによると、ライトチューンのAE86の燃費は街乗りで10km/L、高速は12km/L程度とのこと。ただし、調子が良くないエンジンの場合はもっと燃費が悪いとのことで、ECOハチロクの燃費性能がいかに優れているか、わかってもらえると思う。

レギュラーガソリン仕様でECOタイヤを履かないところも潔い

電子スロットルとサージタンクのアップ。特徴的だった4A-Gのスロットルリンケージは当然なく、ペダルもトヨタ車用を流用している

 エンジン以外にも効率アップのための工夫がいっぱいだ。プロペラシャフトのセンターベアリングやハブベアリングなどを新品に交換。さらにGRヘリテイジパーツのドライブシャフトとファイナルギア(WPC加工済み)も使用している。駆動系の整備不良はパワーの伝達ロスにつながるため、重要なメンテナンスポイントだが、しっかり行っておけば燃費向上につながる。

 ここまで手を入れておきながら、オリジナルのAE86と同じレギュラーガソリン仕様で、ハイグリップタイヤ(アドバンネオバ)を装着しているのがおもしろい。鎌田さんのこだわりを感じる部分であり、自信を感じる部分でもある。各部をしっかり仕上げていけば、30年以上も前のクルマでも現代のクルマと遜色ないエコカーに生まれ変わるということだろう。

 ECOハチロクはすでに公道を走っているナンバー付き車両というのが最大のポイント。つまり、コスト面さえ折り合えば、誰でも同じ仕様でドライブを楽しむことができるのだ。すでにテックアートのお客さんの間では話題になっており、電子スロットル化を希望する人もいるそうで、夢はふくらむ。

 何十年も前のクルマでも、最新技術を用いてチューニングすることで、AE86の乗り味を残したまま、微力ながらカーボンニュートラルに貢献できる。このECOハチロクは、私たちが現実的に選べる選択肢として、旧車遊びの見本になっていると言えるのではないだろうか。

こんな記事も読まれています

国民ブチギレ!? なぜ「13年」で“自動車税&重量税”高くなるのか…「クルマは税金の塊」「いい加減見直して~」の声も? 理不尽な重課措置の仕組みとは
国民ブチギレ!? なぜ「13年」で“自動車税&重量税”高くなるのか…「クルマは税金の塊」「いい加減見直して~」の声も? 理不尽な重課措置の仕組みとは
くるまのニュース
遂に国内EV展開がスタート!? ホンダが新型軽商用EV「N-VAN e:」の発売を発表
遂に国内EV展開がスタート!? ホンダが新型軽商用EV「N-VAN e:」の発売を発表
バイクのニュース
新車の[ランクル250]が180万円も安く!! コスパ最強の[廉価グレード]は納期まで早くて最高じゃん!
新車の[ランクル250]が180万円も安く!! コスパ最強の[廉価グレード]は納期まで早くて最高じゃん!
ベストカーWeb
300台以上のダイハツ新旧「コペン」が裾野に集合! オーナーの手づくりミーティングが急成長した理由とは?
300台以上のダイハツ新旧「コペン」が裾野に集合! オーナーの手づくりミーティングが急成長した理由とは?
Auto Messe Web
【動画】竹岡圭の今日もクルマと「ホンダ N-ONE RS(6速MT)」(2021年12月放映)
【動画】竹岡圭の今日もクルマと「ホンダ N-ONE RS(6速MT)」(2021年12月放映)
Webモーターマガジン
6月22日(土)THE MOTOR WEEKLY 放送予告!
6月22日(土)THE MOTOR WEEKLY 放送予告!
Auto Prove
全長5m!? 斬新「和製スーパーカー」実車展示! 6速MT×2人乗りのスタイリッシュマシン「VEGA」とは
全長5m!? 斬新「和製スーパーカー」実車展示! 6速MT×2人乗りのスタイリッシュマシン「VEGA」とは
くるまのニュース
ホンダ フォーサイト[名車バイクレビュー] 時代に乗れなかった悲しき“ビッグスクーター”
ホンダ フォーサイト[名車バイクレビュー] 時代に乗れなかった悲しき“ビッグスクーター”
WEBヤングマシン
ケータハム、スーパーセブン600/2000を発売。日本限定“クラシック・エディション”は期間限定販売
ケータハム、スーパーセブン600/2000を発売。日本限定“クラシック・エディション”は期間限定販売
AUTOSPORT web
ホンダの最新「ボタン式シフト」なぜ新型「フリード」に非採用? ハイブリッドでも“普通のシフトレバー”を装備するワケ
ホンダの最新「ボタン式シフト」なぜ新型「フリード」に非採用? ハイブリッドでも“普通のシフトレバー”を装備するワケ
くるまのニュース
小さいのに存在感バツグン!! [ライズ/ロッキー]は車内も荷室も広々! ハイブリッドをオススメするワケ
小さいのに存在感バツグン!! [ライズ/ロッキー]は車内も荷室も広々! ハイブリッドをオススメするワケ
ベストカーWeb
【6/30まで限定クラシックエディションも】 ケータハム・スーパー7 600と2000が日本発売開始
【6/30まで限定クラシックエディションも】 ケータハム・スーパー7 600と2000が日本発売開始
AUTOCAR JAPAN
旧車好きを振り向かせるキラーワード「ダットラ」! なんで働くクルマの代表「トラック」がそこまで愛され続けるのか?
旧車好きを振り向かせるキラーワード「ダットラ」! なんで働くクルマの代表「トラック」がそこまで愛され続けるのか?
WEB CARTOP
スーパーフォーミュラ第4戦富士が『第1回瑶子女王杯』として開催へ。近藤真彦会長「日本のレース界が認められる、その第一歩になれば」
スーパーフォーミュラ第4戦富士が『第1回瑶子女王杯』として開催へ。近藤真彦会長「日本のレース界が認められる、その第一歩になれば」
motorsport.com 日本版
クルマ買取「どっかで聞いたような手口」のトラブルに国民生活センターが警鐘 まだやってるのか中古車業界と非難もできない?
クルマ買取「どっかで聞いたような手口」のトラブルに国民生活センターが警鐘 まだやってるのか中古車業界と非難もできない?
乗りものニュース
EVファンは熱視線? 駐車場で発電「ソーラーカーポート」、導入メリットと大注意点とは
EVファンは熱視線? 駐車場で発電「ソーラーカーポート」、導入メリットと大注意点とは
Merkmal
日産「新型“小さな高級車”」実車展示! 鮮烈“レッド”がカッコイイ! 3年ぶり刷新で精悍マスクに生まれ変わった新型「ノートオーラ“90th Anniversary”」登場
日産「新型“小さな高級車”」実車展示! 鮮烈“レッド”がカッコイイ! 3年ぶり刷新で精悍マスクに生まれ変わった新型「ノートオーラ“90th Anniversary”」登場
くるまのニュース
廃材? 自動車デザイナー×アパレルのイベント…H・・RUMON NIGHTを6月22日に開催
廃材? 自動車デザイナー×アパレルのイベント…H・・RUMON NIGHTを6月22日に開催
レスポンス

みんなのコメント

23件
  • いや何言ってんの、街乗り15kmくらいは普通に走れたから。
    たかだかテンロク130psくらいで車重も軽いんだからさ。
  • 1500だけど、スターレットなんて20km越えは珍しくなかったぞ。
    昔のクルマはボディがペラペラで軽いから、燃費は悪くなかった。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

129.8194.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.5589.0万円

中古車を検索
スプリンタートレノの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

129.8194.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.5589.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村